おりものと愛液の違いは?愛液に関するマメ知識も紹介!

おりものと愛液の違いについてご存知でしょうか?一緒にされることもおおいのですが、しっかりとした違いがあります。この違いを知ることで、女性が本当に感じているのかしっかりと判断することができるようにもなるので、今回はおりものと愛液の違いについてご紹介していきます。

愛液が溢れていると喜んでいるけどそれっておりものかも

Couple Making Out Young - Free photo on Pixabay (734322)

セックスをしているとき、男性は女性の喘ぎ声や反応はもちろん、膣の濡れ具合でも感じてくれているかを判断していることをご存知でしょうか?

女性の膣からは気持良くなると愛液と呼ばれる液が膣から分泌されるのですが、実は膣から出ているのは愛液ではなくおりものの可能性もあります。

今回POUCHS編集部では愛液とおりもののそれぞれの特徴や違いについてご紹介していきます。POUCHSは女性の恋愛・ライフスタイルを応援する記事を多数取り扱っております。以下の記事もぜひ一緒にお読みください。

おりものとは

Woman Panties Naked Ass - Free photo on Pixabay (734325)

最初にご紹介するのはおりものです。おりものは生理を迎えた大人の女性なら誰にでもあるもので、細菌が膣を通して身体の中に入ってくるのを防いでくれる役割があります。

また、排卵期には受精の手助けをしてくれることもあります。特に子宮の出口からでるおりものは精子がスムーズに子宮まで到達するように手助けしてくれる役割をしてくれています。


おりものは、年齢や生理周期によって色や量が変わってくると言われています。

愛液とは

Lingerie Underwear Woman - Free photo on Pixabay (734330)

2つ目にご紹介するのは愛液です。愛液とは先ほどもご紹介したように女性の膣から分泌されている液体です。

愛液の色は無色透明で少しだけ粘り気があるのが特徴です。実はこの愛液は平常時でも一定量が分泌されていて膣の粘膜に潤いをあたえて、膣の洗浄も行ってくれています。

そしてセックスや1人エッチなどをして性的に興奮したときには、通常よりも多くの量の愛液が分泌し、性行為の時に痛くないように潤滑剤のような役割をしてくれます。この愛液が溢れるほど男性は気持良くなってくれているんだと性的に興奮すると言われています。

愛液とおりものの共通点

Close-Up Female Lips - Free photo on Pixabay (734331)

愛液とおりものについてそれぞれご紹介してきましたが、実は愛液とおりものには名前は違いますが、共通点がいくつかあると言われています。男性の方はもちろんですが、女性の方でも共通点について知っている方は少ないのではないでしょうか。

なのでここでは、愛液とおりものにはどのような共通点があるのかについてここでは詳しくご紹介していきます。愛液とおりものの共通点が知りたい方は、ぜひ参考にして頂けたら嬉しいです。

膣内で分泌される

Woman Photographer Sexy - Free photo on Pixabay (734335)

愛液とおりものの共通点として1つ目にご紹介する共通点は「膣内で分泌されている」という共通点です。

愛液もおりものもどちらも膣内で分泌されるものです。また、愛液は気持ちいと出るものだと思われがちですが、実は常に少量は分泌されていると言われています。

また、おりものも自分の意思とは関係なく出てきてしまうので、コントロール出来ないという点もおりものと愛液の共通点だと言われています。なので愛液とおりももの違いが分からない人も多いといわれています。

成分

Scientist Drugstore Microscope - Free photo on Pixabay (734339)

愛液とおりものの共通点として2つめにご紹介するのは「成分」です。愛液とおりものの違いが分かる人でも、その成分までは分からない人も多いのではないでしょうか?

実はこの愛液とおりものの成分はほとんど同じ成分で「膣液(膣分泌液)」と呼ばれています。

おりものも愛液も子宮の出口から出てきて女性の身体を守るために働いてくれているのです。ただその働き方はそれぞれ違うので、そこで愛液とおりものの違いが出てきます。

色味

Drops Of Water Liquid - Free photo on Pixabay (734341)

愛液とおりものの共通点として3つ目にご紹介する共通点は色味です。愛液の色は生理周期や体調などによって変化はありますが、大体は透明や白色だといわれています。

それに対して、おりものの色も体長によって異なりますが、通常は透明から白っぽい色だと言われています。このように愛液とおりものの色の違いはほとんどないといわれています。

そのため、セックス中におりものがなのに愛液と勘違いしてしまう男性が多く存在していると言われています。

愛液とおりものの違い

Women Girl - Free photo on Pixabay (734346)

愛液とオリモノのそれぞれの特徴や愛液とオリモノの共通点についてご紹介してきましたが、愛液とおりものは共通点もあるものの全くの別物です。

そのため、愛液とオリモノでは役割はもちろん、臭いや質感、そして味にまで違いがあると言われています。

なのでここでは愛液とおりものの違いについて詳しくご紹介していきます。愛液とおりもののちがいについて知りたい方は、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。それではさっそくご紹介していきます。

役割が異なる

Female Woman Girl - Free photo on Pixabay (734349)

先ほどもご紹介したように、子宮口から分泌されて、女性の体を守ってくれているという共通点はあるのですが、その働き方が愛液とおりものでは異なってきます。

おりものの場合は「雑菌や最近が膣を通して身体の中に入ってくるのを防ぐ」という働きをしてくれています。これにより膣の中を清潔に守ってくれているのです。

一方の愛液の方は「常に膣が乾燥しないように守ってくれていて、性的に興奮した状態の時には多く分泌され、ペニスで傷つかないように守ったり、精子が子宮まで到着するための手助けをする」という働きがあります。

臭い

Young Woman Flowers Bouquet - Free photo on Pixabay (734352)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪