2020年1月17日 更新

男鹿プリンスホテルは心霊スポット?過去に起きた事件と心霊現象とは

最恐の心霊スポット男鹿プリンスホテルは、かの宜保愛子も訪れて匙を投げるほどの場所だとか。今回は、男鹿プリンスホテルの心霊現象を徹底解説!なぜ心霊スポットになったのか、過去にあった事件や全盛期の様子、解体されていない理由も紹介します。

日本最恐!?心霊スポット・男鹿プリンスホテルとは

House Abandoned Night - Free photo on Pixabay (778162)

日本全国には廃墟となった場所で多くの心霊現象が報告されています。国内でも最恐と言われるほど、数々の噂がある秋田県の男鹿プリンスホテルをご存じでしょうか?

過去に数々の事件が起きている場所で、霊感の強い人は近寄ると危険とまで言われている心霊スポットなんです。今回は、男鹿プリンスホテルの場所や心霊現象、過去に起きた事件を徹底解説!霊能者・冝保愛子との関わりや体験談も紹介していきます。

男鹿プリンスホテルについて

Foggy Mist Forest - Free photo on Pixabay (778161)

まずは、男鹿プリンスホテルはどのような場所なのか?全盛期はどんな姿だったのか?またアクセス方法についても見ていきましょう。

男鹿プリンスホテルは、1969年に開業し、経営不振のため1981年に閉業しています。閉業してからは、心霊スポットとして有名になり、治安が悪くなった時期もありました。荒れた状態ではありますが、現在も巨大廃墟として残っています。

アクセス方法

Fantasy Tombstone Creepy - Free photo on Pixabay (778160)

男鹿プリンスホテルは、秋田県男鹿市北浦湯本草木原58−8にある廃ホテルです。通称「オガプリ」とも呼ばれホテルは、秋田県の中央部「男鹿半島」と呼ばれる場所にあります。秋田駅からはJR男鹿線に乗り、「男鹿駅」で下車します。

駅からは、「男鹿半島あいのりタクシー なまはげシャトル」が運行しており、温泉群と主要スポットを行き来していますので、こちらをご利用ください。

全盛期の様子

Whitby Abbey Dracula Bram Stoker - Free photo on Pixabay (778159)

男鹿プリンスホテルの全盛期の様子はどうだったのでしょうか?ホテルはなんと6階建ての大規模ホテル。日本海が見渡せるとあって、その絶景を求めて宿泊する人が多かったと言います。特に日本海が一望できる上層階の部屋が人気だったとか。

近くにはバスの停留所もあり、当時は観光客が多かったためバスの運行もあったのでしょう。現在は閑散としており、活気は一切感じられません。

周囲の住民たちは声を揃えて「解体してほしい」

@tumu704 on Instagram: “gwの思い出#男鹿プリンスホテル#男鹿プリ#秋田#廃墟#心霊スポット#バイクで行く心霊スポット#オカルト#オカルト好き#z1#cb400sf#バイクのある風景#gwの思い出” (778183)

延べ床面積計約4100平方メートルの巨大ホテルですが、閉業後は住民から解体を望む声が相次いだと言います。その不気味な雰囲気はもちろんですが、心霊スポット巡るに多くの方が訪れ、住民は騒音に悩まされたと言うんです。

たちまち治安は悪くなり、訪問者によるいたずらも絶えませんでした。「解体して欲しい」と声を挙げてる住民が多かったとか。それなのになぜ今も残っているのでしょうか?

解体作業は行われていない

ジャイ-Jai on Instagram: “#男鹿プリンスホテル 秋田で肝試し” (778184)

1981年に閉業してから随分の月日が流れましたが、それでもなお解体されずに建物は残っています。と言うのも、登記上は1995年に東京都港区にある会社に所有権が渡っています。よって解体するにはこの会社の許可が必要になる訳です。

しかしながら、所有者との連絡が取れない状態だと言うんです。よって解体できず今に至っています。

心霊スポットに訪れる人々による騒音被害

Isobe Chihiro on Instagram: “#廃墟萌え #ruins #男鹿プリ #男鹿プリンスホテル #地下に鳩が大量 #マジで怖かった #もう行かない” (778185)

地元の人たちが「解体して欲しい」と声をあげるようになったのは、騒音被害が相次いだからです。夜中に心霊スポットを訪れては、落書きをしたり、夜中に騒いだり、中には壁面に落書きをする人もいました。

また夜な夜な暴走族が騒音をあげて周辺を走ったり、自殺騒ぎもあったと言います。たちまち辺りの治安は悪くなり、地元の人たちにとっては悩みの種となったのです。現在は当時のような騒がしさはありませんが、それでも心霊スポットを訪れる人はいると言います。

バリケードが設置されており、中には入れなくなっています。男鹿プリンスホテルを訪れる際は、外観を見るだけに留めておくようにしましょう。

なぜ心霊スポットに?男鹿プリンスホテルで起きた事件

House Cemetery Haunted - Free photo on Pixabay (778158)

男鹿プリンスホテルは、なぜ心霊スポットと言われるようになったのでしょうか。心霊スポットになるには、何かしらの理由があるはずです。過去に自殺や事件があったなど、死人が出てる場所が心霊スポットと噂になることが多いのです。

また、霊は人が集まるところが好きです。廃ホテルのような当時人がたくさん集まっていた場所は、浮遊霊が集まりやすい場所でもあります。

ここでの心霊現象を知る前に、過去にどのような事件があったのか、また心霊現象とは関係があるのか具体的に見ていきましょう。

所有者が行方不明・経営者自殺

Castle Mystical Mood Night - Free photo on Pixabay (778157)

先ほどもお話ししたように、男鹿プリンスホテルの所有者が行方不明になるという事件が発生しています。登記上は東京の会社の所有となっていますが、噂によるとこの会社が幽霊会社だと言うんです。

行政としても所有者をわざわざ探して解体するまでには至っておらず、今後もしばらくは解体されないのでは?と考えられます。実際は幽霊会社にせよ、「所有者が行方不明」と噂になり、心霊スポットとして拍車をかけたのでしょう。
Boy Splashing Around Kid - Free photo on Pixabay (778215)

またネットの情報にはなりますが、お客さんが泥酔してお風呂で溺死、このことが噂になり経営者が自殺したという噂もあります。溺死事件が噂になり、経営難に陥ったからでしょう。1人目のお客さんはお風呂場がある地下で亡くなっています。

1999年に焼身自殺

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪