2019年10月27日 更新

ガーゼオナニーのやり方とは?本当に気持ち良い?注意点やメリット!

この記事ではガーゼオナニーのメリット・注意点を紹介しています。普段のオナニーに飽きてきた、もっと刺激が欲しいという男性は少し工夫するだけでこれまでとは違った快感を得ることができます。ガーゼオナニーのやり方はとても簡単なので気軽にチャレンジできるでしょう。

目次

ガーゼオナニーとは?

Man Portrait Gloomy - Free photo on Pixabay (722868)

POUCHSでガーゼオナニーという言葉を聞いて興味がわいてきたという方も多いのではないでしょうか。しかし、言葉だけではいまいちイメージがわかないものです。

ガーゼオナニーはやり方も簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。また、ガーゼオナニーをすることで嬉しい効果を得られるかもしれません。

POUCHSは女性の恋愛・ライフスタイルを応援する記事を多数取り扱っております。女性のオナニーについて知りたい方は以下の記事もぜひ一緒にお読みください。

ガーゼオナニーのやり方

Checklist Check Think About - Free vector graphic on Pixabay (720866)

何はともあれガーゼオナニーのやり方を調べなければなりません。ガーゼオナニーは単純なので難しいことはありません。

特別なテクニックがいらないのもガーゼオナニーの良いところです。具体的な手順を確認して気持ち良いガーゼオナニーにチャレンジしましょう。

オナニー中は操作できないためオカズはベストなポイントでストップしておく

Girl Woman Sexy - Free photo on Pixabay (720868)

ガーゼオナニーは通常のオナニーと異なり、両手を使って行います。これまで片手でオカズを見ながら、スマホを操作しながらオナニーしていたという方も多いでしょう。

しかし、ガーゼオナニー中はスマホやパソコンの操作ができないのです。なので、オカズがある場合はベストなポイントでストップしておくことが重要です。

静止画では満足できないという方は、お気に入りの動画を流しておきましょう。自分の好きな場所だけまとめておいても良いでしょう。手が使えないというこれまでとは違う状況に合わせた工夫が必要です。

ガーゼをローションに浸す

Skincare Cleaning Skin Cotton Pads - Free photo on Pixabay (720905)

ガーゼオナニーに必要なものはガーゼとローションだけです。下準備はこれだけなのですが、ローションは粘性があるのですぐにしみ込んでくれません。

そこで便利なのが風呂桶です。風呂桶ではなく小さなバケツやトレーでも構いませんので、ガーゼにローションをかけてしっかり浸してください。

これを手の上だけでやろうとするとこぼれてしまいます。お風呂場であればそのまま流せますが、部屋の場合は後片付けも面倒になるので気を付けましょう。

ペニスを包める程度の大きさにガーゼを折りたたむ

Tea Towels Kitchen Towel Dry - Free photo on Pixabay (720924)

ガーゼをしっかりローションに浸したらちょうどよいサイズに調整します。自分のペニスを包めるくらいの大きさにガーゼを折りたたんでください。

アダルトグッズが自分のペニスに合わなかったという経験がある人もいるのではないでしょうか。しかし、このガーゼオナニーなら自分のサイズに合わせられるのでピッタリのアイテムを作れるのです。

ここでぬめりが足りないと感じた場合は、ローションを追加しておきましょう。乾燥した状態では快感よりも痛みが強くなってしまいます。

亀頭にガーゼをかぶせ両端をつまんでスライドさせる

Hand Aid Love - Free photo on Pixabay (720931)

ガーゼとローションの準備が整ったらいよいよ自分のペニスにかぶせていきます。亀頭にガーゼの中心が来るように位置を調節してください。

そして亀頭にかぶせたガーゼを動かします。動かす際にはガーゼの両端をつまんで、左右にスライドさせるだけです。オカズを準備しておく理由はこのオナニーのやり方が理由であることがお分かりいただけるでしょう。

ガーゼの動かし方を自分で調節できるので、初めは祈祷をなでるように優しく動かしてみてください。

何度もスライドさせて射精する

Hygiene Cleanliness Skincare - Free photo on Pixabay (720949)

ガーゼの刺激に気持ち良さを感じてきたらあとは快感を追いかけるのみです。何度もガーゼを左右にスライドさせて射精しましょう。

途中でローションが乾いてきたと感じた場合はローションを追加します。ローションが乾きやすい場合は使用しているウォーターベースのアイテムを使用しているのかもしれません。

一度ローションの成分を見直してみましょう。乾きにくいのはオイルベースやシリコンベースのローションだといわれています。使い心地や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

射精できない場合はキリの良いところで通常のオナニーに切り替えよう

Banana Breakfast Colorful - Free photo on Pixabay (720951)

ガーゼオナニーにチャレンジしても普段とは異なる刺激でうまく射精できないことがあります。その場合は初めはガーゼオナニーを楽しみ、キリの良いところで通常のオナニーに切り替えてください。

無理をしてガーゼでこする力を強くすると痛みに変わってしまうこともあります。フィニッシュできずに終わってしまうと気分も体もスッキリしません。

無理はせずにガーゼオナニーだけではいけないと思ったら普段通りのオナニーに切り替えましょう。ガーゼオナニーはマンネリ解消や、ちょっとした刺激が欲しい時に取り入れるのもおすすめです。

ガーゼオナニーの良いところ

Thumbs Up Okay Good Well - Free photo on Pixabay (720974)

わざわざガーゼやローションを準備してまでするほど気持ちいのかと疑問に思う方もいるでしょう。確かに出すという目的だけならいくらでも方法はあります。しかし、ガーゼオナニーにはほかのオナニーには無い良いところがあるのです。

ガーゼオナニーにあまり興味が無いという人でも、良いところを知ると興味がわいてくるかもしれません。ガーゼオナニーだからこそ味わえる特徴を理解して楽しんでください。

亀頭に強い刺激を与えられる

Man Board Drawing - Free photo on Pixabay (720985)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪