【男女別】タイ人のセックスで見られる特徴!喜ばれることは?

親日家であり同じアジア圏という理由から、タイ人を好意的に受け止めている日本人は少なくありません。魅力的な外見を持っている人も多いことから、恋愛や性の対象として考えている人も多いことでしょう。しかし、タイ人と日本人のセックスや恋愛観は、大きく異なるのです。

同じアジアでもタイと日本のセックス文化は全く違う

Asia Woman Bath Washing - Free photo on Pixabay (719784)

近年、物価が安いこと、魅力的な観光地が多いことから、タイへ旅行する日本人が急増しています。親日家が多いことで知られるタイでは、楽しい思い出を作ることができ、再び訪れる日本人も少なくありません。また、日本で暮らすタイ人も増加傾向にあり、日本人とタイ人は密接な関係を築いていると言えるでしょう。

このように頻繁に接触する外国人であるため、タイ人を恋愛対象、性的対象として考えている日本人も増え始めました。近しい文化を持ち、頻繁に接触しているタイ人であっても、日本人と恋愛や性的特徴が大きくかけ離れていることをご存知でしょうか。

それらを理解せず、安易に恋愛・セックスを希望する日本人が後を絶ちません。性格や習慣が一致していても、セックスが不一致であれば明るい未来を望むことはできないでしょう。今回、POUCHS編集部では、タイ人との恋愛を手助けするべく、タイ人のセックス文化についてまとめました。
Umbrella Asia Myanmar - Free photo on Pixabay (719785)

タイ人を恋愛対象、性的対象として考える前に、異なる点について理解を深めてみましょう。違いを理解することができれば、対策を立てることも工夫して円満な関係を築くことも可能となるのです。

このように、POUCHS編集部では女性の恋愛・ライフスタイルを応援する記事を多数取り扱っています。タイ人だけではなく、国際結婚・国際恋愛を望む女性を手助けする記事を多数取り扱っておりますので、そちらも合わせてご活用ください。

タイ人とのセックス体験談

Sex Toy Bad - Free photo on Pixabay (719777)

国際恋愛、国際結婚で最も重要な事柄は、違いを理解し合うことです。文化や習慣の類似点は、意識しなくても好意的に受け止められますし、破局などの大きなデメリットになり得ません。つまり、国際恋愛、国際結婚の破局の要因は、お互いの違いを理解していないことが要因なのです。

国際恋愛、国際結婚で破局してしまうと、これまで好意的に受け止めていた相手国にもネガティブな印象を持ってしまいますし、国際的な人間関係についても、批判的な印象を持ってしまう恐れがあります。恋愛、性行為を始める前に、相手を知ることは非常に重要な事なのです。

ここからは、タイ人とのセックス体験談についてご紹介していきましょう。お互いを理解していないことで生じる、リスクへの注意喚起の意味を込めて、主に失敗談についてご紹介していきます。

セックスの回数で破局

Feet Bed Sleep In - Free photo on Pixabay (719778)

日本に留学していたタイ人女性と、20代前半の社会人男性との体験談をご紹介します。飲食店で知り合い、タイ人女性の外見や明るさに惹かれた男性は、食事に誘いだしました。食事の後、ダメもとでホテルへ誘ったところ、あっさりOKしてもらえたため、男性は軽い気持ちでホテルにチェックインします。

自分から衣服を脱いだり、前戯もほとんどしないまま挿入したことにたいして、雑さは感じたものの男性は絶頂を迎えました。後戯のつもりで抱きしていたところ、タイ人女性が2回目を要求します。男性は疲れていたものの、女性の要求に応えました。

2回目が終わっても、女性は体をすり寄せてきます。さすがに断ると、タイ人女性は不機嫌になりますが、何とかなだめ就寝しました。翌朝、男性はたたき起こされ再び体を求められます。最終的に、1日だけで5回も性行為することとなりました。
Hands Couple Red X - Free photo on Pixabay (719781)

セックスの回数は次第に減っていくだろうと考えた男性は、その後もしばらくタイ人女性と交際を続けます。しかし、いつになってもセックスの回数は減りませんでした。次第に、タイ人女性のセックスに応じることに疲れを感じ始めます。

また、セックスしたいだけなのではないかと考えるようにもなりました。結局、セックスの回数について話し合うこともないまま、男性はタイ人女性と連絡を絶ちます。タイ人女性の外見は魅力的で、明るく前向きな性格でもあったことから、セックスの回数だけがネックだったと男性は話していました。

淡白過ぎてがっかり

Bed Bedroom Blanket - Free photo on Pixabay (719783)

語学学校で知り合ったタイ人男性と、日本人女性の体験談についてご紹介します。タイへの永住を考えていた女性は、語学学校に通い、そこでタイ人男性と知り合いました。シャイで奥手な部分に惹かれ、すぐに交際することとなります。交際後、初めてタイ人男性の自宅に招かれ、セックスを行いました。

シャイな男性だったことから、女性経験はそれほどなく、自分がリードしなくてはと女性は考えていたようです。しかし、いざセックスが始まると、タイ人男性は非常に積極的で、女性は普段とのギャップに驚きました。さらに驚いたのは、セックスの内容です。
Silhouette Couple People Man - Free vector graphic on Pixabay (719782)

前戯もなく、すぐに挿入され数分で終了しました。終了後、スキンシップをしていると、すぐに2回戦が始まります。余韻に浸る間もなく、タイ人男性は一方的に腰を振り、そして再び果てました。3回目が終わると、男性はすぐに服を着てそのまま眠りこみます。

残された女性は、1人寂しくシャワーを浴び、そのまま帰宅したそうです。タイ人男性の、恥ずかしがりながら優しく接しようとする普段の姿に女性は惹かれていましたが、一方的なセックスに愛情が感じられないと思い、そのまま別れることにしました。タイへ永住する計画も、見直しになったようです。

タイ人のセックス基本情報

Monk Walking Rose Petals - Free photo on Pixabay (719771)

前項でご紹介したタイ人とのセックス体験談からも分かるように、同じアジア圏であっても、好意的に受け止めている相手同士であっても、セックスの違いは当然見られます。問題なのは、習慣や文化の違いであるにも関わらず、意図的に意地悪されている、愛情がないと誤認してしまうことです。

タイ人や他海外では、日本と違った習慣があり、文化が存在しています。セックスは、それらと密接な関係を持っており、悪意によって相違が生まれるわけではないのです。ここからは、タイ人のセックスに関する基本情報についてご紹介していきましょう。

タイ人全てに当てはまる項目ではありませんが、一般的なセックスで見られる特徴として覚えておいてください。

1回の時間が短いが回数が多い

Hourglass Time Hours - Free photo on Pixabay (719773)

タイ人のセックスは、1回の時間が短いという特徴を持っています。日本人同士のセックスでは、前戯と呼ばれるスキンシップの時間があり、それらにかかる時間は15~20分程度です。しかし、タイ人の前戯は10分前後であり、前戯を行わないことも珍しくありません。

タイ人のセックスでは、挿入が早く内容も淡泊であることから、1回にかかる時間が非常に短くなります。しかし、1晩で行うセックスの回数が、多いという特徴も持っているのです。タイ人とのセックスは、1回1回の時間は短いものの、平均的に4~6回程度行うというデータも存在しています。

婚前交渉できる

Bride Groom Matrimony - Free photo on Pixabay (719775)

タイは、仏教の信仰に熱心な国です。国民の90%以上の人々が、仏教徒だと言われています。信仰に熱心だという特徴から、婚前交渉できないという印象を持たれがちですが、タイ人とは婚前交渉つまり結婚前にセックスすることも可能です。

タイでは、同性恋愛はもちろん、性産業も充実しているため、仏教徒らしからぬ特徴も存在しています。性行為の初体験平均年齢について、タイ人を対象に行ったアンケート結果は、男性であれば16.6歳、女性であれば17.93歳となりました。

日本の場合、初体験平均年齢は男女共に20歳だったことから、タイは性に積極的で寛容な国であることがわかります。しかし、婚前交渉について、同じタイ人であっても全く異なる価値観を持っている人々も存在するのです。

信仰心によってセックスやキスの価値観が異なる

Young Couple Kiss - Free photo on Pixabay (719776)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪