2020年1月19日 更新

在住者が教えるタイのおすすめ観光スポット10選!危険な場所の情報も

バンコク在住の筆者がおすすめしたい!タイ旅行で必ず行っておきたい幸運を運んでくれる名所や絶対思い出に残るバンコクの夜の過ごし方、観光地に潜む危険からタイ旅行にオススメの時期や安く行ける方法までお伝えします。これからタイ旅行を控える方必見です。

タイでおすすめの観光名所を紹介!危険な場所もある?

@haruyama70h on Instagram: “#watarun #bangkok #thailand#夕日#景色#空#タイ#バンコク#ワットアルン#チャオプラヤー川 #sky #sunset #scenery #chaophraya #chaophrayariver #photography #travel…” (774187)

寒い日本から常夏の国タイへ旅行を考えている方は多いのではないでしょうか?バンコク在住の筆者がオススメ観光スポットやタイ旅行をより安価に楽しめる時期など、住んでるからこそ分かるとっておきの情報をお伝えします。

仏教国タイならではの注意点やタイでよくあるトラブルについてもまとめてありますので下調べに是非お使い下さい。

タイに行ったらここ!おすすめの観光スポット

Thai-ger on Instagram: “Lettuce wrap, sweet and sour salad, spicy tom yum, curry, mango sticky rice, Coconut drink! Visit us for a filling and flavorful Thai…” (774194)

こちらの記事ではタイの首都バンコクとバンコクから小旅行的な感覚で行く事ができるオススメ観光スポットをお伝えします。インスタ映えする事間違いない絶景から幸運を運んでくれるパワースポットまでご用意しました。

是非参考にして足を運んでみて下さい。

願いを叶えてくれる「マハープラマ」

Javan Ng on Instagram: “Say a little prayer at Erawan Shrine in Bangkok. 🙏🏼 The four-faced Buddha of the Erawan Shrine in Bangkok is a sacred site visited by many…” (774675)

ホテルグランドハイアットエラワンの敷地内にあるバンコク最強のパワースポット、マハープラマ(エラワン廟)。
こちらはヒンズー教の最高神の一人ブラフマーが祀られており、願い事が叶う寺院として口コミで話題が広まったことから、一年中参拝客の絶えない大変人気のある寺院です。

寺院の付近はお供えのお香で常にもくもくと煙が立ち込めています。ブラフマー神の像に向かって真剣に祈る人々を見ていると、この寺院がタイ人にどれほど信頼を持たれているかが伝わってきます。

ここで願い事が叶った人は、ブラフマー神に踊りを奉納することから、その敷地内に専属の舞踊団が待機しています。タイミング次第ではタイ伝統の踊りや音楽を鑑賞することもできます。
住所 494 Phloen Chit Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok, 10330
開放時間 07:00〜23:00
行き方 BTS Chitlom駅(チットロム)2番出口直進100m

ネズミに願い事を伝える「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」

ゆうち on Instagram: “🎍HAPPY NEW YEAR🎍2020年も素敵な年に✨✨今年も宜しくお願いいたします🙌#タイ #タイ旅行#thailand #thailandtravel #ガネーシャ #ピンクガネーシャ #ワットサマーンラッタナーラーム #願いが3倍速で叶う象” (774699)

巨大なピンクガネーシャ像が横たわる光景で有名なワット・サマーン・ラッタナーラームは、バンコクから車で1時間半ほどのチャチュンサオ県にある寺院です。

ここで願い事をすると、すぐ叶うとしてタイ人の間では元々人気のある寺院でしたが、近年ではインスタ映えを目的とした観光客の間にも人気が広まり、連日多くの人で賑わっています。尚、入場料は無料です。

ピンクガネーシャ像の周りには曜日ごとに色分けされた7つのネズミの像が置かれていて、その年の自分の誕生日の曜日と同じ色のネズミにお願いをするユニークな仕組みになっています。この他にも、金運にご利益がある2つのネズミ像もあります。

バンコクから個人でバスを乗り継ぎ行く方法もありますが、旅行会社でバンコクからのツアーも多く用意されているのでそちらを利用してもいいでしょう。
住所 Moo 2, Tambom Bang Kaeo, Amphoe Muang Chachoengsao, Chachoengsao
開放時間 終日空いています。
行き方 バンコクBTS Ekkamai駅(エカマイ)駅前にある東バスターミナルから、チャチュンサオのバスターミナルまで約1時間半。そこからソンテウ(乗り合いタクシー)で約30分。

神々しい建造物に囲まれた「ワット・プラケオ」

My travel pictures 📷 on Instagram: “Wat Phra Kaew 📍  #bangkok #thailandtravel #bangkokcity #bangkokthailand #bangkoktrip #igersbangkok #travelthailand #thaitemple…” (774720)

タイで最も高い地位と格式を持つワット・プラケオは王宮の敷地内にあり、王室の守護寺院として建立されました。
寺院内には翡翠でできた仏像が祀られていて、別名エメラルド寺院と言われる所以となっています。

ワット・プラケオの本堂には、金とカラフルなガラスのモザイクで彩られた豪華絢爛なデザインが施されており、黄金の仏像や細やかなタイル装飾で埋め尽くされた壁に圧倒されます。

入場料500Bとタイの寺院では最も高い拝観料ですが、その値段も全く納得できる素晴らしい作りの寺院です。
実際タイ人の99%はワットプラケオに行く事を進めてきますし、タイに行くのであればワットプラケオ観光は最優先事項だと思います。

写真では伝わりきらない素晴らしい寺院ですので、是非足を運んでみて下さい。

住所 Thanon Naa Phalaan khween Pra-Barom Mahaa-Rachawang, Khet Phranakhorn
開放時間 08:30〜16:30(最終入場は15:30)
入場料 外国人500バーツ、身長120cm以下の子供無料
行き方 ・バンコクのサトーン船着場(sathorn / Taksin)から水上バスでターチャン船着場(Tha Chang)まで約30分。そこから徒歩2分〜3分。・BTS National Studium駅(ナショナルスタジアム)かMRT Hua Lamphong駅(ファランポーン)からタクシー

タイの歴史を感じるなら「スコータイ歴史公園」

ᴹᵃᵐᶦ on Instagram: “Wat mahathat  in Sukhothai historical park. The Buddhist temple architecture is looked beyond the lotus blooming pond is so beautiful!…” (774741)

スコータイ歴史公園は、バンコクから北に約430㎞離れたスコータイにあるタイ族最古のスコータイ王朝の都跡で、世界遺産に登録されています。70㎢という広大な敷地内に文化庁の管理の元保存されている約200件もの寺院や遺跡群を見ることができます。

緑の木々の中に点在する巨大な仏像やクメール様式の遺跡を巡っていると、タイムスリップしたような感覚になります。夜間の幻想的な遺跡のライトアップも美しいです。広い歴史公園内を見て回るには、レンタルサイクルかトゥクトゥクが便利。

バンコクの喧騒から離れてタイの田舎町を見てみたい方にはバンコクからスコータイの一泊旅行が大変オススメです。
住所 Muangkao, Amphur Muang, Sukhothai 64210
開放時間 06:30~18:00、土曜06:30~21:00(ライトアップは土曜18:00~21:00のみ)
入場料 各遺跡につき100B
行き方 ・スワンナプーム国際空港から直行便で所要約1時間15分・バンコクの北バスターミナルからバスで所要約7時間。

寝そべった大仏が圧巻「ワット・ポー」

Stephane Chen - 🇫🇷🇹🇼 - 🌈✨🐰💫 on Instagram: “Reclining Buddha #bangkok #city #street . . . . . . . . . . . . . . .  #temple #walk #thailand #wat #thai #love #sky #chaoprayariver #boat…” (774766)

巨大な涅槃像で有名なワットポーはバンコク有数の世界遺産の一つです。全長49メートル、高さ12メートルの長いお身体を進んで行くと、その大きな足に辿り着きます。その足の裏には仏教と関わりの深いバラモン教の宇宙観が繊細な108の絵で表されています。それはただ眺めているだけでスピリチュアルな意味が伝わってくるような素晴らしい絵です。

なんとワットポーは古式マッサージの総本山でもあり、寺院内にタイ古式マッサージの受けられる施術所が用意されています。時間30分で値段は260バーツ(約800円)から。涅槃像を拝んでから、疲れた身体をマッサージで癒せるなんて嬉しいですしタイならではの経験だと思います。
住所 22 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok
開放時間 08:00〜18:30
入場料 外国人200バーツ 120cm以下の子供無料
行き方 MRT Sanamchai駅 (サナームチャイ駅)徒歩3分

ショッピングを楽しむなら「ラチャダー鉄道市場」

Katherine on Instagram: “Back to New Rot Fai market, still the same crowds😱#rotfaimarket #bangkoknightlife #rachadanightmarket” (774787)

安くて美味しいご飯やタイらしい細々とした雑貨、かわいい洋服までなんでも揃うナイトマーケット。
タイの観光でナイトマーケット巡りは欠かせません。

その中でもアクセスが良く観光客から人気があるのがラチャダー鉄道市場です。
広大な敷地の中に小さなテントの店やおしゃれなバーがひしめき合う空間はとても楽しいものです。

またラチャダー鉄道市場はインスタ映えスポットとしても知られており、向かいのショッピングセンターの屋上からマーケットのテントを見下ろすと、カラフルで綺麗な写真が撮れることからスポットとなっています。
住所 Ratchadaphisek Rd, Din Daeng, Bangkok 10400
開放日時 毎日17:00〜01:00
行き方 MRT Thailand Cultual Centre駅(タイランドカルチャーセンター)から徒歩2分

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪