2019年2月20日 更新

肌がきれいになる方法を年代別に解説!スキンケアの選び方も!

肌がきれいになる方法を探していませんか?女性も男性もきれいな肌は1つの魅力になります。小学生、中学生、高校生、20代、30代、40代に分けてスキンケアの注意点を紹介します。自分の年齢や肌の悩みに合った方法を見つけて美肌を目指していきましょう。

きれいな肌になりたい!

Lipstick Lipgloss Lip Gloss · Free photo on Pixabay (67314)

きれいな肌になりたいと思う人は少なくありません。皆さんもいろいろな化粧水を使ってみたり、美容液を使ってみたりした経験があるのではないでしょうか。

しかし、実際には年齢による肌の変化や季節による肌悩みもあるので、自分に合った改善策・対処法を見つけるのは難しいのです。特に顔の肌は人に見られる場所で、隠すことができません。せいぜいマスクをする程度でしょう。

肌が荒れているとメイクやおしゃれも思い切り楽しめないので、テンションが下がってしまいます。きれいな肌を目指して、自分に自信が持てるように普段のケアを見直してみてください。

今やきれいな肌は男性も求めている

Man Boy Portrait · Free photo on Pixabay (65656)

きれいな肌を求めているのは今や女性だけではありません。美肌というと女性の肌やスキンケアをイメージする方も多いでしょう。しかし、「肌男」という言葉があるぐらい男性のスキンケアに対する関心も高まってきているのです。

やはり、きれいな肌の方が印象が良いので、ビジネスシーンにおいてもきれいな肌で得られるメリットがあるといえます。また、プレイべーとでも自信を持って自分をアピールできるようになるでしょう。女性だけではなく男性もきれいな肌を求めていることには変わりないのです。

きれいな肌とは

Girl Woman Young · Free photo on Pixabay (65668)

きれいな肌になりたいという願望は多くの人が持っています。では、きれいな肌とは具体的にどのような肌質を指すのでしょうか。

具体的な目標やイメージがあると、スキンケアの方法も分かってきます。また、「こんな肌になりたい」というイメージは「美肌になっておしゃれを楽しみたい」「きれいな肌であの人に褒められたい」という具体的な目標にもつながるでしょう。

きれいな肌がどのような状態を指すのか理解し、目標を明確にすることでモチベーションの維持にも役立つのです。

キメと潤い

Woman Fashion Charm · Free photo on Pixabay (65667)

きれいな肌はキメが整っており、潤いが保たれた状態です。キメが整っている肌と聞いてもいまいちイメージがわかない人も多いでしょう。

そんな方は自分の手の甲をじっくり見てみてください。すると肌に細かな溝があり、区切られていることが分かります。キメの整った肌ならこの区切りが均一で整っているのです。

キメが整っていればつややかで滑らかな肌になるのですが、乾燥して潤いが足りなくなると肌のキメが乱れてしまいます。きれいな肌を手に入れるためには肌の潤いを保ち、キメを整えることが大切なのです。

透明感のある肌

Fashion Blond Portrait · Free photo on Pixabay (65666)

きれいな肌を目指している方の中には透明感を手に入れたいと考えている方も多いでしょう。肌の透明感はくすみがなく、まるで透き通っているような明るい肌のことです。

このような透明感のある肌を手に入れるためには、先ほどもご紹介したキメが整っていなければなりません。産毛のケアもしておくと肌がワントーン明るくなるでしょう。

また、肌のくすみも透明感の大敵なので角質ケアも欠かせないのです。角質をしっかりとケアすることでごわつきもなくなり、滑らかな肌になります。

ハリと弾力

Woman Portrait Face · Free photo on Pixabay (65670)

年齢による肌の変化や乾燥は肌のシワやたるみを引き起こします。ハリと弾力がある肌は若々しく見えるので、きれいな肌を目指すためにも重要なポイントとなるのです。

ハリと弾力はコラーゲンやヒアルロン酸、セラミド、エラスチンなどの成分によって保たれています。ヒアルロン酸は細胞と細胞の間でクッションのような役割を担っています。1gに対して6Lもの水分を蓄えるので、とても高い保湿性を持った成分といえます。
Cosmetic Skincare Female · Free photo on Pixabay (65865)

さらに、コラーゲンは真皮層の70%を占めており、水分を抱え込んで肌の弾力と潤いを守っています。そのコラーゲン同士をつなぎ合わせているのがエラスチンです。ゴムのような性質があるのでエラスチンが減少すると肌のたるみにつながります。

そして、セラミドは角質層の細胞と細胞の間にあるクッションのような成分です。水分だけではなく油分も抱え込むのが特徴です。これらの成分で肌のハリと弾力が維持できるのです。

肌がきれいになる方法

Massage Therapy Essential Oils · Free photo on Pixabay (65673)

きれいな肌の特徴が分かったところで、肌がきれいになる方法も確認しましょう。ただ羨んでいるだけで肌がきれいになれば嬉しいものですがそうもいきません。

どのようなスキンケアをすればよいのか、普段気を付けることはあるのかしっかり確認して生活に取り入れてください。肌がきれいになる方法でご紹介するものは基本的なことなので、現在のライフスタイルに取り入れることもできます。

いろいろなアイテムを買いあさる前に普段の行動を見直すことが重要です。

正しい洗顔方法で洗う

Bathroom Sink Spa Beauty · Free photo on Pixabay (65672)

まずは毎日行う洗顔を見直してみましょう。洗顔にも肌がきれいになる方法があり、間違った洗顔をしていると肌トラブルの原因になることもあります。

洗顔は肌を清潔にするために必要なスキンケアですが、洗いすぎると肌に必要な油分まで洗い流してしまうので乾燥を招きます。洗いすぎも良くないので朝と夜の1日2回を目安に行ってください。

また、洗顔料をたっぷり泡立てて使用するのも肌がきれいになる方法のポイントです。肌をこすらず洗うことで摩擦を減らし、負担の無い洗顔にすることができます。
Towel Rose Clean · Free photo on Pixabay (65928)

洗顔料が肌に残っているとニキビなどの肌トラブルを引き起こすのでしっかり洗い流しましょう。洗顔の際には熱いお湯を使うと肌の負担になるので、ぬるま湯を使用します。

肌の水分をふき取るときもタオルでこすってはいけません。特にふやけた肌は傷つきやすいので、優しく水分を吸い取るようなイメージでタオルを当てるのです。

正しいスキンケアをする

Toner Skin Skincare · Free photo on Pixabay (65683)

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪