2020年3月25日 更新

沖縄・海中道路付近のおすすめのカフェ4選!ランチは海の駅がいい?

沖縄の美しい海と風を感じながらドライブを楽しめる「海中道路」は沖縄の観光スポットとしても有名な場所です。「綺麗な海を背景におしゃれなカフェでランチしたい!」という方に読んでいただきたい、おすすめの「海カフェ」について紹介していきます!

海中道路のドライブで立ち寄りたいカフェをご紹介!

 (827216)

沖縄にある「海中道路」はその美しい海と風を楽しみながらドライブやサイクリングを楽しむことができる、有名な観光スポットのひとつです。

そんな海中道路でのドライブ途中に休憩がてら立ち寄りたい、おすすめのカフェを4つ紹介します!

海中道路とは?

MILK BOMB on Instagram: “7/22浜比嘉島店OPEN時間変更のお知らせ❗️12:00→14:00頃ギリギリでの変更になりすみません🙇‍♀️今日から浜比嘉ビーチ前にて夏休み期間限定Openです🌺🏝🐄よろしくお願いします❗️ #浜比嘉島#浜比嘉ビーチ #海中道路ドライブ #橋渡って右” (827218)

海中道路近辺のオススメカフェを紹介する前に、海中道路とはどんな場所なのかを簡単に紹介します。海中道路は1971年(昭和46年)5月に着工された道路で1972(昭和47年)年4月に完成、その後改良されていき1999年(平成11年)に現在のような景観になりました。

具体的にどういった道路なのか、その特徴について紹介していきます。

沖縄にある全長4.75kmの道路

yuri on Instagram: “▽沖縄最終日は、今回の滞在の思い出に浸りながら海中道路ドライブ🚙久しぶりの運転はマラソンより緊張したのはここだけの話🐒ここに着く頃には緊張も解けて気持ちよかったー♡” (827217)

海中道路は沖縄本島と平安座島を繋ぐ全長4.75kmにおよぶ、水位の浅め海域を埋め立てて造られたた県道です。実際に車や自転車で走ってみるとまるで海を走り抜けるような魅力があり、地元の人や観光客が集まる人気スポットとなっています。

昔の島の住人が沖縄本島に行くときは浅瀬を歩いて渡るか、渡り舟を使うしかなくとても不便でした。そこで石を積み上げて少しずつ橋を作ろうとしたという話がキッカケで今の海中道路が出来上がりました。

完成までにはいくつも困難があったといいますが、それを乗り越えて完成した沖縄に架かる橋は、まさしく地元の未来への架け橋だとも言われています。

人気のドライブコース

カメラ〜メン🐢🍜 on Instagram: “あやはし🌉🐢🍜勝連城跡から撮影しました📸#沖縄の海#海#海中道路 #一眼レフ#カメラーメン🐢🍜” (827222)

沖縄の海中道路はエメラルドグリーンの綺麗な海が間近に見渡せる絶景スポットになっているため、今では地元の人や観光客がたくさん集まる人気の観光スポットとなっています。

そんな美しい海に囲まれて海中道路を車やバイク、自転車で駆け抜けるのはとても開放感があります。そのためドライブコースやサイクリングコースとしても有名です。

また、海中道路の中ほどに「海の駅 あやはし館」という場所があります。ここでは地元の特産品である「勝連もずく」や「伊計島の黄金芋」をはじめ、お土産品が買えたり、地元の食材を使った食事を楽しめるレストランなどがあります。

海中道路で行ける4つの島

カラチ on Instagram: “3月16日。快晴。日の出。#海中道路 #浜比嘉島” (827223)

海中道路は沖縄本島から近隣の島を繋ぐ道路で「平安座島」「浜比嘉島」「宮城島」「伊計島」の4つの島に行くことができます。

この4つの島は綺麗なビーチやパワースポットなどの観光スポットも多く、海中道路近辺を訪れたのなら是非行ってみることをおすすめしたい島々です。

それぞれの島はどんなところなのか、どういう観光スポットがあるのかを説明していきたいと思います。

平安座島

米川 保 on Instagram: “沖縄の平安座(へんざ)島の竜宮門⛩️と亀岩🐢~竜宮城🏯への入口かも😉#沖縄 #沖縄の風景 #沖縄の海 #沖縄の空 #うるま市 #平安座島 #竜宮 #亀 #神社 #神社仏閣 #神社巡り #寺社 #寺社巡り #寺社仏閣 #okinawa #okinawa_japan” (827225)

昔は貿易中継地として栄えていた島で、石油基地が造られていました。もともと海中道路が造られたのは石油の輸送のためというのもキッカケのひとつとも言われています。

平安座島の見どころは絶景ポイントでサイクリングや散歩にちょうどいい「浜比嘉大橋」や、宮島方面への道沿いにある防波堤に描かれた「護岸アート」でしょう。

「浜比嘉大橋」では沖縄らしい雄大で美しい海が見渡すことができ、ここでサイクリングやウォーキングをするのが最高です!

また、散歩をするなら「平安座西公園」もおすすめです。浜比嘉島の景色を思いっきり見渡すことができる穴場スポットでもあります。

「護岸アート」は高さ3m、長さ約1.6kmの防波堤に描かれた個性的なアートです。「平宮護岸アートコンクール」にて地元の子どもや団体が描いており、温かさとパワーを感じられる作品が並んでいます。

浜比嘉島

Kao Yoneji on Instagram: “.沖縄の余韻🌺きれーすぎーー...#沖縄#ムルク浜ビーチ #okinawa #沖縄旅行” (827230)

那覇市内から高速道路を使うと車で1時間ちょっとのところにある島で、美しいビーチや歴史を感じる昔ながらの風情溢れる街並みを観ることができる島です。

天然ビーチである「ムルク浜ビーチ」では夏のレジャーシーズンの期間中、ダイビングやバナナボート、フライボードなどの海のアクティビティも楽しめる場所となっています。

また浜比嘉島は「神様が住む島」と言われており、昔から地元の人に大切にされてきた聖域である「シルミチュー」と「アマミチューの墓」はパワースポットも有名です。

こちらを訪れるときは心静かに、そして美しい自然に感謝しながら参るようにしましょう。

宮城島

ぶーすけ on Instagram: “果報バンタが凄すぎた #沖縄 #ぬちうなー #果報バンタ #宮城島” (827232)

宮城島は海中道路でつながる4つの島の中で最も高い標高を誇る島で、美しい景色はもちろんのこと、穴場のビーチやパワースポットが点在する場所として知られています。

地元のサーファーに人気の穴場のビーチ「アクナ浜」や「トンナハビーチ」、絶景やパワースポット、そして美味しい食事が楽しめる「ぬちうなー」など観光スポットも充実している島です。

中でも無添加塩工場でもある「ぬちうなー」は宮城島で最も人気のある観光スポットとなっています。工場に併設されているレストランカフェでまったりしたり、敷地内にある「龍神風道」「三天御座」といったパワースポットで英気を養ったりすることもでき、とても人気です。

伊計島

Hiramatsu Yoshiaki on Instagram: “HDRi Entrance of Odomari Beach in Ikei Island, Okinawa 沖縄伊計島にある大泊ビーチの入り口 #沖縄旅行 #カメラ好き #カメラ女子 #カメラ男子 #カメラ旅 #landscape_capture…” (827228)

那覇空港からは約50kmのところにある伊計島は美しい海をバックに一面に広がるサトウキビ畑の光景が特徴的で、島面積は1.7㎢、周囲7kmと少々小さめの島です。

中でもおすすめの観光スポットは、直線距離にして約600mの広いビーチがある「大泊ビーチ」でしょう。この大泊ビーチは海の透明度がとても高く、遊泳エリアの内側にもサンゴ礁があることからたくさんの魚を観ることができます。

「仲原遺跡」では沖縄の歴史を感じることができる穴場スポットで、沖縄県内で最大級の縄文時代にあったと考えられている村落跡が発見された場所です。

この場所はサトウキビ畑のど真ん中にポツンとある、なんとも異色な雰囲気がある場所で、復元された「竪穴式住居」を観ることができる国指定史跡でもあります。

海中道路で行けるおすすめのカフェ

 (827233)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪