2020年3月7日 更新

石清水八幡宮は厄除けのパワースポット!ご利益や見どころ・御朱印についても

京都にある石清水八幡宮は厄除け・厄払いのパワースポットとして人気です。経営の神様・松下幸之助や武将からも厚い信仰を受けていたとか。今回は、石清水八幡宮のすごいご利益やパワースポットを徹底解説!見どころや御朱印、おみくじについても紹介します。

石清水八幡宮のご利益がすごい!

 (814503)

京都府八幡市にある石清水八幡宮をご存じでしょうか?建物の10棟が国宝にしていされおり、日本三大八幡宮の1つともされる由緒ある神社の1つです。

京都には歴史溢れる建造物がたくさんあり、国内外から多くの観光客が訪れています。縁結びや恋愛成就を願ってパワースポットに行く方も多いでしょうが、石清水八幡宮は特に浄化パワーに優れた神社です。厄を祓うことで開運にもつながりますので、運気アップにもぴったりなんです。

今回は、石清水八幡宮のご利益やパワースポットを解説!御朱印や口コミも紹介していきます。

石清水八幡宮について

 (814504)

石清水八幡宮は、伊勢神宮に次ぐ二所宗廟の1つで、創建の頃から二十二社(上七社)に指定されています。また宮中は、四方拝で遥拝される神社の1つでもあります。格式高い石清水八幡宮は、多くの文化人からも愛されてきたとか。

数ある京都のパワースポットの中でも、石清水八幡宮はさほど名が知れた神社ではありません。市街地から少し離れた大阪との県境にあるのも理由でしょう。

しかし境内には様々な見どころがあり、多くのご利益を授かれる非常に強いパワーを感じさせる神社です。
 (814514)

石清水八幡宮が創建されたのは、860年です。宇治神宮から勧請され京都南部の男山に鎮座しました。創建以来、宮寺形式をとっていましたが、神仏分離により仏式は廃止されています。

元々お寺だった岩清水八幡宮は、仏と神の力で災いから護り、現在もその強いパワーを引き継いでいます。

ご祭神は?

 (814505)

御祭神は3柱から成り立っています。誉田別命 (ほんだわけのみこと)、比咩大神 (ひめおおかみ)、息長帯姫命 (おきながたらしひめのみこと)で、「八幡大神」「八幡三所大神」と呼ばれています。

誉田別命は、第15代「応神天皇」のことで、息長帯姫命 の夫でもあります。夫婦そろって軍を率いて海を渡りました。比咩大神は西御前に祀られる女神さまで、玄界灘の神として知られています。息長帯姫命は、住吉大社の第四本殿に祀られている神様です。

松下幸之助が愛した神社

 (814506)

経営の神様とも言われた松下幸之助が愛した神社としても有名です。松下幸之助とは、パナソニックを創業し、世界的企業へと発展させた方。

経営に関する数々の名言を残しており、5年間で売り上げを4倍にするという「5年計画」を4年で成し遂げた驚異的な経営人です。そんな彼が愛した石清水八幡宮は、戦国武将からも厚い信仰を受けてきており武家の聖地でもありました。

日本三大八幡宮の一社

 (814507)

石清水八幡宮は、日本三大八幡宮の1つとしても知られています。主に武家の崇敬を集めた土地に建てられた全国におよそ1万あると言われる八幡宮の内、最も由緒と知名度が高い3つの神社が日本三大八幡宮です。

宇佐神宮(大分県宇佐市)、筥崎宮(福岡市東区)あるいは鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)と、石清水八幡宮が選ばれています。

それだけ由緒あり有名でご利益が高いということです。

石清水八幡宮のご利益

 (814508)

戦国武将からも崇敬され、経営の神からも愛された石清水八幡宮にはどのようなご利益があるのでしょうか?厄除けのご利益があるということは、当然それに伴い開運も得られます。

また武将から愛されてきたことから必勝のご利益も期待できるでしょう。では、具体的にどのようなご利益があるのか紹介していきます。

厄除け・厄払い

 (814530)

誰しもに厄年があり、通常より災いに遭遇しやすいと言います。日本では厄払い・厄除けをする風習があり、無事安泰に過ごすために祈祷されます。

石清水八幡宮では、降りかかる災いを取り払うご利益があり、多くの方が厄除けに訪れています。鎌倉時代の元寇では、境内から放たれた矢が襲いかかり元軍を撃退したという言い伝えもあり、そこから厄除けの神様として知られるようになりました。

必勝

 (814542)

武士からも勝利を司る神様として崇められてきました。八幡大神を祀っていることからも、障害を突破し勝利に導く、目標に向かって突き進む必勝のご利益があります。

新しく何かを始める時、成功したい時など、強いパワーが必要な時に参拝すると障害から守ってくれ、必勝に導いてくれるでしょう。

安産

 (814546)

安産のご利益は、息長帯姫命からきています。息長帯姫命は、妊娠中でありながら遠征を遂行した神様です。また、帰国後無事に出産したことから、安産の神様として祀られています。

妊娠したら誰しも安産を願うものでしょう。必勝のご利益もありますので、Wのパワーで良い結果に導いてくれるはず!

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪