刺青を女性がする理由とは?デザインに応じた意味とは

昔は絶対にタブーであった刺青も、海外の流行を受けて日本でも比較的寛容になってきました。しかし、女性の刺青に対しては未だ否定的な考えを持っている人も多いです。では、なぜ女性が刺青をしたいと思うのでしょうか。今回は和彫りや様々なデザインの意味の解説もします。

目次

女が刺青を入れる理由とおすすめデザイン

Hands Finger Tatoo - Free photo on Pixabay (477021)

日本では古くから刺青=犯罪者や反社会勢力の人がいれるものであるという認識があったため、海外のようにファッション感覚で刺青を体に入れることはそれほど普及していませんでした。

しかし、海外との交流やインターネットの普及でこれまでよりもより刺青の文化に触れることが多くなったことで若者を中心にその認識が変わってきています。今ではファッションの一部として刺青をいれる人も増えてきました。しかし男性に比べると女性の方が刺青をいれる割合は少ないです。

では、女性でも刺青を入れるのにはどのような理由があるのでしょうか。また、女性におすすめのデザインも紹介します。

女の刺青にたいする男性の意見

Woman Face Photomontage - Free image on Pixabay (477036)

女性の刺青にたいする男性の意見は様々です。刺青に対して考えている男性もいれば、断固拒否する男性もいます。刺青は個人の選択であり、男性の意見だけを気にして本当にしたいことを避ける必要はありません。

しかし、恋愛や結婚を考えると、刺青がそのネックになることもあるため、男性側の意見を知っていて損はないでしょう。

洋物や可愛らしいデザインは受け入れられるが和彫りは無理

Book Open Read - Free photo on Pixabay (477465)

比較的女性の刺青に対して寛容的な男性でも、「いかにも」という感じの和彫りは受け入れるのが難しいという人が多いです。しかし洋風なデザインのものや、女性らしい可愛いデザインの物はファッションの一部として受け入れられるという意見を持つ人も多くいます。

時代と共に女性の刺青も受け入れられてきているのは事実のようで、これまでは否定的な考えを持っていても、刺青が広まるにつれて刺青に対するイメージも徐々に変わってきています。

ワンポイントデザインなら可愛らしいと感じる

Watches Pocket Watch Time - Free photo on Pixabay (477469)

刺青というと背中一面に龍のようなデザインのイメージですが、ワンポイントの小さいものを入れることも可能です。ワンポイントであれば、怖いイメージは無く、むしろ可愛いと感じる人も少なくありません。

小さければ小さいほど刺青を入れていても抵抗はないようです。また、刺青=背中一面のイメージが強すぎるあまり、ワンポイントのものは刺青だと気づいていない人もいるようで、ファッション感覚で取り入れる女性もいます。

ハートや鳥など、刺青を入れることを考えていない人でも思わず入れたくなるような可愛いデザインも多くあります。

ワンポイントでも刺青が入っている女性は恋愛・結婚対象外

Compass Map Nautical - Free image on Pixabay (477038)

まだまだ刺青に対しての偏見は少なくなく、特に刺青を入れるような女性とは恋愛できない、結婚できないと感じる男性も多いです。

男性自身が刺青を入れていたら抵抗はありませんが、「女性は刺青を入れるべきではない」、「刺青を入れている人はヤンキー」という固定観念が定着しており、ワンポイントでも刺青を入れている女性とは関わりたくないという男性もいます。

そのような男性の場合、体の見えない所に刺青を入れていて付き合ってからそれが明らかになると、騙されたと感じて別れる原因になることもあるようです。

刺青自体あり得ないが自身で入れたような汚らしい刺青は論外

Carpenter Sculpting Wood The Art - Free photo on Pixabay (477471)

刺青は針などで皮膚を傷つけた後に墨を入れることで絵を描くものであり、通常はタトゥースタジオなどで彫ってもらうことが多いですが、自分でも出来ない訳ではありません。自己責任で、失敗や炎症の危険はあります。

しかしタトゥースタジオでするのに比べてリスクが高すぎることや技術力に欠けることから、おすすめはできません。実際に、同じ刺青でもきちんとしたところではなく、自身で彫ったような汚いものは生理的に受け付けないという男性が多いです。

リスクを回避するためにも、刺青を入れる際は必ずプロの力を借りるようにしましょう。プロの手による刺青は時間もそうかからず、アフターケアについても親身になって教えてくれるでしょう。

女が刺青を入れる理由

Books Book Reading - Free photo on Pixabay (477472)

まだまだ日本では男女に差があり、ダブルスタンダードがあります。男性の刺青はよくても、女性の刺青はだめだという意見も根強くあり、自分が刺青を入れたいだけなのにそれが難しい場合もあります。それでも刺青を入れたいという意思が強ければ入れるでしょう。

では、女性の刺青に対して寛容的に考えている人が多いとは言えないこのご時世に、それでも刺青を入れる人はどのような理由で入れているのでしょうか。

決意表明

Phrase Motivational Cheer Up I Am - Free photo on Pixabay (477474)

ある決意を決め、それがゆるぎない決心だとしても、日常生活を送っている内にいつの間にか忘れてしまったり、実行しなくなってしまったりした経験がある人も多いでしょう。

しかし刺青を入れることで、ふとした瞬間にも目にすることができるため、リマインダーの役割もしてくれます。また、それを周りに見える形で決意表明することで、自分を律することもでき、辛い時でも初心を思い出させてくれ、精神的に支えてくれるでしょう。

自身を強くするため

Crossfit Sports Fitness - Free photo on Pixabay (477475)

時代は進んでも、まだまだ男性の方が強く、女性は社会的に弱い立場にあることが多いです。そんな時代でも、自分は男性に屈しない強い精神力を持ちたいと、自分の味方になってくれるものを彫って、自身のパワーを更に強くさせることもあります。

海外では特に女性の自立心が強いので、この傾向が強く、男性に頼らない生き方を理想としている人も少なくありません。実際に刺青のおかげで自分が強くなったかのように感じ、今までよりもいきいきと活躍できるようになった女性も多いです。

自分自身への誓い

House Keys Key The - Free photo on Pixabay (477476)

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪