クリトリスに綿棒を使うと刺激が程よい?使用方法や注意点を紹介!

あなたは、1人エッチするとき何か道具は使っていますか?指でしかしたことがないという人も多いのではないでしょうか。道具を使うなんて恥ずかしいし、ハードルが高いと感じていませんか?そんなことはありません!今回は身近にある綿棒を使ったオナニーのやり方をご紹介します。

クリトリスに綿棒を使う方法・上級編をご紹介してきました。綿棒オナニーにも様々な方法があることがわかりました。色んな方法を試して、自分にあった新たな快感を開拓してみるのもアリです。コスパの良い綿棒だからこそ色々試せるのも1人エッチ好きには嬉しいポイントです。

そんな綿棒ですが、良い所ばかりではないことも覚えておいてください!メリットがあればデメリットもつきものです。ここからは、クリトリスに綿棒を使うときの注意点をまとめていきます。必ず確認してから、オナニーを楽しむようにしましょう。

乾燥した綿棒のまま使わない

Cotton Swabs Gxl Hygiene Body - Free photo on Pixabay (719325)

綿棒をそのまま使うと、乾燥していて固さもあります。綿棒オナニー愛好者のなかには、乾燥したまま楽しむ人もいますがなるべく避けたほうがいいでしょう。

クリトリスの回りには、たくさんの神経も通っています。また、陰部は体の中で一番皮膚が弱く乾燥したまま使うとかぶれや傷ができてしまう可能性があります。

なので、綿棒オナニーする時はローションがオススメですが、家にない人は水で濡らしてから使用するようにしましょう。オナニーを最後まで楽しむため、陰部を大切に扱ってあげることが大切です。

強くしすぎないようにする

Lingerie Sensual Erotic - Free photo on Pixabay (719330)

クリトリスはとても繊細な部分です。恋人とのセックスの時にも、強く弄られて痛みを感じことがある女性も多いのではないでしょうか。

クリトリスでオーガズム感じるためには、力加減はとても重要です!綿棒で強く擦ったりしないようにしてください。後々痛みが続いて、セックスやオナニーができなくなってしまうこともあります。

楽しむためには、自分の体を労りながら大切なクリトリスに負担になることは避けてあげましょう。

膣の中に綿棒が入ってしまわないように気をつける

Lying Down Girl Sensual Brown - Free photo on Pixabay (719334)

綿棒でクリトリスオナニーを楽しんで夢中になって、綿棒が膣に入ってしまわないように注意してください!勢いよく入ってしまうと、綿棒は細く短いので膣に埋もれて取れなくなってしまったといった報告もあります。

どんなハプニングが起きるかわからないので、楽しみながらも注意しておきましょう。女性にとってオナニーは誰にも言えない秘め事です。なのに、膣に入って取れなくなってしまえば病院に行き取ってもらわなくてはいけなくなりバレてしまいます。

ハマりすぎるとセックスでイケない

Back Barefooted Dark Background - Free photo on Pixabay (719335)

一番の注意点とも言えるのが、綿棒オナニーにハマってしまうとセックスでイケなくなってしまう可能性が高くなります。

自分にしかわからないクリトリスの攻めかたに慣れると、男性からの愛撫では物足りなくなりイケなくなります。

恥ずかしがらずに男性におねだりできればいいですが、大半の女性はできないことが多いです。楽しみながらも余力を残すようにしておくといいでしょう。

清潔な綿棒を使う

Cotton Swabs Hygienic - Free photo on Pixabay (719336)

綿棒は、必ず清潔なものを使うようにしましょう。できれば、まとめて入っているものではなく個包装されているものならいつでも清潔なので安心して使うことができます。

陰部は繊細な部分で感染しやすいので、オナニーするときは清潔感と衛生面には気を使うようにしてください。

クリトリスに綿棒で気持ちよくなろう

Beauty Charm Eroticism - Free photo on Pixabay (719352)

クリトリスに綿棒を使うオナニーの方法を詳しくご紹介してきました。いかがでしたか?初めてでも、一番身近にある綿棒ならいつでも試せてオナニーの幅も広がってマンネリ化を防ぐことができます。

必ず清潔な綿棒で、できればローションを準備しておくとバリエーションが増えて1人エッチを毎日楽しむことができます。指でしかしたことがない人も、是非一度ためして新たな快感を味わってみてください!

3 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪