今すぐ確実に熱を出す方法!玉ねぎや首を振る方法の効果は?

人間誰しも今日は休みたいって時ってありますよね。そんな時、嘘や仮病を使ってまでズル休みをするのってなんか気が引けますよね。 そこで今回は、簡単に熱を上げる方法、本当に風邪を引く方法、仮病で体温計の温度を上げる方法をご紹介します。

人が多い密室で口呼吸

Closed Door Color · Free photo on Pixabay (64047)

マスクをしないで、人込みや人の多い密室の中で口呼吸をすることです。人がたくさんいる場所では埃も多く、いろいろな人がおり、いろいろなの種類のウィルスをもった人がたくさんいますので、その中で口呼吸をすることで、気道にウィルスが入り込んで炎症を起こし確実に風邪を引き起こします。

免疫力を低下させる

Motion Horror Fear · Free photo on Pixabay (64050)

一晩で確実に風邪を引くためには免疫力を低下させることです。元気な人であれば、通常ウィルスが体内に入り込んだとしてもそのウィルスに勝つだけの抵抗力を持っていますが、体の免疫力が低下しているとウィルスが体の中に入ると、体の免疫力がそのウィルスを退治することができず風邪を引き起こしてしまいます。

では、その免疫力を下げる一番の方法は寝不足になることです。夜遅くまでテレビを見たりと夜更かしをして、朝はいつも通りの時間に起きます。それを繰り返すことで睡眠不足状態を作ることが可能です。

人間は睡眠をすることで、その日の疲れを取り、翌日の活力を養っています。その寝ていない状態を作ることで日々の疲れを取ることができず疲れが溜まっていき、睡眠を取っている人に比べて体温も低下し免疫力が低下します。

室内を乾燥させる

Desert Dirt Dry · Free photo on Pixabay (64100)

通常ウィルスは空気中を舞っていますが、空気が乾燥している場所ほど浮遊しやすい状態を作ることができます。また、ウィルスは湿度のあるところより乾燥している場所を好むため、自分のいる場所をウィルスが好きな乾燥状態を保つことが重要です。

そうすることで、自分の喉が乾燥状態になり、唾液や喉の粘膜も乾燥していき、さらに風邪を引きやすくなります。このように、夏よりも冬の方が風邪が流行るのは、冬の方が空気が乾燥しているため、ウィルスがいっぱい繁殖することで風邪を引き起こします。

風邪をひいている人にもらう

Boy Child Sad · Free photo on Pixabay (64102)

続いての方法は風邪を引いている人のそばにいることです。ウィルスは飛沫感染をしますので風邪を引いている人と近くでおしゃべりをしたりすることで風邪をもらうことができます。ただし、潜伏期間はウィルスによって異なります。ごく一般的なライノウィルスであれば、潜伏期間は1~3日ですので、うまくいけば次の日には風邪を引くことができるかもしれません。

しかし、風邪を引いている人からウィルスをもらったとしても、自分の免疫力が強くてウィルスをやっつけてしまうかもしれませんので、先ほどご紹介した方法で免疫力を下げたうえでお試し下さい。そうすることで、一晩で熱を出すことができます。

無理をする

Risk Free Running World · Free image on Pixabay (64107)

先ほどの免疫力を低下させるのと似ていますが、無理をして体を疲れさせることです。睡眠不足になるのも一つですが、汗をかいた状態で汗もふかずにそのまま放置して体を冷やしたり、ストレスをかけながら仕事に打ち込む、不規則な生活を送る、一日働いた後で手洗いやうがいをせずに食事をするなど、体に負担をかけることで、今すぐにでも風邪をひくことができます。

学校を休みたい時のベストな言い訳

Shield Traffic Sign Note · Free image on Pixabay (64109)

明日は嫌なテストがあったり、嫌いな食べ物が給食ででたりと学校に行きたくない日もありますよね。そんな時にズル休みをした経験がある方も多いのではないでしょうか。

でも、ズル休みをしようと思ったら親の許可が必要になります。その際にどんな言い訳をしようか悩みませんか。ズル休みをすると罪悪感を感じるという人も多いと思います。そんなあまり罪悪感を感じることなく学校をズル休みする際に使える、POUCHSおすすめの言い訳をご紹介します。

どんな言い訳をしてズル休みしようか悩んでいる方は参考にしていただければと思います。ただし、ズル休みを推奨するわけではありませんので、ズル休みをする方は自己責任でお願いします。

腹痛

Abdominal Pain Appendicitis · Free photo on Pixabay (64116)

一番の定番かもしれませんが、お腹が痛いと嘘をつくことです。熱を出す方法と違って表に現れるものではなく、お腹が痛いのは本人しかわかりません。あとは自分の演技次第です。演技が下手な人は辞めておきましょう。

女性の人なら生理痛がひどいと言って休む方法もあります。ただし、生理痛は毎月決まった日にくるもので、まったく別の日に生理がきたり、親が生理の日を理解している可能性もありますので注意して下さい。

お腹を痛く見せるポイント
①お腹が痛いと言って布団の中で丸まって出てこない
②お腹が痛そうにトイレに駆け込んで、トイレの中でこもる
ただし、こもり過ぎると怪しまれるので適度に出てきましょう。
③ご飯も食べれないといって食べずに我慢をする
④お腹が痛くて熱もあるという

頭痛

Face Woman Mask · Free image on Pixabay (64111)

こちらも先ほどの腹痛と同じ定番の言い訳で、頭が痛いといって休む方法です。この症状も表には現れず本人しかわからず、且つ相手にはその痛みがどれぐらいなのかがわかりにくところがポイントです。

ただし、頭痛だけでは理解されにくいかもしれませんので、ちょっと風邪気味で頭が痛いなど複数の症状を組み合わせた方がより真実味が増します。

頭も痛く見せるポイント
①頭が痛いと言って、布団から出てこない
②低血圧を理由に貧血やめまいがするという
③片頭痛がするという

吐き気

Emotiguy Sad Thoughtful · Free image on Pixabay (64119)

「なんか吐きそう」といって嘘をつく方法です。こちらも同じように本人しかわからず、どれぐらい気持ち悪いのか相手に説明するのも難しい病気です。学校へ行く途中や、学校に行ってから吐いてしまっては周りの人に迷惑がかかるので、そこまで無理強いはできません。昨日の夜食べた物が悪かったとか、布団をかけずに寝たことでお腹をこわしたとかという嘘をつくことがポイントです。

気持ち悪そうに見せるポイント
①吐きそうと言って布団に丸まっている
②本当に吐きそうな演技をする
③「今すぐ吐きそう」といってトイレに駆け込む
④吐きそうだからご飯も食べれないと言って、ご飯を我慢する必要がある

家で苦手な科目に集中して勉強

Writing Pen Man · Free photo on Pixabay (64122)

ここからは、ごまかして熱を出す方法と違って、正直に本音で話をして休む方法です。それは、テスト勉強をする、苦手な科目を勉強したいと親を説得して休む方法です。

「この科目が苦手だからみんなに追いつくために必死で勉強したいんだ」と言ったり、「もうすぐテストだから学校よりも家で頑張ってテスト勉強をしたい」と言えば、さすがに親も勉強をするなとは言えないため、「今すぐにでも学校へ行け」なんて怒鳴られることはないのではないでしょうか。

ただし、親によって考え方が異なります。「家でやらずに学校へ行って勉強をしろ」という親もいますので、自分の親がどちらのタイプかをよく理解した上でお試し下さい。

勉強をして休むポイント
①本当に勉強をする。特に親のいる前とかでやっている姿を見せる
②わからない問題を親に聞きにいく
③勉強をしたら、やったところ、やった内容を親に見せる

3 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪