夢月ロアの前世が人気子役という噂は?方言はどこの地方?

夢月ロアはどのような人が中の人なのか気になりませんか。さまざまな憶測が飛びかっていますが、実際は誰が演じているのでしょうか。YouTubeなどで絶大な人気を誇っているキャラクターなので、多くの人が想像は働かせてしまうのです。

夢月ロアのプロフィール

石丸まる🍄週刊少年eco on Instagram: “#絵#落書き#イラスト#イラストレーション#絵描き#ラクガキ#お絵かき#ガールズイラスト#アート#illustration#art#にじさんじ#夢月ロア” (696655)

夢月ロアはある意味では謎に包まれた漫画キャラクターですが、公開されているプロフィールとしては、年齢は13歳です。また、身長は141センチとかなりの小柄で、趣味はキャンドル作りという可愛い趣味を持っています。

夢月ロアの設定としては、人間をいたずらするために魔界から来たということになっています。しかし、悪魔としてまだまだ未熟で、失敗ばかりしてしまうと言う悪魔にしては可愛い一面を持っています。

また、夢月ロアはもともとは優しい心を持っている悪魔なので、結果的には人間を助けてしまうことになってしまっています。

夢月ロアは「にじさんじプロジェクト」所属

 (696665)

夢月ロアは「にじさんじプロジェクト」所属しています。聞き慣れないプロジェクト名かもしれませんが、にじさんじプロジェクトにはとてもたくさんのインフルエンサーが所属していることで有名です。

「にじさんじプロジェクト」について

 (696668)

「にじさんじプロジェクト」には、とてもたくさんのインフルエンサーが所属しています。主なプロジェクトとしては、グッズの販売やイベントの提案、開催、さらにはデジタルコンテンツを通じて音楽の制作なども積極的に行っています。

にじさんじプロジェクトに関わっているメンバーは現在80名ほどです。少ないと感じるかもしれませんが、基本的にはデジタル機器を使用して制作などを行っていますので、これだけ少ないメンバーでもかなりハイクオリティな制作を実現できています。

また、一人ひとりのレベルが高く、さらには個性的なメンバーが揃っていますので、今までの発想を超えた制作を実現しています。現在はYouTubeの配信に力を入れています。

イラストはベコ太郎が担当

 (696671)

夢月ロアのイラストは、ペコ太郎さんが担当しています。ベコ太郎さんは同人誌のイラストレーターとして活躍している、まさに旬なイラストレーターだと言える存在です。

こうした業界に詳しい人でなければ、ベコ太郎さんを知らないと言う人が多いかもしれませんが、ベコ太郎さんはイラストレーターの中ではかなり有名で個性的な発想の持ち主です。そのため、夢月ロアに関しても評価がとても高く、ベコ太郎さんがイラストレーターだから夢月ロアを好きになったと言う人もいるほどです。

これからの活躍に注目が集まるイラストレーターであることは間違いありません。

夢月ロアの中の人(前世)は原涼子だと噂されている

ゆう on Instagram: “ばらかもんファンブック 予約できてませんでした… おかしいと思ったんだよ… 届かないもんよ…まあ、予約をママに 任せてしまったのがミスですね笑 ということではるばる大きな大きな本屋さんに行って、買ってまいりました😌…” (696678)

実は夢月ロアの中の人は、原涼子さんではないかと言われています。もちろん、中の人なのではっきりとしたことは分かっていませんが、夢月のファンの中ではこの噂は噂は以上のものになっているのです。

どうやら間違いないと言う声も多々、飛び交っています。

原涼子のプロフィール

キムラユウタ on Instagram: “自分は「ばらかもん」という作品を ここ数年推してます。 書店員だった頃にこの作品と出会い、 アニメ化の際はSUPER BEAVERが 起用されたりと自分とは縁のある 作品です。…” (696683)

原涼子さんは、子役として活躍している方です。さまざまな伝説を生み出した原涼子さんは、等身大の演技などが多くの人の注目を集めることになります。

2005年生まれで、現在は14歳なので、これからまだまだ伸びしろがある声優として活躍が期待されています。また、過去にはテレビドラマにも出演しています。

フジテレビの「それでも生きていく」や、映画「リアル鬼ごっこ」にも出演しており、どういった出演でも全力を出す姿はとても高い評価を受けているのです。

アニメ「ばらかもん」に出演

皇 べりあ@Beri-Art on Instagram: “ばらかもん琴石 なる ※2年前位のイラストです!文字等もシャーペンのみ使用。懐かしい。。 #アナログイラスト#模写 #イラスト#ばらかもん#琴石なる#イラストグラム” (696686)

また、人気アニメの「ばらかもん」にも出演しています。ばらかもんではとても重要なキャラクターとして出演していますので、このアニメで原涼子さんは広く人気が出るようになりました。

この中での役は、方言を多用することが多いキャラクターだったのですが、原涼子さんはまだ子供だったため方言は無理だと思われていました。しかし、そうした心配をよそに、原涼子さんは見事な方言を見せつけたのです。

まさに完璧とも言える方言力で周りを引きつけていきました。

年齢を考えると原涼子の可能性は低い

 (696688)

しかし、夢月歩ロアが原涼子さんである可能性は低いです。話し方や声の雰囲気は確かに原涼子さんにそっくりだと言えますが、YouTubeなどの動画がアップされている時間帯が未成年ではありえない時間にアップされていることや、やはりさまざまな角度から検証してみれば、未成年ではないことが分かる内容がたくさんあるのです。

原涼子さんは14歳です。いくら声が似ているからと言って本人だと断定することはできません。こうしたことから考えて見ても、夢月ロアが原涼子さんである可能性は低いと言えるでしょう。

また、夢月ロアが原涼子さんである可能性の中には方言がとても似ているという声もあります。しかし、こうした方言と声質だけでは完璧な特定とは言えません。

夢月ロアの方言はどこの?

 (696689)

夢月ロアをYouTubeなどで見たことがある人は分かりますが、夢月ロアは独特な方言を使っているように感じるはずです。この方言を使うということが、悪魔らしくない夢月ロアの魅力でもありますが、夢月ロアはどこの方言を使っているという設定になっているのでしょうか。

夢月ロアの方言は聞いたことがあるようでないような方言になっています。

五島列島など九州地方の方言に似ている

 (696690)

1 / 2

関連する記事 こんな記事も人気です♪