2020年3月24日 更新

ラチャダー鉄道市場はどんな場所?在住者が見どころ・楽しみ方を解説!

バンコクで一番行きやすいナイトマーケット「タラート・ロッファイ・ラチャダー」をご紹介します。インスタ映え写真の撮影場所やアクセス方法、マーケット内のおすすめ料理やおすすめ雑貨まで、2020年現在のとっておきの情報をお伝えします。

バンコク・ラチャダー鉄道市場の魅力を徹底解説!

Travel with You Kuni Vlog on Instagram: “📷は🇹🇭バンコクのタラート•ロットファイ•ラチャダーより。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 👍最新のYouTube動画はここより! タイ美女と バンコクのタラート•ロットファイ•ラチャダーに行ってきた😊  ーーーーーーーーーーーーーーーーーー…” (826058)

屋台の連なる風景をみかけることは日本ではもうほとんど無くなりましたが、 タイをはじめとする東南アジアの国々では 一年中常夏の気候だからでしょうか、屋台がたくさん集まったナイトマーケットの存在がとても一般的です。タイのナイトマーケットでは、夜遅くまでショッピングや飲食を楽しむ観光客や地元民で賑わいます。

こちらの記事ではタイ・バンコクのラチャダー地区にあり、連日観光客でにぎわう人気のナイトマーケット。 「タラート・ロッファイ・ラチャダー」をご紹介します。タイ語でタラートは「市場」、ロッファイは「鉄道」を意味し、直訳すると「ラチャダー鉄道市場」という意味になります。

タラート・ロッファイ・ラチャダーは2015年にオープンしたナイトマーケットで、約1000店もの露店が立ち並び、月曜〜日曜まで毎日17時から翌01時まで営業しています。地下鉄駅の目の前という立地の良さから、中国からの団体観光客や日本人観光客に人気の観光スポットとなっています。

有名なインスタ映え写真はどこから撮影できる?

ニワ ヒカリ( Hikari Niwa ) on Instagram: “ナイトマーケットって文化が本当に大好き😌👏❤️世界のナイトマーケット巡って比較したいナ!#タラートロットファイラチャダー#ナイトマーケット#ラチャダー鉄道市場#talatrotfairatchada#タイ旅行#バンコク旅行” (826059)

上記のカラフルに輝くテントの写真をどこかしらで見かけたことがあるのではないでしょうか?この写真はタラート・ロッファイ・ラチャダーを隣のショッピングモールから見下ろした光景なのです。この風景がインスタ映えすると世界中から人気を集め、タラート・ロッファイ・ラチャダーの大きな魅力の一つとなっています。
このインスタ映え写真の撮影スポットは1つ。ナイトマーケットすぐ隣に「エスプラネード(ESPRANADE)」というショッピングモールがあり、その隣に位置するエスプラネードの立体駐車場4階にあります。

エスプラネードは毎日夜22時まで営業しており、営業時間内にエスプラネード内のエスカレーターで4階まで上がり、駐車場へ出ることができます。
撮影におすすめの時間帯は日が落ちて暗くなり始める18時以降です。周りが暗くなってからの方が、テントから漏れる光が映えてより美しい写真を撮影することができますよ。

ラチャダー鉄道市場の露店紹介

R.H on Instagram: “Night market…” (826077)

タラート・ロッファイ・ラチャダーは大きく3つのエリアに分けることができます。

☆タイ屋台飯エリア・・・主にタイ料理の屋台が立ち並ぶエリア
☆洋服・雑貨エリア・・・Tシャツ、靴、雑貨などの屋台のエリア
☆バーストリート ・・・オシャレな2階建バーが立ち並ぶバーストリート

それぞれのエリアのおすすめをご紹介していきます。

タイ屋台飯エリア

@tea2_tripgram on Instagram: “#タイ #thailand  #バンコクグルメ #伊勢丹 #バンコク伊勢丹 #バンコク伊勢丹前 #rubuaatstatetower  #khaosanroad  #夜景 #タラートロットファイラチャダー  #ナイトマーケット #talatrotfai…” (826076)

入り口に一番近いのがタイ料理屋台が立ち並ぶエリアです。夕飯時の19時以降は地元民や観光客でひしめきあいます。タラート・ロッファイ・ラチャダーではシーフードを売る屋台やレストランが目立ちます。その場でグリルしたエビやイカや貝類をタイならではの辛いシーフードソースに付けて食べたり、チーズをかけてバーナーで焦がすなど、シーフードの調理方法は様々です。大皿にシーフードがふんだんに盛られて500バーツ(約1800円)なんていうセットもよく見かけます。ナイトマーケットの食べ物はどれも意外と量が多いので大人数で分け合えば更にお得です。

タラート・ロッファイ・ラチャダーの飲食エリアでおすすめしたいグルメが「ソフトシェルクラブの唐揚げ」です。皮の薄いソフトシェルクラブに衣をつけてカリカリの唐揚げにしたスナック感覚の食べ物。付属のチリソースをつけなくても衣に味がついていますし、蟹の身と味噌の味で十分美味しく食べられます。値段も約10個入って50バーツ(約180円)ほどとお得なのでぜひ試してみて下さい。

レンセープ

レンセープ

もう一つタラート・ロッファイ・ラチャダーの飲食エリアでおすすめしたいグルメが「レンセープ」です。レンセープとは「豚肉の背骨煮込み」で、ほろほろに煮込まれた豚の背骨肉を青唐辛子の沢山かかったスープに浸した食べ物。アッサリとしたほろほろ肉を剥がしてご飯と一緒に食べると絶品です。

レンセープはSサイズからXXLまで幅広いサイズがあることも特徴の一つ。巨大な大皿に盛られたレンセープを食べるタイの若者たちも珍しくありません。見た目のインパクトがあって美味しいタイ料理です。

洋服・雑貨エリア

@_arumland_ on Instagram: “🌟 #タラートロットファイラチャダー #ナイトマーケット #タイ #タイ旅行 #バンコク #バンコク旅行 #방콕 #태국 #방콕여행 #태국여행 #여행스타그램 #밤스타그램 #일상 #데일리 #좋아요 #팔로우 #소통  #talatrotfairatchada…” (826073)

タイ料理屋台の立ち並ぶエリアを抜けると、洋服や雑貨の売られるエリアになります。タラート・ロッファイ・ラチャダーの洋服、雑貨類はどれも100バーツほどとても安いです。若者向けデザインの洋服や誰でも着られるTシャツ、柄シャツから古着を扱う店も多くあります。
洋服・雑貨エリアでおすすめしたいのが「女性用のデニム」を売る露店です。一見普通のデニムに見えますが、それぞれ形が今風のハイウエストに作り変えられたデニムなのです。実はタイは女性用のデニムの形がとても綺麗で可愛いのが特徴で、こちらの店でも古着のデニムを今の女性が好む形にリメイクしているようです。

相場は1着300バーツ(約1000円)。足が長く、ウエストが細く見えるのが特徴のハイウエストデニム。日本でこんなに安く買うことはできませんので要チェックです。試着もできますので是非試してみて下さいね。
もう一つ洋服・雑貨エリアでおすすめしたいのが「帽子」を売る露店です。日本で新品の帽子を買おうと思うと最低でも1000円はすると思いますが、こちらの露店ではデザインの良い帽子が100バーツ(約350円)からゲットできてしまいます。

紐付きのハットや麦わら帽子、スッキリしたシルエットのキャップなど種類も豊富です。使える帽子を安く手に入れられる嬉しいお店です。

バーストリート

@gib.masa on Instagram: “バンコク、ロットファイマーケットの一枚 本当は飲みたかった・・ #タイ #バンコク #タラートロットファイラチャダー #ロットファイマーケット #ナイトマーケット #タイ旅行 #スナップショット #夜景 #歩き旅 #旅 #旅行好き #asia  #thailand…” (826065)

タラート・ロッファイ・ラチャダーでも一際目立っているエリアがこのバーストリートです。ネオンで光り輝く2階建てのオープンな作りのバーが両脇にずらっと並ぶバーストリートはインスタ映えすること間違いなし。レトロなバスやトラック、アメ車を改造して造られたバーもあり大人気です。

バーにはDJがいてクラブのような雰囲気を味わえる店やバンドが生演奏している店もあり、夜になる程その盛り上がりは増していきます。バーに座ってお酒を飲みながら音楽を聴いたり行き交う人々を眺めるだけでも楽しいでしょう。

ラチャダー鉄道市場のちょっと変わった露店

kiyo toku on Instagram: “. . 📍 Talat rotfai ratchada,Bangkok🇹🇭 . . Ratchada night-market:Bar area☺︎♡ . .…” (826072)

タラート・ロッファイ・ラチャダーには日本人には驚きのちょっと変わった露店もあります。それらをご紹介します。

タトゥーショップ

LOVE  Portraits  Project on Instagram: “No.048 Man with tattoo on his face. Night  market in Bangkok, Talat Rotfai Ratchada.  顔にタトゥーのある男性。 バンコクのナイトマーケット、タラートロットファイラチャダーにて。…” (826062)

タラート・ロッファイ・ラチャダーにはタトゥーショップがいくつかあります。旅の思い出にタトゥーを入れる観光客が多いそう。見本写真の分厚いカタログから好きなタトゥーを選ぶのが一般的だそう。価格は1500B(約5000円)〜と日本よりもちろん安いです。

1 / 2

関連する記事 こんな記事も人気です♪