草刈正雄の若い頃がイケメンすぎる!元祖イケメンハーフの歴史を振り返る!

いまもなお還暦を過ぎてもとっても格好良い草刈正雄さんですが、若い頃もとっても素敵だということをご存知ですか?そんな草刈さんの若い頃の華々しい経歴から家族とのなれそめに至るまであらゆる情報を写真とともにお伝えしていきたいと思います!

草刈正雄のプロフィール

【公式】連続テレビ小説「なつぞら」 on Instagram: “夕見子が駆け落ちした相手・高山(須藤蓮)が、なつには泰樹さんに見えたようです。高山と同じ服を着た草刈正雄さんをパチリ。⠀⠀#朝ドラ #なつぞら #草刈正雄” (555596)

現在もドラマや映画や様々なシーンで二枚目で演技派の俳優さんとして大活躍の草刈正雄さん。
まずはじめに草刈さんのプロフィールからご紹介していきます。

草刈正雄のプロフィール

ちょびん on Instagram: “草刈正雄が語る「スランプを救った大女優の一言」若尾文子に「あんたはタッパもあるし、舞台をおやりなさいよ。」と励まされた。#草刈正雄 #俳優 #若尾文子 #女優 #スランプ #舞台” (555607)

草刈正雄さんは1952年9月5日生まれの福岡県小倉市(現在は北九州市)出身の俳優さんです。
血液型はO型で左利き、身長は185cmという高身長です。

17歳のころアルバイトをしていたスナックのマスターが「正雄は見てくれが良いから、モデルになったほうが稼げるかもしれないよ」と東京のモデル事務所を紹介してくれたことがきっかけでたまたま福岡県で開催されたファッションショーを見に行った際にスカウトされ、17歳で上京したそうです。

1970年には大手化粧品メーカー資生堂の専属モデルになり甘いルックスと軽快な語り口調で人気を博し2年ほどファッションモデルの経験のあと俳優へ転向されました。
それからはうなぎ登りに人気を博し、1974年に東宝の専属俳優として映画や大河ドラマ、そして自分の出演作での主題歌を歌いオリコン年間77位のヒットも生み出しました。

その人気は現在になった今でも健在でさまざまなドラマや映画などで活躍されています。

元祖ハーフ俳優の草刈正雄

@isa_kitaq on Instagram: “小倉城流鏑馬行事のゲスト小倉出身の俳優草刈正雄さん(撮影可)#小倉城リニューアル #小倉城 #草刈正雄#北九州 #なつぞら #真田丸” (555627)

草刈正雄さんはその日本人離れした端正な顔立ちからハーフということがすぐに分かります。
そして世間からも「元祖イケメンハーフ俳優」として注目を集めてしました。

実際の草刈さんの父はアメリカ人兵士だったそうですが、草刈さんが母親のお腹に居る最中に朝鮮戦争で亡くなってしまっており、父の死後に母親が父の写真を全て処分してしまっており草刈さん自身は父の顔は知らないそうです。

幼い頃のあだ名は「バービー」だったそうで近所からも「バービーちゃん」と呼ばれていたそうです。
後に草刈さんが立ち上げた自身も所属する事務所「バービィオフィス」もそのあだ名が由来かもしれません。

草刈正雄の若い頃がイケメンすぎる

Nabe_san (ナベさん) on Instagram: “⭐️ ⭐️もう一つ新選組のお話 ⭐️NHK朝ドラ『なつぞら』毎回楽しみに観ています。広瀬すずさん、松嶋菜々子さん、柄本佑さん、いいですね〜!👏 ⭐️もちろん、草刈正雄さんも👍…” (555650)

現在でも十分イケメンな草刈正雄さんですが、若い頃のイケイケの草刈さんはどんな感じだったのでしょうか?
色々な年代の草刈さんをご紹介していきたいと思います。

草刈正雄の幼少期

山登 on Instagram: “#草刈正雄の幼少期” (558432)

草刈正雄さんは先程も紹介したように母は日本人、父はアメリカ人のハーフでした。

幼少期は「バービー」と呼ばれ、母には厳しく育てられ、家が貧しかったため小学生の頃から新聞配達や牛乳配達の仕事をしていたそうで、当時は6畳1間の家で暮らしており贅沢はできず、自分の稼いだお金で母にテレビを買ってあげたりしていたそうです。

そんな草刈正雄少年の楽しみは東映の時代劇を見ることや、地元北九州市立界隈の小倉祇園太鼓などに参加することだったそうです。
山登 on Instagram: “#草刈正雄の幼少期” (558435)

写真を見ると幼少期からもうイケメンオーラが出ていますよね。

小学校のころから学芸会「火の山」で主役を演じたりとこのころから俳優への道のりは始まっていたのかもしれません。

草刈正雄の若い頃

山登 on Instagram: “#草刈正雄の若い頃” (558444)

中学卒業後は、世界文化社の代理店で本のセールスや小倉の文具店の配達員などで働きながら、福岡県立小倉西高等学校の定時制に通っていたそうで、軟式野球部のピッチャーして全国大会にも出場したそうです。

配達員の給料は基本給に加えた歩合制で、「一番いい時で4万ちょっといった」と番組で話されていました。
さらに夜はバーで働き家計を支えたそうです。
山登 on Instagram: “#草刈正雄の若い頃” (558448)

その後働いていた先のバーで「正雄は見てくれがいいから、モデルになったほうが稼げるかもしれないよ」と、東京のモデル事務所を紹介され、たまたま福岡市で開催されたファッションショーを観に行った際にスカウトされ、17歳で上京して東京都立青山高等学校定時制に転校し、卒業。上京後約2年で地元から母を東京に呼び寄せたそうです。

資生堂の専属モデルとして一躍有名に

山登 on Instagram: “#草刈正雄資生堂” (558460)

上京してほどなく美貌の中にあどけなさが残る素晴らしいルックスの草刈さんは1970年CMディレクターの杉山登志さんに起用され有名大手化粧品メーカーの資生堂の専属モデルとして起用されます。

当時人気だった団次郎さんの弟分としてデビューし売れっ子への階段を着実に上がっていきます。

MG5という資生堂の日本初の本格的男性用化粧品ブランドでヘアリキッドやヘアケア商品などを中心に発売し「マンダム」などはMG5の人気シリーズとして愛され現在でも発売されています。

東宝の専属俳優として活躍

山登 on Instagram: “#卑弥呼お仕事で使うので連投すみません” (558466)

2年余りファッションモデルなどを努めた後、俳優養成所の野中塾で演技を学び俳優に転向します。

そして1974年には東宝専属の俳優となり、映画「卑弥呼」でデビューします。
その後も続けて映画「沖田総司」に沖田総司役で出演すると端正な顔立ちの沖田総司に世間はたちまちファンになったそうです。
山登 on Instagram: “#草刈正雄沖田総司” (558469)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪