2019年5月26日 更新

【診断】ガチ恋がつらい!アイドルや声優へのガチ恋をやめる方法とは

みさなんはアイドルや声優に恋をするガチ恋をご存知でしょうか?ガチ恋は世間からきもいと思われがちです。またガチ恋はつらい恋のためやめたいと思う人がほとんどです。今回はガチ恋とはどのような恋なのか、またガチ恋診断でガチ恋をしているのか見ていきます。

目次

ガチ恋かどうか判別する項目

Checklist Test Check - Free image on Pixabay (307351)

アイドルや声優に恋心を抱いたことのある人は意外と多いのではないでしょうか?また過去にそうだったという人もいるはずです。

しかし自分がそういった立場の時はガチ恋中だと気づきにくいもの。しかし中には「もしかして今ガチ恋中なのか?」と疑問に思った人もいるかもしれません。

そんな人のために次に今ガチ恋中かどうか判別する項目を見てきましょう!

一日に30分以上、推しのことを考えている

Nature Love Couple In - Free photo on Pixabay (307366)

好きな人が出来るとその人のことばかり考えてしまうという人は多いと思います。これはガチ恋中の人も同じです。好きなアイドルや声優のことばかり考えてしまいます。

目安として一日30分以上、推しのことを考えているとそれはガチ恋中と言って良いでしょう。ふとした時間に推しのことを考えてしまうことがあると思います。「今何しているんだろう」「会いたいな」など普通の恋愛と変わらないことを考えているとガチ恋中です!

イベント前は胸が苦しくなる

Desperate Sad Depressed - Free photo on Pixabay (307442)

大好きな推しと会える時間が近づいてくると楽しみなはずですが、ガチ恋中の人は胸が苦しくなる人が多いです。なぜ胸が苦しくなるのでしょうか?

それは自分一人が推しに会うわけではないからです。アイドルや声優の場合は自分が推している人を好きという他の人が存在してしまいます。もし他の人と良い感じになったらどうしようなどマイナス思考になってしまいます。そのためイベント前は不安に駆られて胸が苦しくなるのです。

普通の恋愛でも好きな人が違う異性の人と出かけていたり連絡を取っているのを知ると胸が苦しくなりますよね。ガチ恋中の人が胸が苦しくなるのはそれに似ている部分があります。

接近イベントでうまく話せない

Smiley Emoticon Anger - Free photo on Pixabay (307451)

接近イベントとは握手会やサイン会など推しと近づいて一言話すことが出来るイベントのことです。そのイベントでガチ恋中の人はうまく話すことが出来ません。

イベントに行く前に伝えたいことをきちんと整理して何を伝えるか決めて行っても、いざ推しを目の前にすると緊張してしまい上手く話すことが出来なくなってしまいます。せっかく伝えることを考えてきたのに伝えることが出来ず当たり障りのない事しか伝えれないというのは本人に取ってとても悲しいことです。

好きな人を前にすると緊張してしまい上手く話せなくなることはよくあることです。ガチ恋中の人も推しのことを好きだからこそ緊張して話せなくなってしまうのです。

もし接近イベントでうまく話せない人はガチ恋中かもしれません。

体の一部にふれるとヤバい

Coffee A Cup Of Potty The - Free photo on Pixabay (307470)

握手会では推しと握手することが出来ます。そういった体が触れるとヤバイことになる人はガチ恋中です。

握手をしただけで体は熱くなったり顔が赤くなったりするのは恋をしている証拠です。好きな人と体が触れ合うとそういった症状がみられます。

もし推しと体が触れ合ってヤバイと思ったのならそれは恋をしている証拠かもしれませんね!

かなわない妄想ばかりしてしまう

Valentine Hearts Love Heart - Free photo on Pixabay (307485)

推しのことを考えるときに何を考えるかも非常に大切です。もしかなわない妄想ばかりしてしまっている人がいたらそれはガチ恋中かもしれません。

アイドルや声優を好きになるのは辛いことの方が多いのが現実です。そのため付き合う妄想やデートしてる妄想など様々な妄想をしてしまいます。

好きな人が出来ると少なからず妄想をしますが、ガチ恋中の妄想はどこか悲しい雰囲気の妄想になってしまいます。それはかなう事のない恋だからだと思っているからかもしれません。

推しでオナニーする

Roses Petal Love - Free photo on Pixabay (307521)

もし推しでオナニーをしているならガチ恋中かもしれません。時に今までは推しでオナニーすることがなかったという人はガチ恋濃厚です。

推しでオナニーすることは悪いことではありません。好きな人が出来ると好きな子でするという人もいますので安心してください!

この子を支えるのは自分しかいない

Canola Couple Field - Free photo on Pixabay (307555)

アイドルや声優というのはファンが多い存在です。そのためストーカーや事件などに巻き込まれる可能性も高くなります。それを気にして「この子を支えるのは自分しかいない」とガチ恋中かもしれません。

しかし実際にその子を支えたり守ったりする事を一般人がする事は難しく、マネージャーや事務所が守っていることがほとんどです。特に男性の場合は好きな人が出来ると守ってあげたい、支えたいという気持ちが強くなります。

しかしその思いが強すぎてストーカーになってしまうこともあります。そうなっては逆効果になってしまうので注意が必要です。

交際までのプロセスを真剣に考えている

Thought Tattoo Fake - Free photo on Pixabay (307661)

好きな人が出来るとその人と付き合いたいと思うのが普通です。それはガチ恋中の人も同じです。相手がアイドルや声優だろうと付き合いたいと思うものです。

恋愛の醍醐味の一つは付き合うまでのプロセスを楽しむことです。どうやってアプローチしようか、どうやってデートに誘おうかなどいろいろな事を考えますよね。ガチ恋中の人もそういった事を考えます。

またプロセスをただ漠然と考えるのではなく真剣に考えている場合はガチ恋中かもしれません。こういう事をして、こういう場所にデートに行ってなど妄想していると恋をしている証拠です!

推しディスは許さない

Man Board Drawing - Free photo on Pixabay (307670)

有名人になるとネット上でディスってくる人がいます。ガチ恋中の人は推しがディスられる事を許しません。もしそういった場面を見つけるといてもたってもいられなくなります。

先ほどガチ恋勢がキモいと思われる理由で見た通り攻撃的になります。仲間と一緒にディスった人をネット上で攻撃する事もあります。

確かに好きな人の悪口というのは許せないですし気分の良いものではありません。もし推しがディスられた時にとても許せない気持ちになったら恋をしているのかもしれません。

3 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪

好きだけど別れたい?その恋愛が辛い理由と不条理な恋愛の打開方法

好きだけど別れたい?その恋愛が辛い理由と不条理な恋愛の打開方法

好きだけど別れたい。こんな不条理な恋愛をしている人は意外と多いのではないでしょうか。好きだけど別れなければならない理由がある、不倫をしているけどやめたい、結婚への迷いがある人のために、不条理な恋愛を打開する方法についてご紹介します。
【診断】あなたのモテ期はいつ?モテ期の前兆と手相で判断する方法

【診断】あなたのモテ期はいつ?モテ期の前兆と手相で判断する方法

モテ期とは聞いた事があるけれど、まだきていない!いつ来るの?本当に3回来るの?そんな悩みを解消するために、モテ期診断ができるアプリの紹介や、手相での占い、またモテ期の前兆7つをご紹介します。モテ期を見逃して損をしないようにじっくり解説していきます。
好きな人に彼女ができたかも?確認する方法とその恋を諦める方法

好きな人に彼女ができたかも?確認する方法とその恋を諦める方法

あなたの好きな人に彼女ができたかもと不安になっていませんか?ここでは好きな人に彼女ができたかもしれないと、不安に思っている人に、彼女ができたのかどうか確認する方法や、諦める方法、振り向かせる方法についてご紹介していきます。
本当に好きな人にとる態度とは?あなたの本当に好きな人を診断!

本当に好きな人にとる態度とは?あなたの本当に好きな人を診断!

あなたには、「本当に好き」と心から思う人はいますか?今回は、本当に好きな人に対する態度を診断する心理テスト、本当に好きな人の特徴、いつも付き合えない理由、結婚するために頑張りたいことなど、本当に好きな人がいることについて、紹介します。
脈なしの男性の態度とサイン!LINEでの見分け方と振り向かせる方法

脈なしの男性の態度とサイン!LINEでの見分け方と振り向かせる方法

世間ではLINEが普及し、大好きな相手と電話をするということが減少しつつあります。大好きな相手を振り向かせるには、まず脈なし男性の態度やLINEの特徴を知りましょう。ラインの既読無視や未読スルーについてや、デートのときの態度など男性心理を元にお話していきます。

この記事のキーワード