2020年3月25日 更新

沖縄はマンゴーが美味しい!旬の時期や農園直売店・お土産情報まとめ!

沖縄マンゴーをお土産にするにはどこで買うのがお得なのでしょうか?また旬の時期は?今回は、沖縄マンゴーが安く買える場所やカフェを紹介!農園 直売やかき氷・シェイブアイスが美味しいカフェ、お土産におすすめのスイーツも見ていきます。

沖縄のマンゴーはお土産にもおすすめ!

 (827266)

沖縄は南国フルーツが豊富な県です。沖縄で有名なフルーツと言えば、パイナップルやマンゴー、アセロラやパッションフルーツなど、美容にもいい果物ばかりです。沖縄の太陽の恵みを受けてすくすくと育ったフルーツは、みずみずしくてジューシー!

もちろん季節によっても食べられるフルーツは異なりますが、マンゴーやパイナップルなどは一年中売られており、美味しくいただけます。今回は、沖縄でメジャーなフルーツ・マンゴーについて解説していきます。お得に買える場所や美味しいマンゴーの見分け方、かき氷などが楽しめるカフェやスイーツなども紹介します。

沖縄マンゴーの品種や旬の時期は?

 (827272)

マンゴーはフルーツの中でも非常に高価で、日本では頻繁に家庭で食べられる果物ではありません。ですので、沖縄に行ったら現地のジューシーなマンゴーを「思う存分食べたい」「お土産に購入したい」と思う方は多いでしょう。

沖縄を代表する夏のフルーツで一年中店頭で売られていますが、特に旬のマンゴーはねっとりと濃厚でジューシー!甘さのバランスが良く、沖縄のマンゴーの味を知ると他のマンゴーを食べられなくなるほど美味しいとか。

ここからは、ぜひ知っておきたい沖縄マンゴーの品種や旬の時期を解説していきます。

沖縄マンゴーの品種

 (827273)

まずは品種から見ていきましょう。沖縄の店頭でマンゴーを見てみると、お値段にもばらつきがあり、実は品種もたくさんあると言います。一般的なマンゴーと言うと、皮が赤い「アップルマンゴー(アーウィン種)」を思い浮かべる方がほとんどでしょう。

沖縄でも主流のマンゴーで、宮崎や鹿児島などでも売られています。ころんとした卵型で、まるでりんごのような色をしていることから、その名前がつけられています。

他にも有名なのが「キーツマンゴー」と呼ばれる非常に大きな品種で、完熟しても皮が赤くならないのが特徴的なマンゴーです。しかしその糖度は非常に高く、20度を超えるものもあるとか。
 (827689)

その他には、オレンジと黄色のグラデーションが美しい「夏子紅」、黄色い皮と高い糖度が特徴的な「金蜜マンゴー」などがあります。お店によっては珍しい色をしたマンゴーが並んでいることも。

大きさや色にもバリエーションがあり、糖度や食感もさまざま!定番のマンゴーだけでなく、他の品種にも注目してみてください。

旬の時期

 (827274)

続いては、マンゴーの旬の時期について見ていきましょう。マンゴーと言えば夏のフルーツ!日本で一番出回っている「アップルマンゴー」の出荷時期は6月~8月です。沖縄では気温が上昇し、夏真っ只中!その年の気候により豊作具合は異なりますが、出荷時期になるとスーパーでも美味しそうな色をしたマンゴーが並びます。

「キーツマンゴー」がもう少し遅い時期になり8月~9月。「夏子紅」は6月下旬~7月下旬の1ヶ月ほど、「金蜜マンゴー」は8月頃になります。品種によっては旬の時期が短くなるので注意が必要です。

お値段

 (827692)

マンゴーは「高価なフルーツ」という印象がありますが、お値段はどれくらいでしょうか?その年の豊作具合によっても値段は異なりますし、品種やランクによっても金額は前後します。

スーパーで売られている安いタイプのマンゴーであれば大体350円ほど。ランクが上がれば2kg3万円を超えるものも。また、買う場所によっても値段にばらつきがあります。JAなどの産地直売店は比較的安く、台風時期も価格がかなり下がると言います。

美味しいマンゴーの見分け方

 (827693)

同じマンゴーを買うなら、極力糖度が高くジューシーで美味しいものを買いたいもの!マンゴーには美味しい見分け方があるのでしょうか?甘みと酸味のバランスが良い「アップルマンゴー」は皮が赤い分、比較的美味しいマンゴーを見分けやすいです。

まずは傷がないかチェックし、香りを嗅いでみましょう。食べごろのマンゴーは香りがきつくなっており、触ると柔らかいです。

購入する際は、ふっくらとハリがあり表面にシワがなく、白い粉がついているものをチョイスしましょう。食べ頃は、白い粉が消えて艶が出てきた頃。購入してから少し日にちをおいて食べごろを待つと良いです。

沖縄マンゴーはどこで買う?お得に買える場所

 (827694)

沖縄のお土産と言うと、国際通りや空港などで買う人がほとんどです。もちろんマンゴーも売られていますが、お値段に注目するとあまり安いとは言えません。せっかく買うなら美味しくて安いマンゴーをゲットしたいところです。

沖縄マンゴーがお得に買える場所と言えばどこでしょうか?マンゴーを購入する方法としては、空港やスーパー、お土産屋さんを始め、JA直売所、農家さんから買う方法があります。

ここからは比較的お安く買える場所を紹介していきます。

JA直売のファーマーズマーケット南風原「くがに市場」

♡Jackie♡ on Instagram: “マンゴーフェア♡#thebearsschool #jackie #okinawa #mango #マンゴー” (827724)

沖縄県内には、JAの直売所「ファーマーズマーケット」が全部で8か所あります。農家さんから直接持ち込まれるお店もあり、店頭にいると実際に作っている方と出会うこともあります。もちろん市場から直接仕入れて販売しているパターンも。

8か所の中でおすすめなのが南風原にある「くがに市場」です。店内では試食が充実しており、実際に食べてどのようなお味が確認できます。マンゴーはもちろんですが、特にかぼちゃに力を入れており、全国の市場に発送しているとか。

お得なパックに入ったものや、贈答用など種類豊富なマンゴーが揃っており空港等に比べるとかなりお安くなっています。

JA直売のとよさき菜々色畑

Taka Saisho on Instagram: “Now is the best season for Okinawan Mango🥭 It’s so sweet and melts in my mouth😋😋😋 #沖繩 #okinawa #沖繩芒果 #okinawamango” (827732)

豊見城市にある「ファーマーズマーケット」で、地場産の野菜やフルーツを扱っています。夏になると彩りが美しい豊見城市産のマンゴーがずらっと並びます。B級品であれば、A級品の半値ほどで売られており、もちろん味もジューシーで美味しいです。見た目にこだわらないなら、B級品を選ぶのも手です。

配送にも対応しているので、新鮮なマンゴーを買って送ることも可能!マンゴーだけでなくその他のフルーツや野菜も充実しており、シークワーサーやパイナップルなどもおすすめです。安くて美味しいマンゴーに出会えること間違いありません。

那覇のショッピングセンター

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪