2020年3月5日 更新

東京大神宮の御朱印・上品な御朱印帳一覧!効果抜群の可愛いお守りも!

東京大神宮は、恋愛成就の神様として人気がある神社です。境内には縁結びのパワースポットが多数あり、お守りや御朱印、おみくじのご利益もすごいとか。今回は、東京大神宮の御朱印・御朱印帳、お守りを徹底解説!値段やいただける時間、御朱印帳の種類も画像で紹介します。

東京大神宮の御朱印や人気のお守り総まとめ

 (812919)

東京で縁結びにご利益がある神社と言えば、東京大神宮でしょう。神前結婚式を初めて行った神社で、ここで恋愛を成就させ結婚式を行うのが夢!という女性も多いのではないでしょうか。東京大神宮は都内でも屈指の恋のパワースポットで、女性から人気が高い神社です。

お守りやおみくじも効果抜群だと言われており、その種類豊富なお守りは女性に寄り添った小ぶりで可愛いものばかりです。もちろん、参拝の証となる御朱印・御朱印帳も人気です。今回は、東京大神宮の御朱印・御朱印帳を徹底解説!人気のお守りも紹介してきます。

東京大神宮について

 (812922)

まずは、東京大神宮とはどのような神社なのか見ていきましょう。東京大神宮は東京都千代田区、飯田橋駅から徒歩5分のところにあります。周辺はビル街に囲まれており、まさに都会の中に鎮座する神社と言えるでしょう。

”東京のお伊勢さま”として、全国から多くの参拝者が訪れています。境内には数々のパワースポットがあり、「猪の目」と言われる伝統的なハートマークがちりばめられています。参拝し、絵馬や願い文を書き、さらにお守りを購入することでさらなるご利益があるとか。

由緒

 (812923)

東京大神宮は神社の中では比較的新しく、創建されたのは明治13年(1880年)です。それ以前から、「お伊勢参り」が流行しており、大勢の人が遠方から伊勢神宮を目指したとか。明治時代になってから天皇のご裁断を仰ぎ、東京での”伊勢神宮”の遙拝殿として日比谷の地に創建されたのは始まりだと言います。

当初は「日比谷大神宮」と呼ばれていましたが、関東大震災の後、飯田橋に移転し「飯田橋大神宮」と呼ばれるように。戦後になってから「東京大神宮」の名前が定着しました。

御祭神

 (812924)

東京大神宮の主祭神は、天照皇大神・豊受大神です。伊勢神宮の外宮・内宮と同じ御祭神が祀られているため、伊勢神宮と同じご利益が得られます。天照皇大神は、言わずと知れた総氏神で、日本国を造った神様です。豊受大神は、農業や産業、衣食住の守護神として知られています。

他にも、造化の三神と呼ばれる、天之御中主神、神産巣日神、高御産巣日神も祀られています。

ご利益

 (812948)

東京大神宮のご利益と言えば、やはり縁結びでしょう。造化の三神の名前に注目してみると、「むすび」と言う文字が入っています。特に、高御産巣日神と神産巣日神は男女の縁を結ぶ神様として知られており、恋愛成就、良縁成就などのご利益があります。

ご利益は恋愛に関するものだけではありません。もちろん、厄除開運、交通安全、商売繁盛、家内安全、学業成就などあらゆるご利益があり、多くのパワーを頂けるでしょう。

東京大神宮の御朱印と値段

みさこ on Instagram: “#令和5月1日#東京大神宮の御朱印” (812957)

最近は、御朱印集めがブームになりつつあり、多くの方が御朱印を求めてさまざまな神社を参拝しています。御朱印とは、お参りした証にいただける印のことで、神社の名前や日付などが書かれています。神社によって御朱印の特徴は異なり、季節に応じた御朱印を扱っている場所も増えてきました。

東京大神宮では、お守りやおみくじだけでなく、御朱印・御朱印帳も人気が高いとか。東京大神宮の御朱印にはどのような特徴があるのでしょうか?

東京大神宮の御朱印は1種類のみ。期間限定のものやコラボした御朱印などのはありません。真ん中に「東京大神宮」と毛筆で書かれており、左側に日付、右側に「奉拝」という文字が入っています。
ナオト on Instagram: “絶賛寝正月中 . カメラを持って帰ってきたものの . . 身体が動きません . 炬燵に足を突っ込んだら最後 . 中で足首を掴まれているかの如く . . せめてゲームの中でも歩こうと ポケモンをひたすらに進める . 野生のポケモンにばかり遭遇する . .…” (812973)

中央に朱印が押された非常にシンプルな御朱印です。迫力のある毛筆の文字からは繊細さを感じさせ、安心感を覚えます。初穂料は300円ですので、一般的な神社と同じ値段と言えます。

種類豊富な御朱印を想像していた方もいるでしょうが、1種類ながらもその美しい御朱印に魅せられること間違いありません。また、御朱印をいただくとおまけのステッカーもついてきます。季節に合わせたステッカーがいただけますので、こちらも楽しみの1つでしょう。

東京大神宮の御朱印帳と値段

 (812976)

御朱印は1種類のみですが、実は御朱印帳の種類が豊富だと言います。「ちょう」「うぐいす」「さくら」の3種類展開で、女性からも非常に人気が高いとか。

和の心を感じさせる御朱印帳は、全種類集めたくなるほどの可愛さ!お値段はそれぞれ1,000円。繊細で華麗なデザインでありながら、お値段も非常に安いのが特徴的です。大きさは小さめの文庫本サイズ。女性のカバンにもすっぽり入るサイズです。

ここからは、3種類の御朱印帳を画像とともに紹介していきます。

ちょう

まみ on Instagram: “2冊目御朱印帳❀東京大神宮にて購入しました(*'-'*) #御朱印帳 #2冊目 #2冊目購入 #東京大神宮御朱印帳 #よろしくおねがいします” (812985)

3種類の中で一番人気なのが、こちらの「ちょう」のデザインです。白を基調とした清潔感溢れる御朱印帳で、蝶の柄が嫌味なく描かれています。ピンクやオレンジの蝶は非常に女性らしく、蝶の近くにはお花もあります。

白色がベースなので、大人っぽさも感じながら可愛らしさもあり、女性から人気なのも納得でしょう。

うぐいす

「うぐいす」は、その名の通り、うぐいす色の御朱印帳になります。春を感じさせる色彩はシンプルながらもインパクト大!年齢を重ねた女性や、男性からも人気が高いと言います。

シンプルカラーですが、なかなか他では見かけない色合いです。少し変わった御朱印帳をお探しの方にもおすすめです。

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪