大竹マネージャーの現在は?今もバンド活動をしてる?

人力舎所属で東京03のマネージャーをしていた大竹マネージャーを知っていますか?大竹マネージャーは大竹まことの息子であり、現在はash&dに所属しています。この記事では、大竹マネージャーの弾ける楽器や音楽センス、結婚の有無などを紹介していきます。

とある番組で異質な雰囲気を放った人物

Tie Necktie Adjust - Free photo on Pixabay (713172)

あなたは「大竹マネージャー」を知っていますか?芸能界には名物マネージャーと呼ばれるような、芸能人に人気なマネージャーがいます。しかし、大竹マネージャーはとある番組に出演したことをキッカケに、有名になったマネージャーです。

マネージャーでありながらたくさんの人々から支持を受け、注目されました。この記事では、そんな「大竹マネージャー」について紹介していきます。

「大竹マネージャー」を知らない!という方や「大竹マネージャー」について詳しく知りたい!という方は必見です!

大竹マネージャーとは

まずは「大竹マネージャー」とは、どのような人物であるのか?紹介していきます。「大竹マネージャー」のプロフィールを紹介するとともに、「大竹マネージャー」が一躍有名になった経緯についても紹介します。

本名は大竹涼太

溜口佑太朗 on Instagram: “スタッフさんが「せっかくですから」と言って3人で撮ってもらった。せっかくですから?#大竹マネージャー#同い歳” (714533)

まずは「大竹マネージャー」のプロフィールを紹介していきましょう。「大竹マネージャー」の本名は、大竹涼太(おおたけ りょうた)です。

1984年6月11日生まれであり、現在35歳です。大竹マネージャーはあくまでマネージャーであるため、芸能人のように多くの個人情報が公開されているわけではないようです。

学歴はや出身学校はわかっていません。幼少期から音楽に触れ合うことが好きで、部活動でオーケストラ部に所属したり自分でバンドを組んだらしていたようです。

注目されたのはマジ歌選手権

角田 晃広 on Instagram: “本日18時30分から、『ゴッドタン 最初でたぶん最後のゴールデンスペシャル』最初から観てください。#東京03#大竹マネージャー#マジ歌 #自己泥酔#ライブビューイング#映画館決定#詳しくはブログ#sensitivebrothers” (714535)

続いて「大竹マネージャー」がどのような経緯で注目されたのか?紹介していきます。「大竹マネージャー」が注目されたのは、ある番組に出演したことがキッカケでした。

マネージャーがテレビ番組に出ることは、ほとんどありません。しかし、「大竹マネージャー」はマジ歌選手権に出演しています。マジ歌選手権は芸人がマジで作った歌を発表する、人気深夜番組です。

牛乳を口に含んだ審査員が全員吹いてしまったら演奏終了というルールです。MCはおぎやはぎが務めています。

東京03のマネージャーであった

角田 晃広 on Instagram: “ゴッドタンSP芸人マジ歌選手権ありがとうございました!そして、バナナムーンGOLD超内々紅白歌合戦にも東京03出場できたー。#東京03#大竹マネージャー #マジ歌#バナナムーンgold” (714532)

「大竹マネージャー」がマジ歌選手権に出演した時、「大竹マネージャー」は東京03というお笑い芸人のマネージャーをしていました。東京03の1人である角田は、マジ歌シンガーとしてマジ歌選手権に出演していました。

「大竹マネージャー」その角田のサポート役として、出演したのです。歌う角田の横で「大竹マネージャー」はピアノやベース、トランペットを演奏しました。角田と共に歌うこともありました。

楽器の演奏や歌の才能などにより、「大竹マネージャー」は一躍有名になったのです。

2009年にメジャーデビュー

@kuronelius on Instagram: “大竹マネージャー曰くASH&Dはポーランド映画の灰とダイヤモンドから命名していると。。。それにしても大竹マネージャーかっこよい!声もよいし、曲もよいし、デビューしたらいいのに。角ちゃん負けとるわ!w#大竹まこと#大竹涼太#ゴッドタン#マジ歌” (714536)

「大竹マネージャー」はマジ歌選手権に東京03の角田が出演するたび、共に出演するようになりました。それだけ「大竹マネージャー」の素晴らしい演奏を見たい人が多かったのでしょう。

2009年にはマジ歌選手権用に作った曲で、東京03の角田とメジャーデビューも果たしています。曲名は「若者たちへ」です。マジ歌選手権用で作られているため、面白い要素がふんだんに含まれた曲です。

また、この曲では「大竹マネージャー」のキーボードのテクニックも披露しています。

大竹マネージャーが演奏した楽器

Stained Glass Spiral Circle - Free photo on Pixabay (714537)

「大竹マネージャー」のプロフィールや、有名になった経緯を紹介しました。「大竹マネージャー」は「マネージャーでいることが勿体無い!」と言われるほど、抜群の音楽センスを持っています。

「大竹マネージャー」はどのような楽器を扱えるのでしょうか?「大竹マネージャー」が演奏した楽器について4つ紹介していきます。

キーボード

Piano Music Score Sheet - Free photo on Pixabay (714538)

1つ目は「キーボード」です。「大竹マネージャー」と言えばキーボード!というイメージがある人も多いのではないでしょうか?

キーボードは、バンドに欠かせないものです。キーボードがいないバンドもありますが、ギターとドラムだけのバンドよりも、キーボードがいるバンドの方が曲の幅が広がります。

「大竹マネージャー」は幼少期からクラッシックピアノを習っていました。一番はじめに弾けるようになった楽器がピアノなのです。習い事としてやっているたピアノですが、キーボードの技術を見ると幼少期から絶えず続けてきたことがわかります。

ベース

Bass Guitar Chord Close-Up - Free photo on Pixabay (714539)

2つ目は「ベース」です。バンドの中では目立たないポジションだと思われがちですが、ベースがいなければバンドは成り立ちません。

マジ歌選手権では主役の角田よりも「大竹マネージャー」が目立ってしまうため、角田は「大竹マネージャー」に目立たないベースをやらせました。しかし「大竹マネージャー」のベースの腕前もプロ並みです。

目立たないどころか、目立ちまくりです!「大竹マネージャー」のベース演奏を見て「ベースってかっこいいな!やってみたい!」と思った人も多いことでしょう。

リコーダー

Whistle Music Woodwind - Free photo on Pixabay (714540)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪