2019年7月14日 更新

親離れできない原因は?親離れするべき時期や親離れする方法!

親離れできてるか診断!親離れできない原因や親離れするべき時期、親離れする方法を紹介していきます。また、一人っ子が親離れできない理由や親離れと結婚の関係性についても紹介します。親離れについて知りたい人は必見です!あなたも親離れをして立派な大人になりましょう!

目次

親離れの意味とは?

People Man Adult - Free photo on Pixabay (473672)

あなたは"親離れ"の意味を知っていますか?親離れとは、子供が成長して親を頼りにしなくなること、子供が自立して親から離れていくことを言います。

この記事では、親離れするべき時期や親離れできない原因、親離れする方法や親離れをするメリットデメリットを紹介していきます。また、親離れできているか確かめるための、診断チェックもしていきます。

「親離れしたいのになかなかできなくて困っている」という人や「自分が親離れしているのか知りたい!」という人は必見です。あなたのこれからの親との関係について、一緒に考えていきましょう!

親離れするべき時期

Pocket Watch Time Of Sand - Free photo on Pixabay (473684)

あなたは何歳で親離れをするべきだと思いますか?また、あなたは何歳で親離れをしましたか?親離れをするときには、適した時期にすることがオススメです。

では、親離れに適した時期とはいつのことでしょうか?まだ親離れをしていない人は、これから紹介する親離れするべき時期を参考にしていきましょう。

早ければ思春期

Still Life School Retro - Free photo on Pixabay (473693)

早い人の場合は思春期です。まずは思春期の定義を説明していきます。まず1つは、身体が大人へと成長している期間のことを指します。身体の成長は女性でいうと月経の開始や乳房の発達であり、男性でいうと声変わりやヒゲが生えることです。

そしてもう1つの定義は、大人になるために心が準備している期間のことです。身体の成長ももちろんですが、子供は大人になるに連れて心も成長させる必要があります。

身体が大人へと成長している期間・大人になるために心が準備をしている期間、この2つのことを思春期と言います。思春期は身体も成長して心も大人へと近づいていくので、精神的に不安定になるようなことも多く、思春期の子供に困ってしまう親も多いでしょう。

思春期は年齢で言うと、一般的には8歳ごろ〜18歳です。親離れをするには早くても高校生になった頃か、高校を卒業する頃でしょう。

遅くても就職する時期

Graduation Teen High School - Free photo on Pixabay (473700)

早ければ高校に入る頃か卒業する頃です。高校を卒業と同時に、親離れする人は多いです。しかし、高校を卒業してからの進路によっては親離れをしない、もしくはできない人もいます。

高校卒業後に就職をする人は、それを機に親離れすることができます。しかし、大学や専門学校など進学をする場合はよほど学校が遠くない限りは、親離れしない人が多いです。

ですので、就職が親離れをする大きなキッカケとなります。大学や専門学校を卒業して就職するときに、親離れしましょう。就職を親離れのキッカケに出来なければ、そのままズルズルと親離れできなくなってしまう可能性が高いです。

親離れできないのは親が子離れできてないからなのか

Beach Family Fun - Free photo on Pixabay (473706)

結論から言いますと、子供が親離れできないのは親が子離れをできていないから、ということもあります。親が子離れをできていないことだけが原因ではありませんが、親が子離れできないことは子供が親離れをできない大きな原因になり得ます。

親がいつまでも子供を甘やかしていると、子供も親に頼った生活が当たり前になってしまいます。「親とずっと一緒にいれば苦労はない」という考えに至ってしまうのです。そうなってしまうと、どんなキッカケがあってもなかなか親離れをできなくなります。

自分の子供は可愛くて仕方ありませんが、子供のためにも自立してもらえるよう、親は促すことが大切です。

親離れができない原因

Brothers Boys Kids - Free photo on Pixabay (475142)

親が子離れできていないと、子供も親離れをできなくなる原因になることを紹介しました。親は普通は子供よりも先に寿命を迎え、死にゆくものです。子供の面倒を一生見てあげることはできません。ですから、親は子供との接し方をよく考えるべきでしょう。

続いては、親離れができない原因について紹介していきます。親離れをできない原因は、心情や環境が大きく関係します。それ故に、原因は人それぞれでしょう。

では、親離れができない原因を4つ紹介します。

両親が過保護

Family Fellowship Parents And - Free image on Pixabay (475157)

1つ目は「両親が過保護」という原因です。両親の過保護は、子供が親離れをできなくなる原因になります。

両親の過保護を「めんどくさいから嫌だ」と思う子供は多いです。しかし、両親が過保護なことによって親離れを許してもらえないのです。

両親が過保護な場合、子供は早く自立したいと思うことが多いです。「早く自立したい」という思い自体は、子供の心が成長しているということなので喜ばしいです。しかし、過保護な親からしたら寂しいと感じてしまいます。

子供はいずれ離れていくものです。そう捉えることが両親にとっては大切です。

金銭的な理由

Money Coin Investment - Free photo on Pixabay (475197)

2つ目は「金銭的な理由」という原因です。金銭的な理由から、親離れできない人も多いです。現代は生きているだけでもお金がかかる世の中です。食べるためにもお金が必要ですし、保険や年金など何もしなくてもお金はかかります。

親離れして一人暮らしをすると、ますますお金がかかります。今までは実家にいたため、かからなかったお金です。家賃や光熱費、雑費や食費などです。実家にいれば家賃や光熱費は、親が払っているでしょう。

金銭面が心配でこれから先の未来に不安を感じてしまい、実家から出られない人は多いです。

精神的に未熟

Valentine'S Day Valentine Love - Free photo on Pixabay (475255)

3つ目は「精神的に未熟」という原因です。精神的に未熟であると、親離れをしようとは思わないでしょう。

精神的に未熟である人というのは、自己管理がきちんとできなかったり、決断を全て誰かに委ねようとする特徴があります。精神的な未熟は、過保護な親に原因があることが多いです。

子供に対して過保護になりすぎて、親のレールを引くことは良いことではありません。子供に自分の力で何でもやらせたり、自分で決断できるようにするべきです。

何でも親に頼ろうとするだらけた考えがある

Silhouette Father And Son Sundown - Free photo on Pixabay (475260)

1 / 4

119 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪