コンドームの正しい付け方と外し方!コンドームを使用する際の注意点も!

妊娠を防ぐために欠かせないコンドームですが、コンドームの正しい付け方や外し方についてご存知でしょうか?コンドームは正しく使わないと破れてしまったりして妊娠の可能性が高まってしまいます。なので今回はコンドームの正しい使い方や、注意点についてご紹介していきます。

使用済みコンドームの処理方法

Condom Hold Sex - Free photo on Pixabay (740627)

性行為を行う際に性病や妊娠を防ぐために欠かせないコンドームですが、コンドームの使い方や使用済みのコンドームの捨て方などについてご存知でしょうか?

今回、POUCHSではコンドームの正しいつけかたや、注意点、コンドームの捨て方やつけるタイミングについても詳しくご紹介していきます。

POUCHSは女性の恋愛・ライフスタイルを応援する記事を多数取り扱っております。以下の記事もぜひ一緒にお読みください。

コンドームを付けるタイミング

Clock Time Alarm - Free photo on Pixabay (740630)

性行為になれていない方は、女性の服の脱がしかたや、手順など様々な悩みがあり不安になるかと思いますが、その名闇の中でも特に多いのがコンドームをつけるタイミングではないでしょうか?

コンドームをつけるタイミングが早すぎるとペニスが萎えてしまいコンドームが外れてしまいます。また、タイミングが遅すぎるとつけるタイミングを逃してしまう可能性もあります。

なのでここでは、コンドームをつけるタイミングについて詳しくご紹介していきます。

事前にベットに用意しておく

Bed Bedroom Blanket - Free photo on Pixabay (740634)

コンドームをつけるタイミングを逃さないためにも、事前にベッドにコンドームを持ち込んでおくことが大切です。いざ挿入するときにコンドームがなかった時、コンドームを探している間に男性はもちろんですが、女性も興奮も冷めてしまいます。

雰囲気が崩れてしまわないためにも、しっかりとコンドームを準備しておくことが大切です。この時上手くつけれなかったときや、破れてしまった時のために2・3個用意しておくのがポイントです。

男性が勃起してからコンドームを付ける

Lonely Man Sitting - Free photo on Pixabay (740637)

コンドームが準備できたら、いよいよコンドームをつけるタイミングですが、大切なのは必ず「男性が勃起してから装着すること」です。ペニスが勃起する前につけてしまうとうまくつけることができません。

なのでかならず挿入する直前につけることが大切です。女性が男性にコンドームをつけてあげたいときには、必ずペニスがkん全に勃起しているのを確認してからつけてあげるのがポイントです。

男性が自分でつける場合は、ササッと女性を待たせずにつけるのがポイントです。

コンドームの正しい付け方

Lingerie Condoms Garter - Free photo on Pixabay (740643)

コンドームはとても薄いので、しっかりと正しく装着しないと、女性の膣の中で破れてしまったり、外れてしまうこともあります。

もしもコンドームを正しく装着できていなくて外れてしまったり破れてしまった場合、せっかくの避妊も台無しになってしまいます。

なのでここでは、正しいコンドームのつけ方について詳しくご紹介していきます。男性はもちろんですが、女性の方も、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。それでは早速、ご紹介していきます。

精液だめの空気を抜く

Condoms Condom Rubber - Free photo on Pixabay (740645)

コンドームの正しいつけかたとして、まず最初に「精液だめの空気を抜く」というステップを行います。これを行うことで精液が漏れるのを防ぐことができます。精液だめとはその名前の通り、精液を溜める部分のことで、射精した精子を受け止めてくれます。

コンドームに息を吹きかけると哺乳瓶のような先端がぽこっと出てくるので、その部分を指でつまんで空気を抜いてください。

この時、爪を立てると破れてしまう可能性があるので、指の腹で軽く押さえて空気を抜いてください。

上に載せたら根元まで下す

Testicles Testicular Cancer Penis - Free photo on Pixabay (740650)

コンドームの精液だまりの空気を抜くことができたら、コンドームをペニスにかぶせていきます。この時精液だまりは親指と人差し指で押さえた状態で、ペニスにかぶせるのがポイントです。

ペニスの先端にコンドームを乗せて、コンドームは丸まった状態で入っているので、リングのようになっているコンドームをペニスにそって下におろしていきます。

根元までしっかり下ろせたのを確認できたら完成です。再度精液だまりに空気が入っていないのを確認して膣に挿入してください。

包茎の場合は?

Question Mark Hand Drawn Solution - Free photo on Pixabay (740653)

実は日本人の約7割もの男性が仮性包茎だと言われています。仮性包茎とは勃起したり自分で皮を動かすことで亀頭が出る人のことを指します。そんな仮性包茎の場合は上手くつけれない方が多いのですが、必ずしっかりと突起させてからつけることでうまくつけることができます。

中途半端に皮が残っていてもコンドームが外れてしまう原因になるので、皮を根元付近まで自分で下ろしてからつけるようにしてください。

包茎の場合は皮がコンドームを外してしまう原因になるので、性行為中は注意が必要です。

コンドームを付ける際の注意点

Sign Caution Warning - Free vector graphic on Pixabay (740666)

コンドームのつけ方についてご紹介してきましたが、コンドームをつける際にはいくつか注意点があることをご存知でしょうか?その注意点を無視してしまうとコンドームが外れてしまったり、避妊が確実にできなくなってしまうことにも繋がってしまうと言われています。

なのでここでは、コンドームをつける際の注意点について詳しくご紹介していきます。コンドームをつけることに慣れていない方はぜひ、男女問わず参考にして頂けたら嬉しいです。

挿入する前につける

Couple Making Out Young - Free photo on Pixabay (740675)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪