モテる男の趣味ランキング!20代・30代から始めるおすすめの趣味

趣味を持っている男性は意外と少ないことをご存知ですか?今回は女性にもおすすめのモテる趣味をランキングや一覧形式でご紹介します。また20代や30代などの世代別や家でできる簡単なものまで出てくるので、ぜひ自分にピッタリの趣味を見つけてみてください。

男性は趣味をもつべき?

 (398115)

男性のなかで何人が「趣味」といえるものを持っているでしょうか?仕事をしながら恋人や家庭の時間ももって…と考えると意外と自分の趣味にまで時間をあてる余裕のない人のほうがほとんどだと言えるでしょう。

しかし、趣味を持つことは自分の息抜きになるだけでなく、会話のネタになったり同じ趣味の女性との会話が弾みやすいなどのメリットもあるのです。周りが趣味の話で盛り上がる中聞き役に徹する必要もなくなります。

ビジネスシーンではあえて上司との共通の趣味を持つことで役立つことが多かった、という話もよくあります。ただ自分のためだけのものではなく、1つの趣味で多方面へのアプローチがしやすくなるという側面もあります。

モテる男の趣味ランキング

 (398124)

では実際に男性の趣味で多いものはなんなのか見ていきましょう。ひとくちに趣味といっても、年代や興味のあるものにも左右されてしまうので、ここでは女性からモテる趣味ランキングを解説していきます。

なかには敷居が高く感じたり、初期費用や維持費の高さから諦めてしまうものもあるかもしれません。それでもお金をかけるだけが趣味ではありませんので、安心して自分に合ったものを始めてみて下さい。

10位からのランキング形式で紹介していくので、より上位のほうが…と思うかもしれませんが、もちろん合う合わないもあります。無理に苦手なものを選んでもいざという時に披露できなくなってしまう事に注意しましょう。

第10位 ドライブ

 (398129)

第10位はずばりドライブです。男性の方が地理感覚を掴むのが得意であったり、大型車やスポーツカーなどに興味を持ちやすい事も理由の1つといえるでしょう。また旅行に行くときなども重宝するという実用的な側面もあります。

ただネックなのは初期費用と維持費の高さといえるでしょう。安い買い物とは言えませんし、都内など交通機関に困らない地域では持っていてもデメリットを感じやすいのが難点です。駐車場代、ガソリン、車検代なども熟考すべき点です。

また近頃では車による痛ましい事故も増えています。加害者になる可能性だけでなく、被害者になる可能性も多分に含んでいる為、若者の車離れなども増えました。その為、様々な観点から現実的に考えた方が良い趣味といえるでしょう。

第9位 読書

 (398140)

意外な結果かもしれませんが、読書も上位にランクインしています。暗い印象を持つかもしれませんが、様々なジャンルの本を読むのであれば、その分話題や知識も豊富になり、いつ喋っても楽しませてくれると好印象になりやすいのです。

たとえば本を読む習慣が無くても話題作などから読んでみると入りやすいでしょう。話題になっている分、女性との話題にも上げやすいはずです。楽しさに気付けばどんどん本を読むことが苦痛ではなくなります。

また上司との話題にも困る事は無くなるでしょう。部下との話題に困る上司が増えている現代では好印象にも繋がりやすくなります。本を買いに行く必要も今は無くなり、携帯などの端末から読める為始めやすさも魅力の1つです。

第8位 ビリヤード

 (398158)

ビリヤードと聞くとお洒落な人やうまい人の専売特許なイメージが強いかもしれません。プレイできる場所も限られている為、初めての方には少し敷居が高く感じるかもしれませんが、ダーツバーなどで遊ぶことができます。

またプロの世界大会などもあるため、高い技術や専用の道具などが必要なのでは?と思うかもしれませんが、それはあくまでハイレベルを求めている人たちが必要であるだけで、趣味程度ならばバーでの貸し出しで問題ありません。

少し慣れてくれば未経験の女性などからはビリヤードを嗜んでいるように見えますし、基礎的な事が教えられれば距離感を近づける事もできます。最初の一歩が踏み出せれば、かなり有利な趣味といえるでしょう。

第7位 ダンス

 (398185)

こちらもかなり幅の広いジャンルとなります。社交ダンスを思い浮かべる人もいればヒップホップやストリートを思い浮かべる人もいるでしょう。もともと好きで友人たちと踊っていたり、大学で社交ダンスデビューをした人も多いでしょう。

比較的、多くの人に触れやすい趣味のため話題にもあがりやすく、簡単な技術であれば実演もできますので女性からのリアクションもかなりいいはずです。また最近ではダンスがブームにもなりやすくより注目を浴びやすくなっています。

また社交ダンスなどは必ず男女ペアになりますので、必然的に女性との関わりも増え対応にも慣れていくことができるでしょう。ダンス以外の時間も一緒に過ごす機会が増えカップル率も自然と上がっていきます。

第6位 料理

 (398193)

数年前から「料理男子」が注目を浴び始め、テレビの料理コーナーでも料理が得意な芸能人男性がその腕前をふるう事も増えてきました。その為、料理は女性がするものという固定概念が崩され、料理をしてくれることで女性自身の負担も減ると人気の趣味です。

特に男性はこだわりが強くなかなか一般家庭には無いような調味料も揃えるなど、本格的な料理を作る為には労力を惜しまない傾向にあります。仕事で頑張った自分をねぎらう為であったり、こだわる事で料理を作る以上の達成感を得られるなどの理由からでしょう。

また現在は夫婦共働き世帯が大半を占めている為、料理ができる男性の方が結婚したあとも家事分担をしやすく付き合った段階から先のことを考えやすいというメリットもあります、ただ、自分のこだわりを相手の女性に押し付け、折角作ってもらった料理に文句を付けないように注意しましょう。

第5位 カメラ

 (398201)

カメラというとこちらも初期費用が掛かるイメージがあるかもしれません。しかしフィルムカメラからデジタル化が進み、カメラも高性能なものが増えました。本屋さんに立ち寄ればカメラのハウトゥー本も多くみられるようになりました。その為、多少値が張っても納得のうえできる趣味をいえます。

またメーカーによる機能や色味の差、重さやレンズのカスタムなど男性ならではの収集癖が刺激され、次はこれを試してみよう、など夢中になれるところも人気の理由と言えるでしょう。

また近年の映えブームもあるため、やはり写真をうまく撮れる男性、撮影に時間をかかっても気にしない男性の方が女性の理解も得られ、旅行やちょっとしたデートも楽しめる為付き合ってからも仲の良さをキープしやすいという利点があります。

第4位 スノボ

 (398205)

冬を代表するスポーツでも有名なスノボは運動神経を試されるため、より男性らしさをアピールできます。またコースによっては上級者用やアクロバットな一面を見せられるという他にはないポイントがあります。ゲレンデマジックを最大限活用できるようにしましょう。

またウェアの組み合わせやボードなどでファッションセンスをアピールできるため、こちらも手を抜かない様にしましょう。せっかく運動神経が良く滑りがうまくてもウェアのセンスが悪いととたんに女性陣からの評価も落ちてしまいかねません。

また冬のみ可能な趣味になりますのでゲレンデへ行く日程や行く為の方法なども事前にしっかり決め、予定の組み忘れがないようにも注意してください。せっかくの見せ場を事前の予定段階でつぶれてしまっては元も子もありません。

第3位 音楽

 (398208)

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪