2020年3月4日 更新

バンコクからチェンマイは電車・バス・飛行機どれがいい?在住者が解説!

バンコクからチェンマイへの行き方は?日本からチェンマイに行く場合、直行便もありますが、主にバンコクで乗り継ぎが必要です。バンコクからチェンマイへ行くには主に飛行機、電車、バスの3つの手段があります。こちらの記事ではその3つの手段について詳しくご紹介します。

バンコクからチェンマイまでの移動手段は主に3つ

チェンマイにはお寺が沢山

チェンマイにはお寺が沢山

タイの首都バンコクから北のチェンマイに行くには主に3つの手段があります。こちらの記事ではその3つの手段を詳しくご紹介します。ご自分にあった方法を選んでバンコクからチェンマイへ行ってみましょう。

チェンマイについて

ワットスワンドーク

ワットスワンドーク

チェンマイはタイの首都バンコクから北西700Kmに位置し、その街の歴史の長さや都市の格からバンコクに次ぐ第二の都市とも言われています。チェンマイは13世紀末〜16世紀半ばにランナー・タイ王国の首都として栄えました。そのため現在も城壁がある旧市街を中心に、100を超える古い寺院が残っており、貴重な観光資源となっています。

チェンマイは山に囲まれた地形で気温がバンコクに比べ涼しく穏やかなので、海外から移り住む外国人も多くいます。その数はなんと27000人にものぼるそうです。もちろん観光客の数も年々増加傾向にあり、年間約300万人もの旅行者がチェンマイへ訪れるそうです。

バンコクからチェンマイの移動手段【飛行機】

バンコクからチェンマイ行の飛行機は安い

バンコクからチェンマイ行の飛行機は安い

日本からチェンマイに行く場合、直行便もありますが、首都バンコクで乗り継ぐ場合が多いです。飛行機でバンコクからチェンマイへ行くには、"スワンナプーム国際空港"か"ドンムアン空港"を使います。
どちらの空港からでもその飛行時間は約1時間20分です。

スワンナプーム国際空港からチェンマイ空港までは"タイ国際航空、バンコクエアウェイズ、タイスマイル、タイベトジェットエア"の主に4会社から飛行機が飛んでいます。またドンムアン国際空港からチェンマイ空港までは"エアアジア、ノックエア、ライオンエア"の主に3会社から飛行機が飛んでいます。その飛行本数はとても多いです。

航空券の値段は購入時期にもよりますが大体片道800バーツ〜1500バーツ(約3000円〜5000円)ほどです。このコスパの良さを考えると、バンコクからチェンマイまでは飛行機で行くのが一番効率が良いかもしれません。

また、チェンマイ空港から市内へのアクセスは非常に簡単です。到着ゲートの目の前に、24時間運行のタクシーカウンターが設置されています。空港から市内への距離は5、6km。行先にもよりますが、大体15分前後でチェンマイ市内に到着できます。

バンコクからチェンマイの移動手段【電車】

ファランポーン駅からチェンマイ駅行きの時刻表

ファランポーン駅からチェンマイ駅行きの時刻表

バンコクからチェンマイまで寝台列車で行く方法もあります。バンコクからチェンマイへ行く鉄道は、国鉄のHua Lamphong(フアランポーン)駅から出発します。チェンマイ行の便は1日5便あります。2020年3月現在の時刻表は写真の通りです。所要時間は大体14時間。料金は約700バーツ〜1500バーツ(約2400円〜5000円)で、便や寝台列車の二段ベットの上下で値段が変わってきます。

切符は下記のサイトからオンライン購入が可能です。出発の60日前から2時間前までの乗車券が購入することができます。チェンマイ行の列車は人気でなのですぐ売り切れてしまいがち、予定が決まったら早めに購入しておきましょう。会員登録をすればオンラインでチケット購入が可能です。バンコクからチェンマイのチケットオンライン購入はこちら↓
https://www.thairailwayticket.com/eTSRT/default.aspx?language=1

予約サイトで列車を指定すると出てくる”Berth”とは座席がベッドになる”寝台”を意味し、“Seat”とは”ただの椅子”を意味しています。”Seat”はいくら値段が安くからと言っても要注意です。チェンマイまでの14時間永遠に直角の固い椅子で過ごす事になりますので、、、。寝台列車のベッドは二段ベッドでフルフラットなので身体をゆっくり休めることができますし、1つずつにカーテンが付いているのでプライバシーも守られます。

車内ではお弁当やお菓子や飲み物の移動販売がありますので飲食も可能です。明るいうちの便を選べば、景色を楽しむことができるのでおすすめです。チェンマイまで列車移動は少々時間はかかりますが、良い思い出に残るでしょう。

国鉄チェンマイ駅はチェンマイの市内から約3km離れた場所にあります。乗り合いトラッックのソンテウやタクシーを使って市内まで移動しましょう。

バンコクからチェンマイの移動手段【バス】

タイの長距離バスは快適

タイの長距離バスは快適

1日分のホテル代を節約したい人におすすめなのがバス移動です。バンコクからチェンマイへのバスはバンコクのモーチットにある北バスターミナルからたくさん出ています。バスでもチェンマイへの所要時間は10時間から13時間ほど。値段は500バーツから1000バーツ(約1700円〜3500円)です。

北バスターミナルに着いたら誘導係がいますのでチェンマイへ行きたいと伝えれば、チェンマイ行チケット売り場まで連れて行ってくれます。チェンマイ行のバスは1日にたくさん出ているので事前予約は特に必要ないと思いますが、コムローイなどイベントごとのある時は事前にチケットを購入しておくことをおすすめします。
バンコクからチェンマイのバスチケットオンライン購入はこちら↓
https://www.busonlineticket.co.th/booking/bangkok-to-chiang-mai-bus-tickets

タイの長距離バスを利用するとその快適さに驚くかもしれません。座席がマッサージチェアになっていたり、途中でバス会社専用のスペースに寄りビュッフェを食べることができたり、ビュッフェは無いまでも食事やお菓子やドリンクが移動中何度も提供されるのはどのバス会社も同じようです。トイレはバスについていますし、何度かインターチェンジにも停まります。

夜行バスを使ってチェンマイへ行けば1日分のホテル代・食事代を浮かすことができますので旅費を抑えたい人にはお勧めの手段です。

一つ気をつけたいことはタイの長距離バスは冷房が半端なく効いている場合が多く、ブランケットは一人一枚かならず用意がありますが、上着がないと凍える寒さです。バスを利用する場合は長袖長ズボンで乗ることをおすすめします。

目的に合わせた移動手段を選ぼう

チェンマイにはエレファントキャンプが沢山

チェンマイにはエレファントキャンプが沢山

チェンマイへ安く早く行きたい方は飛行機、景色を楽しみながらのんびり寝台列車体験のしたい方は鉄道、1日分のホテル代や食事代を浮かしたい方はバス、それぞれの手段にメリットがありますね。

目的にあった移動手段を選んでチェンマイへの旅を楽しんでください。

1 / 1

関連する記事 こんな記事も人気です♪