人前でセックスするのはあり?安全に楽しめるおすすめの場所を紹介!

人前でセックスする方が興奮するという人は少なくありません。また、他人のセックスを見てみたいと思ったことがある人は多いのではないでしょうか。場所を選ばなければ公然わいせつにあたることもあります。今回は、そのような人が安全に楽しめる方法や場所について紹介します。

人前でセックスしたい願望

Pug Dog Blanket - Free photo on Pixabay (732207)

人前でセックスをすると、第三者に見られているというだけでいつもより興奮してしまうという人は少なくありません。中にはそれが高じて寝取られるのを見るのが好きだという人もいます。

今回、POUCHSではそのような人前でセックスするのが好きという性癖を持った人の特徴や心理についてまとめました。

また、POUCHSでは様々な性癖を紹介しています。以下の記事は、野外オナニーに関しての記事です。ぜひこちらも合わせて読んでみてください。

人前でセックスしたいのは性癖

Easter Eggs Decoration - Free photo on Pixabay (732208)

人前でセックスをしたいというのは、性癖の1つです。性癖は性の嗜好のことであり、誰しも好みのセックス・好みではないセックスが存在します。

羞恥プレイが好きな人は人からセックスを見られるのも好きだという場合が多いです。

羞恥プレイ

Baby Girl Shy - Free photo on Pixabay (732209)

羞恥プレイとは、SMプレイの一種であり、Mの人を辱めることで興奮を得るというものです。Mの人は辱められることに感じ、Sは相手を辱めることに興奮を覚えます。

他人にセックスを見せるというのは、「見られている」という恥ずかしさを感じるために行われることが多いです。剃毛プレイや言葉責め、露出プレイなどもこの羞恥プレイに分類されます。

これらのプレイは理解できない人もいるため、信頼関係の築いた相手がいるという前提で行われます。

羞恥心で興奮度が増す

Girl Woman Pretty - Free photo on Pixabay (732210)

人前でセックスして興奮するというのは、見られているという羞恥心をくすぐられるからです。M体質の人は羞恥心をあおることで興奮度が増していく場合が多いという特徴があります。

具体的なプレイとしては、鏡で感じている自分を見られるようにする、淫語で責める、目の前でオナニーをさせる、わざと大きく股を開かせてよく見えるようにするなど様々な方法があります。

これらが好きな人は、人前でセックスをしてみたいという欲があることも珍しくありません。

公然わいせつ罪に注意

Barbed Wire Fence - Free photo on Pixabay (732211)

人前でセックスして興奮を得られるからといって、むやみにセックスを見せびらかしていいわけではありません。人がいると想定される場所で陰部を露出させて見せることは「公然わいせつ罪」になり、セックスもこれにあたります。

公然わいせつ罪は6ヵ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金が科せられます。ただ興奮が得たいがために、このような罰を受けてしまっては仕方ありません。より安全な方法で自分の性癖を満たす方法を考えましょう。

人前でセックスしたい人の心理

Valentine'S Day Valentine Love - Free photo on Pixabay (732216)

人前でセックスしたいという願望の中には、どのような心理が働いているのでしょうか。

ここでは、心理について見ていきましょう。

自分のセックスを見られたい

Girl Portrait Woman - Free photo on Pixabay (732219)

単に自分のセックスを誰かに見られたいという人は女性を中心に多いです。また、カップルとしてお互いに他人から見られたいと感じている場合には、インターネットなどで見てくれる人を募集するか、見られたい願望のあるカップルと知り合うこともあります。

そうすることで2人きりでセックスするよりも興奮度が高まり、同じセックスでも全く異なる快感を得ることができるようです。男性の場合は、自分のセックスを見せびらかしたいという欲が多いです。

人のセックスを見ても興奮する

Binoculars View Focus - Free photo on Pixabay (732221)

人のセックスは通常、AVでない限りは見ることができません。多くがプライベート空間で行っており、人のセックスを見られるのは覗きをする場合などに限られています。

人のセックスで興奮するという人は、通常は見てはいけないと分かっているものを見ているという背徳感を得ています。中には、恋人や配偶者がほかの人とセックスしている姿を見たいという性癖を持った人もいて、これは男性に多い傾向があります。寝取られることで対抗心や支配欲をくすぐられるようです。

見られるかもというリスキーな状況に興奮する

Leaf Autumn Fall Foliage - Free photo on Pixabay (732225)

がっつり見られるのではなく、もしかしたら見られるかもしれないというリスクがある状況下で興奮する人もいます。野外でセックスを行うのが好きな人はまさにこのタイプであり、いつ人が来るか分からない、今すぐ誰かに見られてもおかしくないという状況がゾクゾクと感じさせてくれるようです。

そのため、見られることが確定している場よりも見られるかどうか分からない状況の方がセックスの興奮度が上がるという特徴があります。

自分が他の人とセックスしているところを見られたい

Hiding Boy Girl - Free photo on Pixabay (732243)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪