2020年2月27日 更新

新潟・白山神社といえば金運・縁結び!ご利益・御朱印・駐車場情報まとめ!

新潟・白山神社は、県内でも有数の縁結びのスポット!様々な神様が祀られていることから、縁結び以外にも金運や開運など、複数のご利益があるのが魅力です。今回は、白山神社のご利益やお守り・御朱印などを紹介!お守り郵送や駐車場の情報についても見ていきます。

新潟の白山神社はどんな神社?

 (807999)

新潟県は、湯沢温泉や妙高高原など、冬になるとウィンタースポーツを楽しむ観光客で賑わいます。歴史にまつわる城跡なども多く、山と海に囲まれているため、海の幸やお米、日本酒なども有名です。

そんな魅力いっぱいの新潟県ですが、パワースポットもたくさんあるんです。観光がてらパワースポットを訪れて、運気をアップしてみてはいかがでしょうか。今回は、新潟市内にある縁結びを始めとする様々なご利益がある白山神社について解説していきます。
 (808000)

白山神社は新潟市中央区に位置し、白山公園も含まれる大規模な神社です。創建の年代は不明ですが、平安時代中期とされています。

永禄、天正の時代には2度の災害に遭い、現在の本殿は1647年に建てられたものだと言います。江戸時代までは、宝亀院を別当寺としていました。現在では新潟を代表する神社として知られており、初詣の時期や「白川まつり」の際にはたくさんの参拝者で賑います。

新潟の白山神社で祀られている神様

 (808001)

白山神社では、どのような神様が祀られているのでしょうか?白山神社はその名からもわかるように、白山信仰の神社です。白山信仰は、日本三名山の1つである「白山」を信仰しています。

白山神社は、白山の頂上に祀られている菊理媛大神を勧請して建てられており、「どんな願いも聞き入れてくれる神社」として有名です。ここからは、祭神について解説していきます。

菊理媛大神

 (808007)

主祭神は3柱から成り立っています。その1人が、先ほども紹介した菊理媛大神です。ククリヒメノミコトと読み、別名は白山比咩(シラヤマヒメ)です。加賀の白山頂上に祀られている女神さまなのです。

ククルヒメノミコトの「クク」には、糸をくくるように人々の願いを聞いてくれる神様という意味があるのだとか。三柱の伊邪那岐命(イザナギノミコト)と伊邪那美命(イザナミノミコト)が夫婦喧嘩した際にも、菊理媛大神が仲を取り持ったと言われています。

二人の喧嘩を仲介したことと、男女の中を糸をくくるように整えることから「縁結びの神様」として全国的にも有名です。

伊邪那岐命

 (808008)

伊邪那岐命は3柱の1人で、伊邪那美命の夫です。国生みを行った男性の神様で、妻とともに大八洲(おおやしま)の国を始め、山川草木を司る神様や天照大神、月読命、須佐之男命を生み、国を治めさせたと言われています。

伊邪那美命

 (808009)

伊邪那岐命とは原初の夫婦で、白山神社の主祭神の1人です。夫とともに大地を固めることを命じられ、淡路島や四国、本州などを生みました。しかし、火の神を生んだことで、伊邪那美命は火事により亡くなってしまいます。

亡くなった妻を連れ戻そうと夫は死者の国を訪れ、禁を破ったとして夫婦別れすることになったと言われています。

配祀神について

 (808020)

3柱以外にも配祀神には、天照皇大神、八幡大神が祀られています。天照皇大神は、別名・天照大神、古事記では天照大御神と呼ばれており、日本の最高神と言われています。

太陽の神様で、国の平和を見守ってくれています。伊勢神宮の祭神として有名で、国土安泰、開運などのご利益があります。また、八幡大神は全国でも数多く祀られている神様の1人で、「武神」「弓の神」として知られています。

合祀神について

 (808021)

合祀神には18柱もの神様が祀られており、住吉大神、天満天神、稲荷大神、春日大神、鹿島大神、出雲大神などがいらっしゃいます。当然、それぞれの神様に異なるご利益がある訳ですから、白山神社のご利益は挙げきれないほどたくさんあると言えます。

一度の参拝で様々なご利益が授かれるのも白山神社の魅力の1つでしょう。

新潟の白山神社のご利益は金運?

 (808028)

白山神社では、3柱の主祭神を始め様々な神様が祀られており、ご利益の種類も豊富です。その中でも、代表的なご利益と言えば縁結びや商売繁盛、家内安全などでしょう。特に縁結びの神様として知られている白山神社では、良縁を求める参拝者が絶えないと言います。

ここからは、代表的なご利益を見ていきましょう。

金運や商売繁盛

 (808034)

白山神社の主祭神は、菊理媛大神です。先ほどもお話ししたように糸をくくるように人々の願いを聞いてくれる神様で、男女の仲だけでなく様々な場面で良い方向に結び付けてくれる力があります。

その1つがお金との縁を結びつけてくれる「金運アップ」、仕事に恵まれて結ばれる「商売繁盛」などのご利益です。戦国時代から江戸時代にかけては、新潟では白山神社の中でしか商売が許されていませんでした。境内には物資が集まり、いつも人で賑わっていたのです。

その時代より、商売の神様、繁栄の神様として地元の人から厚い信仰を受けており、現在でもその影響が残っています。

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪