フェラでイケない時の対処法!イケなくなってしまうオナニーを改善

せっかく彼女がフェラしたのに、彼の方がいかない…そんな場面に焦ってしまったというカップルは決して少なくありません。どちらのせいでもないことはわかっていても、恥ずかしさと焦りから関係がギクシャクしてしまうことも。そうなる前にオナニー改善法を学んでおきましょう。

目次

フェラでイケないから口内射精できない

 (618867)

まだあまりフェラチオ(以下「フェラ」)に慣れてい無い人、もしくはセックス自体の経験があまりないという人にとっては、「口内射精」という言葉もそこまで馴染みが無いのではないでしょうか。

コンドームを付けて行う一般的なセックスの際の射精は、ゴムの中に精子を出すことになります。一方、フェラの場合は口内射にペニスを含むので、口の中に思いっきり射精することになります。男性にとっては、中だしをしているときのような感覚を感じることが出来るということで非常に快感を感じることが出来ます。

もし男性がフェラされても最後までイクことが出来なかったら、この至極の口内射精まで達することが出来ず、男女ともに不満足ののままで終わったり、時には気まずい雰囲気になるということも。今回はそんな場合の対処法をご紹介します。

フェラでイケない彼氏に対する彼女の本音

 (618874)

セックスにおいて「イケない」のは男性にとっては非常に大きな打撃となります。恥ずかしい想いや彼女に対する悪い気持ち…。確かに女性の気持ちは落ち込みますが、それがどのような「不満」時には「不安」なのかは、男性陣はあまり的確に捉えられてはいない、というケースが多いようです。

せっかくフェラしたのに相手が反応しない、というシチュエーションでは女性はどのような想いを抱いているのでしょうか。

自信がなくなる  

 (619312)

「彼氏を喜ばせる為に頑張ろう」。多くの女性がパートナーを喜ばせたい気持ちで、恥じらいや驚きを抱えながらも成功させようと一心になります。

しかし、いくら頑張ったからといって結果が必ずしもついてくる訳ではないのが夜の営みです。勃起が男性にしかで出来ないように、フェラも女性にしか出来ないテクニックです。そのテクニック一つで男性の気持ち良さや射精のやりやすさが変わると考えている女性も多いようです。

それがフィニッシュまでいけなかったら当然、女性は「自分のやり方がまずかった…」と自己嫌悪に陥ってしまうことが多いでしょう。目の前で上手くいかなかったと戸惑っているパートナーを見ると、よけいやるせない気持ちにもなってしまいます。

本当に好きなのか疑ってしまう  

 (619321)

普段はお互いの愛を十分に確かめあっていても、不安が重なってしまうとその気持ちさえも「本当かな」「もしかして…」と不安になりがちです。フェラは男性にとっては快感を得られる「やってもらいたいテクニック」のトップ3に入ります。

そのフェラをしてもらっても射精しないということは、「気持ち良さ」を感じれていない、もしくは感じにくい状態ということになり、それが自分への気持ちの薄さの表れだと考えを繋げてしまう女性も多いです。

イカせられないからつまらない  

 (619337)

セックスやフェラの経験が豊富な女性にとっては、目の前の男性が自分のテクニックで快感を得られている状態を見ること、もしくはその結果として激しく射精できているということ自体が、自分自身にとっての快感にもなります。

自分だけの快感だけでなく「自分が気持ち良くさせてあげられた」ということに満足を覚えるのは、男性だけではありません。しかし、せっかく頑張ってもその反応が自分が想像していたものと大きく異なってしまうと、期待が大きいほど落胆する気持ちも大きくなってしまいます。

わざとイカないようにしているのかと思う

 (621931)

男性は思わぬところで、女性が想像できないことを考えるということもあります。もし女性が懸命にフェラをしているにも関わらずいかない、というのであれば「もしかしてわざと、いかないようにしているのでは」と勘ぐってしまう女性も多いでしょう。

考えられることとしては、そのフェラが気持ち良すぎるあまり続けてほしいため、射精を我慢している(=フィニッシュさせない)ということです。女性のテクニックに満足しているということで喜ばしいことかもしれませんが、女性からすると「満足している」気持ちを少しだけでも表してほしいという考えにもなります。

彼女のフェラでイケない時の男性の本音  

 (621946)

フェラで上手く男性をフィニッシュ(射精)まで持っていってあげられなかった時の女性の傷心に対して、男性側としてはどのような意見を持っているのでしょうか。

不満、それとも受容…。人によってそれぞれ意見はありますが、男性の本音は五分五分という結果が多いようです。

もっとフェラを練習して欲しい  

 (622553)

女性が上手くいかないときに限らず、男性陣は常に「女性にはこういうフェラをしてほしい」という希望があるようです。やはり男性にとっては数少ない「受け身」になって快感を得るテクニックになるので、それだけこだわりも強くなるのでしょう。

女性だけのせいでは無いとはわかっていても、やはりフェラで上手くいくことが出来なかった場合、パートナーに自分の理想のフェラの形に近づいてほしいと願うことが多いようです。しかしここで注意したほうが良いことは、あまり練習しすぎて熟練までしてしまうと、「遊び人」というイメージが付きやすくなってしまいます。

経験が少ない感じがして可愛い  

 (622565)

「フェラが上手でない」ことは決してマイナスイメージでは無いという意見の男性も、実は多くいます。経験が豊富ではないということは、今まで一人の人とじっくり付き合うスタイルできたという「清純派」の人という印象になるため、返ってそのぎこちなさも愛おしく思えてくるという考えです。

「処女」に対するイメージも、女性は「恥ずかしい」という感情を持ちがちですが、男性からすると「自分の色の染めてあげたい」という気持ちが出てきます。フェラについても同様で、経験が少なくても頑張っているという姿を見て、男性は嬉しくなるという意見です。

挿入でイキたいから問題ない

 (622576)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪