幼馴染とのセックスはあり?セックスのきっかけや後悔しない方法

あなたには『幼馴染(おさななじみ)』はいますか?そして、その幼馴染とドラマのように付き合いたい、セックスをしてみたいと思った経験はないでしょうか。ここではみんなが憧れる幼馴染とのセックスについて、メリットだけでなくリスクも大解説します。

目次

幼馴染とのセックスに憧れる!

Daisy Heart Flowers Flower - Free photo on Pixabay (554674)

漫画やアニメ、ドラマなどで、幼馴染と恋愛関係を持ち、のちに結婚・・・なんていうストーリーを見たことはありませんか?そして、そんな純愛ともいえるストーリーに、「自分もこんな恋愛をしたい」「幼馴染と結ばれてみたい」と思った経験があるはずです。

ストーリーの中では省かれていますが、幼馴染と恋愛関係に発展してのちに結婚までいくということは、もちろん、「セックス」をしています。下心丸出しのようであれですが、少なくともこのシチュエーションに憧れた人は、男女問わずいるはずです。

では、なぜ幼馴染とのセックスに憧れるのでしょうか。通常の恋人と何が異なるのでしょうか。ここでは幼馴染の定義、そして幼馴染とセックスをするきっかけやメリット、デメリット、体験談等をご紹介します。「幼馴染とセックスをしてみたい」という人も、すでに関係を持ってしまって後悔している人も対処法をご紹介していますので参考にしてください。

幼馴染の定義は?

Children Siblings Brother - Free photo on Pixabay (554672)

誰しも、『幼馴染(おさななじみ)』という言葉は聞いたことがあると思いますが、その意味をきちんと理解している人は意外と少ないのです。幼馴染とは、幼いころに親しくしていた友達のことを指しますが、その中には、「異性だけ」「幼いころからいままで仲良し」と勘違いをしている人がいます。

これは間違いで、幼馴染とは異性・同性問いませんし、今はすでに関係がなくなってしまっていても、幼いころに親しくしていた間柄であればそれは幼馴染と言います。

恐らく、近所で年の近い友達や保育園・幼稚園で幼いころの月日を一緒に過ごした相手が誰しもいるはずです。そして、それが異性であった場合、前途したような関係に憧れを抱くことがあるのです。また、セックスの前に「幼馴染が好き!」「恋愛はうまくいくの?」と悩んでいる人はまずこちらをご覧ください。

幼馴染とセックスをするきっかけ

Live Bedroom Architecture - Free photo on Pixabay (554675)

多くの場合、幼いころは引っ越し等もあり、幼馴染と言える相手とは知らず知らずのうちに疎遠になってしまうことも少なくありません。そのため、小学校中学校、そして大人になるまで近くで一緒に過ごせる人の方が珍しいものです。

しかしそんな幼馴染とも、ひょんなことがきっかけでセックスをするきっかけが訪れるのです。友だち、幼馴染としてしか見ていないとそのタイミングにも気が付くことが出来ないかもしれませんが、実は意外とタイミングは訪れているのです。

「なんだか幼馴染が忘れられない・・・」と少しでも思っている人は、ぜひ参考にしてください。幼いころには気が付けなかったタイミングを知ることで、関係を発展させることができるかもしれません。

家に遊びに行ったとき

Shutters Architecture Window - Free photo on Pixabay (554676)

幼馴染の間柄であれば、幼いころはお互いの家をよく行き来するものです。学校が終わった後や休日、お互いの家族同士で集まるときなど、なんの躊躇いも疑問もなしに遊びに行ったり遊びに来ていたはずです。

それがある程度の年齢になると、いつしか疎遠になる時期がやってきます。思春期です。お互いに男友達、女友達と遊ぶようになり、いつしか会うことも会話することさえも無くなってしまう傾向にあります。しかし高校生や大学生くらいになるとその壁も取っ払うことが出来てきます。

そんな時、久しぶりに家に行ったり来てもらった利した時、そこには幼いころの空気はなく、どこかしら「男女の空気」が漂うになります。高校生や大学生にもなればすでにセックスを経験している年齢ですし、なんとなくそんな空気をお互いに察するようになります。そしてそのままセックスをしてしまう人もいます。

元々好意があった場合

Hands Love Couple - Free photo on Pixabay (554678)

中には、幼馴染が異性であった場合は、幼いころから恋愛感情を持っている人もいます。その感情が芽生えるのが保育園や幼稚園などの本当に小さい頃なのか、小学校や中学校に上がってからなのかは人によって異なりますが、幼馴染といえど男女です。そうした感情が芽生えることはなんら不思議ではありません。

そんな感情を、どちらかもしくはお互いで持っていると、セックスをする関係になるまでそう時間はかかりません。高校生などある程度年齢がいった頃までそうした感情がある場合、そのままお付き合いをしてセックスをするケースもあります。

また、お付き合いまではしなくとも、ちょっと遊んだときなどにそうした雰囲気になり、そのまま・・・ということもあります。これは、お互いに「好き」「気になる」という恋愛感情を持っているためできることなのです。幼いころには打ち明けられなかった気持ちが溢れ出るのです。

偶然再会したとき

Urban People Crowd - Free photo on Pixabay (554679)

幼馴染というのは、どちらかが引っ越しなどでいなくなってしまったり、こうこうや大学の進学を機に地元を出て行ってしまったりと、どこかのタイミングで「別れ」が訪れます。そして会わない日々が長く続いたある頃、偶然街中で再会を果たしたり、会社や大学の友だち繋がりで偶然にも繋がることがあるのです。

そんな偶然の再会を果たしたところ、いままで会っていなかった時間を生めるかのように、会話には花が咲きます。これが地元以外で再会を果たした際には、「同郷」そして「幼馴染」ということもあって、慣れない地での強い友だちとなります。そして、そんな心強い「パートナー」がそうしたパートナーになるまで、そう時間はかかりません。

長い年月会っていなくて、お互いに幼いころの姿しか知らないため、大人になった相手に魅力を感じるのです。偶然の再会というのはなんとも不思議な縁でもあるのです。

大人になって久しぶりに連絡したとき

Phone Old Year Built 1955 - Free photo on Pixabay (554681)

全く会っていなかったり会話をしていなくても、大人になるとなんらかのタイミングで連絡を取り合うこともあります。例えば同窓会の幹事をしていて、その出欠確認で連絡をとることになったり、昔のことで何か確認をしたいことがあって連絡をしてみたり・・そんな機会はいくらでもあります。

久しぶりに連絡をする際というのは、用件だけをぱっぱと話すことはしませんよね。「久しぶり!今何してるの?実は・・・」と言った具合にお互いの近況を話したりすることが多いです。

そんな時、思いのほか話が弾み、本来聞きたかった話よりも盛り上がり、「また連絡するね!」「会わない?」なんてことに発展していきます。特に、お互い結婚をしていなかったり恋人がいない場合などは、こうしたケースに発展しやすいです。

同窓会

People Male Woman - Free photo on Pixabay (554684)

意外と多い出会いの場は、「同窓会」です。幼馴染は地元も一緒で小・中学校と同じ学校に進学する人もたくさんいます。しかし思春期真っただ中ということもあり、近くにいるにも関わらず疎遠になるケースだってあります。

それが、成人式などで同窓会をすることになったとき、姿は近所でたまに見かけるけど話すタイミングのなかった相手と話せるようになります。そこでぐっと距離が縮まり、いままで空いていた時間を生めるように近づいていきます。

同窓会をする時期というのは、成人式であったり20代半ば、もしくは30代になってからなど、「大人」になってから開催されることが多いため、久しぶりに話す姿を見て、なんだかそうした感情が芽生えることも珍しくありません。そして、お酒も入っているためそのままホテルへ行く、なんていうエピソードもあります。

幼馴染とのセックス体験談

Tv Man Watching - Free photo on Pixabay (554687)

幼馴染とのセックスに憧れる人は多いものの、実際にあなたの回りでそうした話を聞いたことはありますか?これは、実際にエピソードを聞いたことがある人というのは、あまり多くないはずです。やはり通常の恋愛と異なり、「幼馴染」という間柄での恋愛、経験なため、オープンに話せない人がほとんどです。

しかし、幼馴染同士での恋愛であったり、セックスという体の関係を持つことは決して悪いことでもないですし、普通の男女と何ら変わらないので堂々としてていいのです。

次は、幼馴染とセックスをしたことがある人の体験談をご紹介します。ハッピーエンドを迎えた人、ちょっと遊んでみた人、必ずしもハッピーエンドにはならなかった人、たくさんいます。あなたはどうですか?経験のある方は照らし合わせながら見てみてください。

職場で再会して恋愛関係に、そして結婚

Bloom Blossom Bouquet - Free photo on Pixabay (555544)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪