篠原涼子と市村正親は略奪婚?子供や現在の夫婦仲は?

24歳差の夫婦で「年の差夫婦」「おしどり夫婦」で芸能界でも有名な篠原涼子さんと市村正親さんのビックカップルですが、実は略奪結婚!?現在も仲良し?などその真相や出会い、馴れ初めから結婚、結婚式と子供の情報などをご紹介していきます。

篠原涼子と市村正親の年の差婚

Red Rose Love Romantic - Free photo on Pixabay (619989)

最近では同性婚や事実婚、年の差婚など様々な夫婦の形が存在し世間の認知度や関心も高まっていますが、芸能界にももちろん年の差婚をされたカップルはたくさんいますが、その中でも超ビッグカップルとして年の差婚をした篠原涼子さんと市村正親さんの結婚は世間に衝撃を与えました。

お二人は2005年12月に結婚され、当時篠原涼子さんは32歳。市村正親さんは56歳でなんとその差は24歳差で、自分の子供でもなんら不思議ではない年の差に世間はとても驚きましたよね。

そんな衝撃の結婚から13年たった今、お二人の馴れ初めから近況までをご紹介していきたいと思います。

篠原涼子のプロフィール

n a n a on Instagram: “#可愛い #篠原涼子 #篠原涼子好きな人と繫がりたい” (619898)

まずは奥様の篠原涼子さんのプロフィールのついてご紹介していきたいと思います。
篠原涼子さんは1973年生まれで群馬県出身の女優さんです。

1989年に現在の事務所ジャパンミュージックエンターテイメントのオーディションに合格し、1989年10月にドラマ「高速戦隊ターボレンジャー」のゲスト出演でデビューされました。

その後1990年にはアイドルグループ東京パフォーマンスドールのメンバーとして歌手デビューされ、1991年には伝説のお笑い番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」に出演しアイドルでありながら果敢にコントなどに挑戦され知名度を得られました。

1994年には小室哲哉さんプロデュースでシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」を発売し累計202,1万枚を売り上げる大ヒットとなりNHK紅白歌合戦にも出場されました。

その後2001年に舞台「ハムレット」で舞台初出演されメキメキとここから女優への階段を駆け上がり、2006年に大ヒットしたドラマ「アンフェア」や「ハケンの品格」などのシリアスや気難しい役からドラマ「ラスト♡シンデレラ」でのヒロインまで何でもこなす人気の高い美人女優として現在も忙しく活躍されています。


市村正親のプロフィール

ちょびん on Instagram: “春の叙勲 市村正親さんら受賞、他4225人受賞#桐花大綬章 #旭日小綬章 #瑞宝章 #叙勲 #市村正親 #俳優” (619907)

続いては旦那様の市村正親さんのプロフィールをご紹介します。
市村正親さんは1949年生まれで埼玉県出身の俳優さんです。

1973年に劇団四季の「イエス・キリスト=スーパースター」のオーディションで合格し翌年劇団四季に入団されます。
「オペラ座の怪人」では主演を務め劇団四季の看板俳優になるも1990年に劇団四季を脱退されます。

退団後はミュージカルやテレビドラマなど様々な活躍をされており大ヒットドラマから大河ドラマ、声優に至るまでさまざまな役柄をこなされています。
ミュージカル「ミス・サイゴン」で演じたエンジニア役は世界一のエンジニアと称されるほどのエンターテイナーぶりで人気も実力も兼ね備えた俳優さんです。

2007年には数々の功績を称えられ紫綬褒章も受賞されました。

篠原涼子と市村正親は略奪結婚だった?

Jealousy Infidelity Argument - Free image on Pixabay (619988)

市村正親さんと篠原涼子さんは2005年に結婚されましたが市村さんの離婚時期や篠原さんの父親などの反対もあり世間では略奪婚という憶測の報道も出ていますが、実際にはどうなのでしょうか?
略奪婚の真相や理由についてご紹介していきたいと思います。

市村正親の離婚

ピラティス Pilates Nokko Studio on Instagram: “四季の真美ちゃんと❤️#劇団四季#マンマミーア#八重沢真美#同級生#PAPAATORIA #イタリアン” (619909)

市村正親さんと篠原涼子さんは2001年の舞台「ハムレット」にて出会われ共演後、愛を育まれ2005年に結婚されましたがハムレット出演時には市村さんにはまだ奥様がおられました。

奥様は八重沢真美さんという方で劇団四季の仲間だったそうで1984年に結婚され、2002年に別居報道が出て2003年には離婚され19年もの長い結婚生活にピリオドを打たれたそうです。

2人の間に子供はおらず、八重沢さんも市村さんの女性関係についてあまり良いことは言っておられなかったようで、その事もあり篠原涼子さんとの出会いが2001年で離婚が2003年ですから時系列的に略奪を憶測する声が上がったようですが、実際のところはそのような報道もないため本人たちにしかわからず真相はわからないようです。

篠原涼子の父親は結婚に猛反対

ポニー on Instagram: “* 生きる過程で、必ず触れる 人の想い。 * けれど、 目に見えないものだからこそ、 時につまずいては、行き先を見失う。 * 人間関係も、大抵のトラブルは、胸に抱くこの想いの数々から発生しているのだろう。 * * だからこそ、…” (619913)

市村さんと篠原さんは2005年に結婚されましたが2003年に市村さんは離婚されているためにもっと早く再婚する予定だったようなのですがなかなかそれが叶わなかったようで、その原因は篠原さんの父の反対だったと言われています。

篠原さんは2歳でお母様を事故で亡くされており、父親はその後男手ひとつで篠原さんたちを育ててきました。
普通の男性だったとしてもなかなか娘の結婚となると父親は心配になるものです。

それが24歳年上でましてや自分と同世代の離婚したての男性を連れてこられた日には世間一般的には心配ですし不安になります。
そのため結婚を反対されていたようですが二人の愛の深さを知った篠原さんの父親は「子供を早く作ること」「生涯娘と一緒に過ごすこと」などを条件に結婚を許されたそうです。

篠原涼子と市村正親の結婚式

People Couple Man - Free photo on Pixabay (619983)

ではお二人はいつ、どのような結婚式を挙げたのでしょうか?
結婚式のエピソードなどを交えてご紹介したいと思います。

2010年に結婚式

Wedding Dresses Bride Pink - Free photo on Pixabay (619982)

2005年に入籍し二人は結婚会見を行いました。
篠原さんは当時「保険証に市村涼子と書いていてうれしさがじわじわと…プロポーズは突然でしたがズバリと言ってくれました」と頬を染め会見していましたが、結婚式はその5年後に行われています。

2010年、篠原さんの生まれ故郷である群馬県太田市のロイヤルチェスター太田にて結婚式という名目ではなくあくまでお食事会ということで会を開かれたそうです。

芸能人ならではの派手な結婚式ではなく親族50人ほどを集め式を執り行ったそうです。

結婚式の3日後に篠原涼子の父親が他界

ひ な on Instagram: “_涼子ちゃんHAPPYBIRTHDAY!!涼子ちゃんに出会えたおかげで楽しみが増えました。これまでよりもっともっと応援してます☀︎ずっとすきです!#篠原涼子#monochrome#HAPPYBIRTHDAY#篠原涼子誕生祭2019” (619915)

実はそんなささやかな式を挙げることには理由がありました。

篠原涼子さんの父親は当時71歳で闘病中だったそうです。
そんな苦労をかけてきた父親に一目ウエディングドレス姿を見せたいと市村さんと篠原さんは篠原さんの地元群馬県でのお食事会を企画されたそうです。

そして当日桂由美さんのドレスを身に纏った篠原さんの綺麗なウエディングドレス姿に感極まりお父様は涙されたそうです。
当日は会場もお父様の体調を思って配慮されたスペースやお料理が提供され篠原さんたちの2歳の息子さんや市村さんの母親も駆けつけとても素敵な式になったそうです。

そしてその3日後にお父様は息を引き取られたそうで、幸せなお二人の姿を見て安心されたのかもしれませんね。

篠原涼子と市村正親の子供

Child Family Love - Free photo on Pixabay (619980)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪