異性の友達とどこまでする?男女の友情についての本音!

異性の友達は成立すると思いますか?異性の友達と恋愛相談や食事に旅行、手をつなぐ、デートやキス…、どこまでしたら友達ではなくなるのでしょうか。この記事では、異性の友達についての説明と、異性の友達が恋愛関係に発展することはあるのか解説していきます!

異性の友達は特別?

Children Siblings Brother - Free photo on Pixabay (179482)

この世界には、男性と女性が存在します。

性別が存在していることは子孫を残すにおいて、お互いに必要不可欠で重要な役割を果たすからです。

しかし、男性と女性は子孫を残すためだけに、生まれてきたわけではありません。

男性と女性は異性であり、子孫を残すことができますが、男性と女性が必ずしも恋愛関係しか持たないというわけではありません。

同性同士に友情が存在するように、異性にも友情が存在します。
People Man Woman Holding - Free photo on Pixabay (179495)

しかし、男女の友情なんてありえない!結局は異性として見てしまうものだ!という考えの人もいます。

あなたはどちらですか?

この記事では、異性の友達とは一体どういうものなのか?異性の関係性を実体験や経験者から聞いた話を元に解説していきます。

また、異性の友達が恋愛に発展することがあるのか?についても紹介していきます!

異性の友達は成立する?

Man Woman Composing - Free photo on Pixabay (179512)

まずは、異性の友達とは成立するのか?についてです。

これは人によって、見解が異なるでしょう。

私は異性の友達は、成立すると思っています。

男女の友情が成立するのか?アンケートを取った結果があるので、紹介していきます。

成立する派は男女ともに7割越え

Man Woman Ford - Free photo on Pixabay (179521)

異性の友達は成立する!と答えた人は男女ともに7割を超えました。

成立すると答えた人の意見に多かったのは、実際に異性だけど仲のいい友達がいて、異性ということを意識したことがないから、というものでした。

実際に異性の友達がいて、友情関係を築いている人は、成立する派になるということです。

女性は恋愛相談で、男性の意見を聞きたがる傾向があります。

この時男性はどう思うの?と聞ける存在が欲しいのです。

恋愛相談などを通して、女性は男友達を作ることがよくあります。

男性は相手が女性でも、自分が性的な欲求や異性としての魅力を感じなければ、友達と解釈することが多いのです。

成立しない派は男女ともに3割弱

Hair Portrait Woman - Free photo on Pixabay (179530)

成立しない派と答えた人は、男女ともに3割弱でした。

成立する派の方が多いですが、圧倒的な差とまではいかないようです。

成立しない派と答えた人の意見を聞いてみると、女性は自分が男友達だと思っていた人に、告白されたことがあるからという意見が多かったです。

自分が友達と思っていても、相手は友達ではなく恋愛対象として見ていたということです。

とても綺麗で魅力的な女性は、男性に恋愛対象として見られることが多く、異性の友達は成立しないと思ってしまうものなのです。

男性は、女性は女性だから友達とは思えないという意見が多かったです。

男性のは女性よりも、異性の差を意識してしまう傾向にあるのです。

異性の友達が成立する理由

Chance Equality Equal - Free photo on Pixabay (179540)

異性の友達は成立すると答えた人の理由を、細かく掘り下げていきます。

異性の友達は成立しない派の人にとっては、なぜ成立すると言えるの?と不思議に思うものです。

なぜ異性の友達が成立する!と言えるのか…理由を紹介していきます。

実際に異性の友達がいるから

People Girls Women - Free photo on Pixabay (179549)

自分に実際に異性の友達がいれば、自ずと答えは成立する派となります。

私にも長い間、仲良くしている男友達がいるので、異性の友達は成立するだろうと思っています。

この場合は相手も、自分のことを異性としてではなく、友達として見ている必要があります。

そうでなくては、いつか友情関係が壊れてしまうからです。

ずっと友達だと認識していた人に、恋愛対象として見られていたと気づくことはとてもショックなことでしょう。

下心がまるでないから

Team Building Success - Free photo on Pixabay (179567)

下心がまるでないから!というのも異性の友達が成立する大きな理由です。

目の前に異性がいるのに、性的なことをしたいという気が起きないのです。

女性も男性もお酒を飲んだ時などに、異性の身体に触れたい欲が出てきます。

しかし、お酒を飲んでもそういった気が全く起きなかったり、欲が出てもこの人とは無理だなと、異性の友達が成立していればお互いがそう思うのです。

下心がないということは、その人に対して性的欲求を感じないということでしょう。

恋愛感情がわからないから

Heart Love Hands Valentine'S - Free photo on Pixabay (179600)

これは、若い男女によくあることです。

誰もが小さい頃は、恋や愛や性欲を知りません。

知らなければそれを求めることもないので、誰かを恋愛対象として見ることはありません。

異性の差をわかっていても、友達か友達でないか、その2つしかないのです。

恋愛感情に目覚めた男女だと、恋や愛や性欲を知っているので、友情関係を築くには時間がかかったりします。

しかし、恋愛感情がまだわからない状態なら、異性が友達になることも容易いのです。

恋人と友達は全く別物だから

Children Siblings Brother - Free photo on Pixabay (179620)

これは物事をハッキリと区別できる人に多い見解です。

男性と女性の異性の差よりも、恋人と友達の差の方が大きいのでしょう。

男か女かと区別するのではなく、恋人か友達かで区別するのです。

異性の問題は現実的な問題でありますが、恋人か友達かは感情的な問題です。

現実的な問題よりも、自分の感情にまっすぐでいると、異性の友達もできやすいのでしょう。

異性の友達が欲しい人は、異性の差をあまり意識しすぎない方がいいのです。

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪