2020年3月7日 更新

日本一深い湖はどこにある?日本の深い湖ベスト5!世界の深い湖も!

日本にある湖は様々な大きさがあります。面積が大きい湖は注目されることも多いですが、意外と知られていないのが水深が深い湖です。日本一深い湖を知っていれば雑学として披露することもできるでしょう。今回は日本の深い湖をランキング形式で紹介します。

日本一深い湖ランキング

 (811776)

「日本で1番深い湖ってどこ?」と聞かれたとき、あなたはすんなり答えを言えるでしょうか。日本にはいくつか有名な湖がありますが、その大きさや深さまで把握している人は少ないでしょう。

今回は湖の深さに注目してみました。日本にある湖の中で、最も深い湖のベスト5を順番に紹介します。また、世界の深い湖ランキングも紹介します。

日本一深い湖は?ベスト5!

 (811777)

それでは早速、日本で深い湖を第5位から第1位まで順番に紹介していきます。誰もが知っている有名な湖から、あまり知られていないマイナーな湖まで様々な湖がランクインしています。

湖が観光スポットになることは少ないですが、実際に訪れて見てみるのもおもしろいかもしれません。自分の知っている湖の深さを想像しながら読んでみてください。

第5位:摩周湖

 (811778)

「摩周湖」は北海道東部にある阿寒摩周国立公園内に位置しています。面積では日本で20番目の大きさですが、最大水深は 211.5 mで日本で5番目の深さです。

摩周湖は7,000年前に巨大な噴火が起こり、そこからできたカルデラ湖です。湖の中央付近には小島のカムイシュ島があります。また、摩周湖は閉鎖湖であるため流れがないため透明度が高いことが特徴です。なんとその透明度は世界で2番目を誇ります。

晴れた日には「摩周ブルー」という名前が付いたほど、湖面が澄んだ青色になります。環境保全のために立ち入ることはできないので、展望台から摩周湖を一望しましょう。

第4位:池田湖

 (811779)

日本で4番目に深い湖は、最大水深233mの「池田湖」です。鹿児島県の薩摩半島南東部に位置しており、九州最大の湖として有名です。

湖底には火山があり、およそ6,400年前の噴火によってできたカルデラ湖が池田湖です。過去には水の透明度で世界7位にランクインしていましたが、生活用水などによって汚染されてしまいました。

この池田湖には体長2mを超える大ウナギが生息しているとされ、「イッシー」という名前が付けられています。目撃情報はありますが、現在でも発見には至っておらず、謎に包まれています。

第3位:十和田湖

 (811780)

最大水深326.8 mの「十和田湖」は、青森県十和田市と秋田県鹿角郡にまたがってあります。面積も日本で12番目を誇り、規模の大きさが伺えます。

十和田湖の周りには山地が広がっており、火山群とされています。約20万年前の火山噴火によって形成されたカルデラ湖であり、国の特別名勝や天然記念物に指定されています。

観光地化しており、冬以外は湖内を遊覧船で周ることもできます。20万年をかけて形成された自然の美しさに目を奪われる人が多い湖です。流出河川の奥入瀬渓流も美しいので、ぜひ訪れてみてください。

第2位:支笏湖

 (811781)

札幌からわずか1時間の距離にあり、日帰り観光スポットとしても人気になっているのが「支笏湖」です。最大水深は日本2番目の360.1 mであり、対流が生まれやすいことから冬でも凍らない日本最北の湖です。

およそ4.4万年前の火山の噴火によってできたカルデラ湖で、当時は円形でしたが、後に両サイドから恵庭岳と風不死岳が噴出したのでくびれたような独特な形になりました。

水質ランキングでは何度も1位に輝いているほど透明度が高く、水中遊覧船に乗れば湖の中を覗くことができます。

第1位:田沢湖

 (811782)

日本で最も深い湖は、秋田県仙北市の田沢湖抱返り県立自然公園にある「田沢湖」です。最大水深は423.4 mを記録しており、「日本のバイカル湖」と呼ばれることもあります。

180万年前から140万年前の間に起こった噴火によってできたカルデラ湖としている説が濃厚ですが、その時の噴出物が見つかっていないため、定かではありません。

かつては日本有数の透明度が高い湖でしたが、強酸性の水を湖に導入した結果、急激に水質が変化してしまいました。その後水を中和化する施設が作られましたが、水質はいまだ改善していません。

田沢湖は有名な観光スポット

 (811783)

田沢湖は日本一深い湖として知られているだけでなく、人気の観光スポットにもなっており、1年を通して多くの人が訪れています。

ここでは田沢湖に伝わる伝説や湖の近くにある神社について紹介します。田沢湖を訪れる際には、湖の美しさだけではなく、湖畔も散歩してみると新たな発見があるでしょう。

たつこ姫の伝説

 (811784)

田沢湖には、「たつこ姫の伝説」が伝わっています。昔、神成沢には辰子という名前の美しい姫がいました。彼女は美しさを永遠に手に入れたいと願い、百日百夜の願掛けをします。すると百日目の夜、山を越えたところから湧き出ている水を飲めばいいとお告げがありました。

辰子は言う通りにし、水を飲みました。飲めば飲むほど喉が渇き、ついに口をつけて飲み始めました。急に辺りには雨が降り始め、山が崩れて深い湖になりました。こうして田沢湖はできました。そして美しかった辰子は龍の姿へと変わったのです。

そして八郎太郎というマタギが辰子の美しさを聞き、2人は恋に落ちました。田沢湖が冬でも凍らないのは、冬の間は2人が一緒に過ごせる時期だからと言われています。

韓国ドラマ「アイリス」のロケ地

 (811785)

1 / 2

関連する記事 こんな記事も人気です♪