2020年2月26日 更新

ブラン城の見どころを徹底解説!ドラキュラ城と呼ばれている理由は?

ルーマニアにあるブラン城と言うお城は、ドラキュラ城とも言われています。どうしてドラキュラ城と言われているのか真相を追求していきます。ブチェジ山麓の岩山に聳えており、存在感を放っています。ルーマニアでも有名な観光地のひとつであるブラン城を徹底解説します。

ルーマニアの【ブラン城】通称ドラキュラ城の真相

Flight808net on Instagram: “#ルーマニア #ブラショフ #ブラン城 #ドラキュラ #バックパッカー #世界一周 #旅好き #夫婦旅 #世界の絶景 #絶景写真 #一眼レフ #ニコン #romania #românia #brasov #braşov #transylvania #transilvania…” (806415)

ルーマニアのブラショヴ近郊にある「ブラン城」はドラキュラ城だと言われています。どうしてドラキュラ城だと言われているのか、真相を追求していきます。

ブラン城は、とても美しいお城ですので、ルーマニア観光の際には是非ブラン城へ訪れてみてください。中世の暮らしを伺うことができる場所です。まるで映画や物語の中に入り込んだような気持ちになれます。

ブラン城とは?

S.S.L on Instagram: “ハロウィンも近いのでドラキュラの館、ブラン城🧛‍♀️ ・…” (806418)

ブラン城は、ブラショヴ県南部の山中にある古いお城です。歴史的・建築学的な遺跡でもあるので、非常に貴重な建造物だといえます。

有名な観光地にもなっているので、世界各国から多くの観光客が訪れる場所なのです。ブラショフから南西へ、30kmほどの場所です。ブラショフのアウトガラ・ドイから、ブラン城行きのバスに乗れば30分〜40分ほどで到着します。

営業時間に関しては、シーズンによって変わることもあります。

ブラン城の歴史

S.S.L on Instagram: “ルーマニアのドラキュラ館🧛‍♂️ ブラン城🏰 ・…” (806419)

現在のブラン城が建設される前には、1211年から1225年の間に建てられたと言われている、木材製の国境の要塞があったようです。

1498年に、ハンガリー王であるヴラディスラフ2世によってブラショフの市に賃貸されました。1513年からは、ブラショフ市が所有権を持っていました。

その後マリア王妃によって改修され、王家の国外追放の後にルーマニアの国の財産となったのです。その後は一般の方に公開されるようになり、多くの観光客で賑わうようになりました。

ブラン城の現在

旅亀羅 on Instagram: “2020.1.15 ドラキュラのモデルとなったブラド関連の地を訪ねて。ブラン城。 ・ #ルーマニア #rumania #世界一周 #バックパッカー #バックパッカー旅 #旅 #旅行 #せかいいっしゅう #一人旅 #ひとりたび #写真 #カメラ #canon #5dmark3…” (806420)

現在は、ブラン城は博物館となっておりお城の4階層にわたって展示されています。当時の陶器や家具、武器や甲冑などが展示されています。

そして、敷地内には伝統的な農村の建物も残されており、ルーマニアの歴史に触れることができます。小さな野外博物館もあります。

2012年には、「世界の名城25選」にも選ばれており、日本人の職人がこのお城の机や古時計を修理している様子が、日本のテレビでも放送されました。

ブラン城とドラキュラの関係

 (806409)

では、具体的にブラン城とドラキュラにはどのような関係があるのかについて触れていきます。古城はどうしても、霊がいるのでは?ドラキュラが住んでいるのでは?などと噂になります。

そして、ブラン城は特にドラキュラとの関係が強いと言われているのです。ドラキュラにちなんで、10月31日には、毎年ブラン城でハロウィンパーティーも行われているようです。

ブラン城がドラキュラ城と言われる理由

Mochipasta on Instagram: “東京でもゆきが降りそうですね。ルーマニアはほぼ雪でしたが。これはドラキュラで有名なブラン城です。#ルーマニア #ブラン城 #brasov #雪#今日も眠い” (806421)

アイルランド人の小説家であるブラム・ストーカーが「吸血鬼ドラキュラ」と言う小説を書き、そのドラキュラが住んでいたモデルのお城としてブラン城が有名になりました。

実際にドラキュラのモデルとなった「ヴラド3世」はブラン城には一切住んでいなかったようで、ブラン城に住んでいたのはヴラド3世の祖父にあたるミルチャ老公だったようです。

実際にヴラド3世が住んでいたのは、ルーマニア南部にあるトゥルゴヴィシュテと言う場所か、ポエナリ城と言うお城だったと言われています。

ブラン城とドラキュラは直接の関係はない

高尾真也 on Instagram: “吸血鬼ドラキュラ居城のモデル「ブラン城」 ルーマニア第二の都市ブラショフから南西へ約30km、ブチェジ山麓の小村の岩山に聳えています。 . #ブラン城  #ドラキュラ #ルーマニア #自由人 #ルーマニアおすすめ場所 #ブロガー #フリーライフ #海外旅行…” (806422)

上記でも触れたように、実際にはブラン城が「ドラキュラ」と言う小説のモデルになっただけであって、ドラキュラとは関係がないと言うことがわかります。

昼間のブラン城はとても美しく、ドラキュラの存在などは全く感じることがないような場所です。ですが、やはり夜に見ると少し不気味が感じがすることも否めません。

それはきっとどこのお城もそうでしょう。様々な噂が広がっていき、ドラキュラが住んでいるのでは?などと言われていたのです。

ドラキュラの生家はレストラン

 (806423)

吸血鬼ドラキュラのモデルとなったヴラド3世(ヴラド・ツェペシュ)は、ヴラド2世の次男として生まれました。父が「ドラクル」と呼ばれており、息子であるヴラド3世は「竜の子」を意味している「ドラキュラ」と呼ばれるようになりました。

そして、そのヴラド2世の生家が世界遺産の町の中心地にあります。現在その場所はレストランになっており「カサ・ヴラド・ドラクル」と言う名前で営業しています。これは「ヴラド・ドラクルの家」と言う意味があります。

非常におしゃれな店内になっており、美味しいルーマニア料理を楽しむことができます。「ドラキュラ」と言う名前のクレープもあります。

ブラン城の見どころ

Mochipasta on Instagram: “ドラキュラで有名なブラン城。晴れの日にまた見たいです。#rumania #ブラン城 #寒かった” (806424)

具体的に、ブラン城にはどんな見所があるのかを紹介していきます。

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪