2019年11月11日 更新

年の差恋愛のメリットは?年の差恋愛のきっかけや結婚した時の本音

最近10歳差や20歳差の年の差恋愛が多いです。年の差恋愛にはメリットやデメリットが存在します。些細なことがきっかけから好きになり、片思いから発展することも。不倫関係になってしまう人もいるのですが、年の差恋愛は実際どうなのか結婚も視野に入れてご紹介します。

目次

職場の上司と部下でも恋愛関係に発展することがあるのですが、上司と部下という関係でなく、取引先の相手の方と年の差恋愛に発展することもあります。

自分の会社では結婚している人や恋人がいる方が多く、自分の好みじゃなかったとしても、取引先の相手が自分の好みという場合もあります。取引先の相手はやはり仕事できているので、愛想よくする振る舞うことが多いので、その姿が素敵にみえやすいです。

さらに、取引先の相手と一度関わると繰り返し関わることが多いので、このような繰り返しコンタクトを取る行為から好意に変わる方も多いです。

店員とお客さん

Man Person Happy - Free photo on Pixabay (197967)

職場や学校以外の場面でも年の差恋愛に発展するシチェーションが存在します。その年の差恋愛が起きやすい場面は「店員とお客さん」です。特に、お客さん側の人が行きつけのお店などがある場合に発展しやすいです。

お客さんの場合は仕事ではなく、プライベートな時間でもあるので、癒やされるために行くことが多いのですが、頑張って働いている店員さんは素敵に見えやすいです。

さらに、常連になるほど会う率が高くなり、店員の人も常連の人を覚えるので、自然と親近感が湧きやすいです。

年上男性・女性にとっての年の差恋愛のメリット

People Man Woman - Free photo on Pixabay (198047)

年の差恋愛に発展しやすいシチェーションについてご紹介しましたが、次は年の差恋愛のメリットについてご紹介していきます。

年の差と言ってもやはり男性・女性のどちらかが年上になります。まず最初は男性が年上の場合の男性・女性のメリットについてご紹介していきますのでご参考ください。

若い子と付き合える

Beauty Woman Portrait - Free photo on Pixabay (198082)

年の差恋愛で大きなメリットとなりやすいのが「若い子と付き合える」という点です。特に男性側が嬉しく感じやすいのですが、自分と同い年の女性と比べて年の差が離れている女性は若く見えるので、一緒に付き合えている自分も誇らしく感じやすいと言えます。

女性が若いことで、「若い女性と付き合えている」というステータスを自分に付けることができるので、このような点からも年下の女性と付き合えると自分に自信が付きやすいです。

純粋で素直なので自分色に染めやすい

Digital Art Artwork Together - Free image on Pixabay (198084)

相手が若い女性の場合は自分色に染めやすいというメリットも存在します。これはどういうことかというと、年の差が離れているとどうしてもお互い距離をとって相手をみるので、相手の意見に耳を傾けやすく、素直になりやすいです。

そのため、相手に意見などを言われると素直にそのとおりかもと感じやすく、その人の好みに素直に染まっていくことが多いです。

若い女性の方が染まりやすいのですが、これは逆のことも言えます。年上男性の方が知識を多く持っていることが多いのですが、最近の流行などはやはり年下女性の方が持っていることが多いので、流行を意識して年上男性を自分好みに染めることもできます。

どんなことも許せる

Couple African Happy - Free photo on Pixabay (198086)

さらに、年の差恋愛でもっとも大きなメリットとして挙げられやすいのが「どんなことでも許せる」という点です。年が近ければどうして自分の価値観がわかってくれないのか考えてしまいやすいのですが、年が離れていると最近の若い子はこのように考えているのか、昔の知識を持っている方はこのような考えをするのかなどを感じやすいです。

ジェネレーションギャップはデメリットとしても一見感じやすいのですが、年が離れていることによってしょうがないと割り切れ、相手を許せるような気持ちになりやすいので恋愛であっても大きな衝突を避けやすく、長続きしやすいです。

なにをしても可愛い

Fitness Jump Health - Free photo on Pixabay (198091)

年下の女性は何しても可愛いと年上男性は感じやすいです。年上男性はやはり若い女性が好きな方が多く、フレッシュな姿が新鮮味があり、自分自身にも刺激を与えてくれます。

歳を重ねるとどうしてもフレッシュな姿を作りにくいのですが、年下女性の行動力ある姿を見ると可愛いと感じやすいです。何をしている姿も可愛く感じてしまうので、ついつい相手に対する好意が高くなり、好きという気持ちがげんなりすることは比較的少ないと言えます。

相手ができないことも諦められる

Face Portrait Man - Free photo on Pixabay (198094)

年が近いとどうしても自分と同じような考え方・捉え方として認識してしまいやすいのですが、年が離れているとこのような考え方は少ないです。

わかりやすく言えば、年が近いとどうしても自分にできて相手ができない場合、なぜ相手ができないのか不満に感じてしまいやすいのです。しかし、年が離れてしまうと最近はこのような事ができないものなのかと感じて、すぐに諦められると言われています。

年下女性からしても無理なことを押し付けられないと共に、男性もすぐに諦めることができるので、嫌な部分が濃くなりにくいです。

求めなくなる

Couple Love Tenderness - Free photo on Pixabay (198096)

相手から求められなくなるのも大きなメリットと言えます。一見言葉だけで聞くとデメリットに感じやすいのですが、この求めるとは相手の好意ではなく、行動のことを指します。

もちろん年の差恋愛はお互い歳が離れていて落ち着いた恋愛を好むので、お互いの一人の時間も大切にします。しかし、年が近いと先程挙げたように自分と比較してしまいがちなので、同じように物事をこなしたいと感じやすいです。

しかし、年の差が離れていると自分と比較しないので、求めるよりも自分で行動したほうがいいと自然と考えやすいです。

年下男性・女性にとっての年の差恋愛のメリット

Model Flowers Bouquet Of - Free photo on Pixabay (198043)

相手が年上男性の場合のメリットについて触れましたが、次は男性が年下の場合の年下男性・年上女性のメリットをご紹介したいと思います。

先程ご紹介したことからもわかるように、年上男性の場合でも多くのメリットが存在していましたが、年下男性の場合でもたくさんメリットが存在します。気になる方が年下男性の場合はどのようなメリットがあるのかご参考ください。

大人の世界を体感できる

Fashion Woman Portrait - Free photo on Pixabay (198112)

2 / 6

関連する記事 こんな記事も人気です♪

よりを戻す方法ときっかけは?よりを戻すのに最適な期間や告白の言葉も

よりを戻す方法ときっかけは?よりを戻すのに最適な期間や告白の言葉も

よりを戻すとはどうゆう意味?よりを戻すという言葉の意味、きっかけや最適な期間、メリット・デメリットなど、よりを戻す方法を詳しく伝授!よりを戻すおまじないや、復縁から結婚、離婚から復縁の特徴も見ていきます。別れた相手と復縁すれば、きっと信頼関係が深まるはず。
髪をかきあげる癖の心理は?男女別の心理と異性からの印象も

髪をかきあげる癖の心理は?男女別の心理と異性からの印象も

人にはそれぞれ癖があります。その中でも、特に髪をかきあげる仕草が癖の人を見かけることもあるでしょう。実は、この同じ髪をかき上げる仕草でも男性と女性では心理に差があるのです。男女間ではどんな差があるのか、見ていきましょう。
人見知りの特徴とは?人見知りの原因と治し方と人見知りへの本音も

人見知りの特徴とは?人見知りの原因と治し方と人見知りへの本音も

自分は、人見知りだと思っている人は多くいらっしゃると思います。では、人見知りとは何なのか?何故人見知りになるのか?気になる人もおられると思います。そこで今回は、人見知りの人の特徴や原因、治す方法について詳しく書いていきたいと思います。
サブカル男子の特徴14選!ファッションや髪型と女性の本音も

サブカル男子の特徴14選!ファッションや髪型と女性の本音も

サブカル男子とよく聞くけれど、どんな特徴があるの?ファッションや髪型の特徴を知りたい!という方のためにサブカル男子についてまとめてみました。服装や出没場所、サブカル男子はイケメン?きもいと言われることもあるの?など細かい疑問を追求していきます。
キスフレが欲しい理由と作り方は?男女の本音とソフレとの関連性

キスフレが欲しい理由と作り方は?男女の本音とソフレとの関連性

最近流行りのキスフレって一体何?キスフレが欲しい!キスフレの作り方は?キスフレってディープキスもあり?既婚者でもキスフレがいる場合は浮気になるの?ソフレって何?話題のキスフレ、○○フレについて詳しく徹底解説していきます。

この記事のキーワード