2019年6月25日 更新

彼氏が会ってくれない理由と対処法!別れたい時にすべきこととは?

彼氏が突然会ってくれなくなるのはとても淋しく不安な気持ちになります。仕事ならまだしも原因不明の場合には、次第に彼氏への不満が爆発し「別れたい」なんて思ってしまう方もいるのではないでしょうか。それでは何故あなたの彼氏が会ってくれなくなったのかをみていきましょう。

彼氏が会ってくれないことについて

Woman Portrait Girl - Free photo on Pixabay (413784)

あなたは今、付き合っている彼との関係に胸を張ってうまくいっていると言えるでしょうか。毎日メールや電話などでやり取りをしたり、定期的にデートをするなど当たり前とも思える良好な関係は築けているでしょうか。

昔は頻繁に彼から会いたいと言ってくれたのに、最近ではなかなか時間を作ってくれなくなったなんて事はありませんか?ましてや会えないだけではなくメールの回数までも減ってきて不安に思う女性もいるでしょう。

彼が今何を考えているのか、何故会ってくれなくなったのか、妄想ばかりが広がって疲れてしまうでしょう。ここではその原因と対処法をみていきます。

彼氏が会ってくれないと出てくる不安

Girl Sitting Jetty - Free photo on Pixabay (411609)

付き合っている彼がいきなり会ってくれなくなったら、あなたならどんな不安が真っ先に浮かぶでしょうか。嫌な事ばかりイメージして彼を責める気持ちが勝る人、はたまた自分の欠点を探す人様々ですが、いったいどんな不安に悩まされるのでしょうか。

浮気されているのではないか

On A Yacht Sweethearts Kiss - Free photo on Pixabay (404767)

彼がなかなか会ってくれなくなった時、もしかしたら浮気をされているのではないかと疑ってしまう女性もいるのではないでしょうか。「会えない日に他の女性と会っているのかも」「他に気になる女性が出来たから冷たいのかも」などと妄想ばかりが膨らむでしょう。

中には彼が飲み会に行くと言っていた日にちを遡って調べ、「この日から様子がおかしい」などとまるで探偵の様になってしまう方もいるのではないでしょうか。

しかしそれはあくまで妄想です。彼の行動を思い返して詮索ばかりしていたらあなたの身がもたないでしょう。根拠のない疑いは一度考える事をやめ、あなたも自分自身の時間を有意義に使ってみましょう。

嫌われたのではないか

Sad Girl Sadness Broken - Free photo on Pixabay (404793)

今まで仲良く付き合っていたはずの彼が冷たくなった原因は自分にあるのかもしれない。そんな風に自分自身に責任を感じてしまう方も多いでしょう。中には彼に幻滅されてしまう様な事をした覚えのある方もいるのではないでしょうか。

嫌われたのではないかと思ってしまうのは、多少なりとも日頃から自分の言動に自信を持てていない気持ちのあらわれでもあるでしょう。彼に人の愚痴ばかりを言っていたり、女性らしさを失い下品ともいえる言動をとっていたりと様々でしょう。

思い当たる節がある方は、日頃の態度を改めて彼に誠意を見せてみましょう。反対に全く心当たりがない方は自分を責めるのはやめましょう。彼が再び向き合ってくれるまで気長に待つことも大切です。

自然消滅を狙われているのではないか

Heart Broken Separation - Free image on Pixabay (404823)

自然消滅は悲しみのやり場がなく出来るだけ避けたい別れ方でしょう。しかし実際には、付き合っている彼女に別れを切り出しづらい為、徐々に音信不通になる男性も多くいます。なかなか時間を作れないのを理由に彼女が愛想をつかして去る事が狙いでしょう。

また、彼女が痺れを切らして他に気になる男性でも出来てしまえば、罪悪感も薄れ被害者の立場で終わらせる事が出来る為彼にとっては好都合でしょう。

これが単なる不安で終われば良いですが、もしも真実であればとても悲しい事ではありますが、どんな理由があるにせよそんな責任感のない彼とはダラダラ関係を続けていても時間の無駄です。早めに見切りをつけましょう。

別れ話を切り出そうとしてるのではないか

Portrait Anger People - Free photo on Pixabay (404810)

もっとも恐れるのは、彼が別れを考えているのではないかという不安です。連絡が来なかったり、会ってくれない間に彼が別れを考えているのであれば出来るだけ阻止したいところです。

どんどんと不安が募り、彼が何を考えているのか、どの様に彼と接すれば良いのか悩んでしまう事でしょう。しかし不安な気持ちが先走り早まってはいけません。彼に別れを切り出される前にと感情をぶつけない様にしましょう。

別れなど考えていない場合にはおもしろ話に変えられますが、本気で別れを考えている場合は彼の気持ちを更に遠ざける原因となります。空回りしない様に気をつけましょう。

彼氏が会ってくれない理由

Idea Innovation Imagination - Free photo on Pixabay (413773)

彼が会ってくれない時に出てくる不安はいくつかありましたが、それらはあくまで各々の性格や価値観、彼との関係性が影響していました。それでは、実際に彼女と会おうとしない男性はどの様な理由や悩みを抱えているのでしょうか。

ただ仕事が忙しい

Laptop Office Hand - Free photo on Pixabay (404945)

仕事が忙しく夜遅くまで働き、土日も出勤している男性は多くいるでしょう。それによって彼女に淋しい思いをさせてしまっている事も理解している事でしょう。

共働きが定着しつつある現代においてもやはり男性にとって仕事は、家庭を支えていく為には最優先しなければならないものです。更には仕事漬けの日々なので休日はゆっくりしたいと思う方もいるでしょう。

会いたい気持ちはどんどん増す一方ですが、そんな忙しい彼とこれから先も長く過ごす為にも理解を持つ事が大切です。決して自分と仕事を比較などせず、寛大な心で彼を見守りましょう。

元々受け身な性格をしている

People Man Urban - Free photo on Pixabay (407841)

男性に限らず受け身な性格の方は自ら行動を起こす事がやや苦手でしょう。どの様にして気持ちを伝えたらいいのか分からなかったり、実際に行動に移すとなるとためらってしまいます。

そんな受け身な彼は、会いたいと思っても自分から思いを伝える事は少ないでしょう。また、さりげなく会いたいサインを出しているけど、あなたが気が付かずに過ごしているかもしれません。

もしくは、会おうと言われれば会うというタイプかもしれません。その場合には、「会いたいのは私だけ?」などとマイナスにならず、会ってくれる事が不器用な彼の最大の愛情表現と捉えてどんどん誘いましょう。

会わなくても大丈夫と思っている(※彼女の寂しさに気づいていないなど)

People Man Woman - Free photo on Pixabay (407849)

1 / 4

94 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

彼氏の元カノが気になる!嫉妬する心理と嫉妬心を消し去る方法

彼氏の元カノが気になる!嫉妬する心理と嫉妬心を消し去る方法

彼氏の元カノが気になる…そう感じていませんか?あなたがそう感じてしまう深層心理は、元カノへの嫉妬心です。その嫉妬心は男性の元カノへの心情を理解できないから起こるもの。なぜこのような心理に陥ってしまうのか原因を分析し、嫉妬心を消す方法についてご紹介しましょう。
「俺のこと好き?」と聞く男性心理!上手な返事の仕方は?

「俺のこと好き?」と聞く男性心理!上手な返事の仕方は?

「俺のこと好き?」と男性に聞かれるとドキドキすることもあれば、迷惑に思うこともあります。どのように返事をするのが正解なのでしょうか?この記事では「俺のこと好き?」と聞く男性心理や特徴、好きな人と付き合いたくない人別で返事の仕方などを紹介していきます!
犬系彼氏の特徴と上手な付き合い方!相性がいいのは猫系彼女?

犬系彼氏の特徴と上手な付き合い方!相性がいいのは猫系彼女?

犬系彼氏の特徴や相性は皆さんご存知でしょうか。犬系彼氏は多くの女性に人気で、モテるタイプとも言われています。このような犬系彼氏を飼い慣らす人もいるほどで、女性には魅力的に感じられています。犬系彼氏とは反して猫系彼女も注目されているので合わせてご紹介します。
彼氏に飽きた時の対処法とは?飽きる原因や飽きた瞬間と原因も

彼氏に飽きた時の対処法とは?飽きる原因や飽きた瞬間と原因も

「なんだか最近、彼氏に飽きてきた気がする…」そんな女性は必見です!この記事では、彼氏に飽きた原因や飽きた時の対処法を紹介していきます。彼氏に飽きたと感じた時点で、対処法を実践する必要があります。そうでなければ別れに繋がる恐れもあらでしょう。
連絡くれない彼氏の心理とは?対処法と寂しい気持ちの解消方法

連絡くれない彼氏の心理とは?対処法と寂しい気持ちの解消方法

彼氏から連絡がなくて寂しい思いをしている女性はいますか?今まで連絡があったのに、急になくなると不安になります。何で連絡をくれないのか理由がわからなく、悩んでいる人も多いでしょう。連絡くれない彼氏の心理とは何なのか、連絡が来るようになる対処法もご紹介します。

この記事のキーワード