中国人のマナーが悪いと感じる理由は?日本だけでなく海外の反応も

あなたは中国人の人に対してどのような印象を持っていますか?多くの人はマナーが悪いと感じていることが多く、それは日本を訪れている観光客によって抱いたイメージだと言えます。中国人のマナーの悪い理由や海外の反応についてこの記事では解説を行います。

目次

この記事では既に解説を行いましたが、中国の経済発展は近年目覚ましいものがあります。そのため世に言う「お金持ち」という存在が急増しました。

しかしながら、海外の多くの国では日本のように「お客様は神様」といった精神を持ち合わせていません。お店とお客は対等と言うのが一般的な概念です。

そのため、マナーや礼儀を心得ていない中国人に対して容赦なく退店命令を出すこともあります。つまり、お金以上に大事な物を理解できていない人は購入やサービスを受ける資格すらないのです。

アジア人は教養が低いと感じる

People Woman Travel - Free photo on Pixabay (468749)

アジア圏で最も大きな国は中国です。そのため中国人のイメージがそのままアジア人のイメージと結びつけられてしまうことが多いです。そのため中国人のマナーが悪いだけでアジア圏全般のアジア人は教養が低いと思われてしまうのです。

こういった理由から日本人や韓国人の人も中国人と等価値とされてしまうことが非常に多いです。また、中国人が作り上げた「アジア人は教養が低い」というイメージを払拭することは難しいとされています。

中国人のマナーが悪い理由

Question Mark Hand Drawn Solution - Free photo on Pixabay (468753)

日本や外国の方が抱いている中国人に対するイメージについて認識することができたと思います。中国人の評価が悪いのは日本に限定された話ではなく、世界共通の事案とも言われています。

しかしながら、そこで1つの疑問が生じたはずです。なぜ中国人のマナーは悪いのでしょうか?ここからは、その理由について解説を行います。

以下の項目が中国人のマナーの悪い理由とされている事柄です。これらの理由によって中国人のマナーは悪いとされています。

文化の違い

Grand Palace Bangkok Temple - Free photo on Pixabay (468757)

まずマナーの悪い理由として文化の違いが大きな理由とされています。これは中国という国の長い歴史が関係しているとされています。

日本も同様ですが、中国は世界の中でも比較的に長い歴史を持っている国です。そのため、ヨーロッパや欧州文化とは異なり、独立した文化を有しているのです。

また、文化は受け継がれることが多いので中々他国のように文化・価値観を変えることができないのです。これらの文化の違いが現代に反り合わない価値観・思考を持たせているとされています。

各国のマナーを知る機会がない

Artificial Intelligence Brain - Free image on Pixabay (468761)

アジア圏は比較的に閉鎖的な文化がある傾向にあるとされています。そのため日本でも海外の文化が受け入れられるようになったのは約50年前とされています。それまで欧米文化に対しては批判的な意見が多かったのです。

中国も同様に他国に対して閉鎖的な部分があると説いている人もいます。その結果、各国のマナーに対して批判的な意見があったり、情報を制限されているときが多いです。

その結果として各国のマナーについて触れる機会が少なかったり、知ることができないなんてこともあります。

教育

 (468764)

中国の教育は日本以上に厳しいものがあります。なぜなら、日本以上に「統一性」を重視した内容になっているので、中国の文部科学省によってかなり情報が操作されています。

その結果として、他国の間違った情報を得るようになったり中国が世界でも一番の国であるといった旨の情報を頭に記憶することになります。

こういった教育内容によって子供の頃から偏った知識・間違った情報を得てしまうことになるのです。もちろん、多くの国民はその知識が正しいものと認識しているので「自分たちが正しい」と思い込んでしまうようになります。

相手より自分尊重の国民性

Man Board Drawing - Free photo on Pixabay (468768)

中国は一昔前まで発展途上国に区分されていました。また、数多くの食料不足、人口飽和問題に苦しまされてきました。その結果として「相手を敬う」というマナーの基礎的な部分を守っていたならば、自分達が死んでしまうという生活を過ごしていました。

その結果として「相手よりも自分尊重の国民性」になったとされています。その国民性が「周囲の環境に気を配ることができない」「マナーの知識が皆無」といった人を誕生させてしまうことになったとされています。

マナー・モラルがないのは一部

City Street Traffic Urban - Free photo on Pixabay (468774)

ここまでの記事を読むと「中国人の全員がマナーを守れない人」と認識してしまいそうになりますが、そのようなことはありません。マナーやモラルを守れない中国人は一部だけです。

実際にマナーやモラルを守れていない人達は一定数存在しているものの、中国が発展すると同時に減少傾向にあるとされています。

しかしながら、なぜ中国人のマナーは悪いイメージが拭えていないのでしょうか?これはメディアが「中国人はマナーがなっていない」と錯覚させているとされています。

マナー批判を受けている事に自覚はあるのか

Question Worry Wonder - Free vector graphic on Pixabay (468776)

1つ前の項目で中国人のマナーの悪い理由について解説を行いました。中国人が引き起こすマナーのなっていない言動にはバックヤードが存在しているのです。

ここからはその中国人はマナーに関して批判を受けている自覚があるのかについて解説を行います。日本や世界各国から指摘や注意、入店拒否といった処遇を受けた結果、中国人にどのような変化が起こったのかを解説します。以下の事柄が批判を受けたことによる改変です。

自覚はある

 (468780)

中国人旅行者が一気に世界中へ訪れた際に様々な注意・指摘を受け、さらに入店拒否といった対応まで取られてしまったことによって「自分達はマナーを守れていない」と感じてしまった人は多いとされています。

また中国の空港に完備されている「マナーに関係するパンフレット」は必ず旅行者に配布されるようになっており、それによって意識改革が起こったとされています。

今現在、中国人観光客を入店拒否しているお店は存在していますが、少しずつ減っている傾向にあります。

恥を感じている

 (468783)

3 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪