2019年12月10日 更新

シンガポールのコンセント事情まとめ!iPhoneの充電方法は?

シンガポールのコンセントで、日本から持ってきたiPhoneやドライヤーなどは充電できるのでしょうか?シンガポールのプラグの形状・タイプ、変換プラグが必要か、また、ダイソーで購入可能かについて解説します。シンガポール旅行前にぜひご覧ください。

シンガポールのコンセント事情

Singapore Marina Bay Sands - Free photo on Pixabay (754622)

治安が非常によく、多くの観光スポットで充実しているシンガポールは日本人の間でも特に人気の高い旅行先のひとつです。飛行機で6時間半ほどでアクセスできる便利さもその人気の要因でしょう。

日本からシンガポールに旅行する際に気になるのが、現地で日本から持ってきた電化製品をそのままコンセントにつなげるのかということです。海外では日本と電圧やプラグの形状・タイプが異なることが多いものですが、シンガポールの場合はどうなのでしょうか?

この記事ではこれからシンガポールに旅行をされる方のために、シンガポールのコンセント事情について徹底解説しています。ぜひ旅行前にご覧ください。

シンガポールのコンセントタイプの形状は?

Plug Socket Wall - Free vector graphic on Pixabay (754623)

まずは、シンガポールのコンセントのタイプについて確認しておきましょう。日本のコンセントはAタイプと呼ばれるもので、長方形の穴が2つ横に並んでいます。

それに対してシンガポールのコンセントの形状はBFタイプと呼ばれるもので、穴が3つもあります。長方形の縦長のものが1つと、横長のものが2つです。日本国内を出たことがない人からすると、BFタイプのコンセントの形状は奇妙に感じられることでしょう。

コンセントの形状が異なればもちろん、日本で使用していた電化製品をそのままつなぐことはできません。

変換プラグはダイソーで買える?

Power-Plug Symbol Icon - Free vector graphic on Pixabay (754624)

日本のコンセントがAタイプなのに対してシンガポールはBFタイプであると聞くと、「じゃあ日本の電化製品を持って行ってもシンガポールでは使えないのか」と思ってしまう方もおられることでしょう。

ですが、変換プラグを使えば、Aタイプ対応の電化製品であってもBFタイプのコンセントにつなげることはできます。変換プラグの価格は千差万別であり、そう頻繁に使うものでもありませんので、できるならば安く抑えたいものでしょう。

百円均一のダイソーでは、シンガポール旅行用に変換プラグを購入できるのでしょうか?

BFタイプの変換プラグはダイソーで売ってない

Electricity Outlet Plug - Free vector graphic on Pixabay (754625)

結論を先に行ってしまうと、ダイソーではBFタイプの変換プラグは売っていません。ダイソーでは、Cタイプなどの変換プラグに関しては取扱いがなされていますが、BFタイプはそこまで需要がないからか、取り扱いがなされていないのです。

BFタイプの変換プラグが売っている場所

Question Mark Why Problem - Free photo on Pixabay (754626)

ダイソーでBFタイプの変換プラグが売っていないとすると、ではシンガポール旅行用にどこで変換プラグを購入すればよいのでしょうか?

BFタイプの変換プラグが売っている場所としてまず挙げられるのが、ビックカメラやヨドバシカメラのような家電量販店です。大きな店舗であれば、まず間違いなく売っているでしょう。他にも、トラベル用品を専門に扱うお店などでもBFタイプの変換プラグを購入できます。

また、日本国内の空港のショップでも変換プラグを売っているお店は多いので、万が一買い忘れた時でも旅行直前に入手することは可能でしょう。

シンガポールの電圧は?

Electricity Electrician Power - Free image on Pixabay (754627)

国が違えば電圧も違います。日本の電圧は100Vで、周波数は50Hzと60Hzの2種類がありますが、ほとんどの電化製品はどちらの周波数にも対応できるように設計されています。

対するシンガポールの電圧は230Vと、日本の2倍以上です。また周波数は50Hzになります。電圧がかなり違うため、当然ながら日本の電化製品をそのまま使用することはできません。

変圧器を使えば、100Vのみ対応の電化製品でもシンガポールで使用できます。変圧器は家電用品店やAmazonなどのECサイトで購入することができるので、ぜひ旅行前にチェックしてみてください。

日本から電化製品を持っていくときはどうする?

Socket Current Electricity - Free photo on Pixabay (754629)

数日間だけの滞在であっても、シンガポール旅行の際に日本から電化製品を持っていく方は多いことでしょう。たとえばiPhoneや携帯電話はマストアイテムですし、女性の場合はドライヤーやヘアアイロン、美顔器などをスーツケースの中に入れる方も少なくないはずです。

ここからは、日本の電化製品をシンガポールで使うために知っておきたいポイントや注意点についてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

変換プラグを持っていく

Approved Button Check - Free vector graphic on Pixabay (754630)

日本の電化製品はプラグの形状がAタイプになっています。対するシンガポールのコンセントはBFタイプの形状になっており、Aタイプのものをつなごうとしても無理ですし、故障や事故を招いてしまうでしょう。

シンガポールで日本の電化製品を使いたいのならば、忘れずに変換プラグを持っていくことが必要です。変換プラグはそう高いものではなく、安ければ数百円で購入できることもあるので、複数の電化製品を使う場合は2つほど持っていくと便利でしょう。

グローバル対応か調べる

Smartphone Mobile Phone Touch - Free photo on Pixabay (754650)

日本で生産された日本用の電化製品であっても、最近ではグローバル対応のものも増えてきています。グローバル対応とは、日本の電圧である100Vだけでなく、100Vから240Vの電圧のコンセントにつなげるもののことです。

グローバル対応の電界製品ならば、変圧器を使う必要はありません。ただし、プラグの形状が異なっていればコンセントにつなぐことはできないので、変換プラグが必要になる場合も多いです。

変圧器が必要なケースも

Hiroki Shinjo on Instagram: “車の中でパソコンやカメラの充電したいから、12V→100Vのインバーター購入。週末出番です。#elgrand #elgrand e50 #インバーター #変圧器” (754632)

シンガポールの電圧は230Vであり、対する日本の電圧は100Vです。最近ではグローバル対応のものが増えてきたとはいえ、それでも日本の電化製品の中には100Vしか対応できないものも少なくありません。

このようなものをシンガポールで使おうとすると、ショートを起こして故障したり事故を起こしてしまうでしょう。旅行に行く前に持っていく予定の電化製品の対応電圧をチェックし、グローバル対応でなければ変圧器を持参することが必要です。

ホテルで貸し出しをしているか確認

Reception Hotel Desk Interior - Free photo on Pixabay (754633)

万が一変圧器や変換プラグを日本から持ってくるのを忘れたとしても、シンガポールのホテルで貸し出しが可能な場合もあります。念のため、ホテルで貸し出しをしているかどうかを確認してみましょう。

日本人が多く宿泊するような場所であり、なおかつそれなりの規模のホテルならば変圧器や変換プラグを貸し出ししてくれるところもあります。

ただし、小規模のホテルの場合はそのような期待はしないほうがよいでしょう。

iPhoneはそのまま使える?

Iphone Smartphone Apps Apple - Free photo on Pixabay (754634)

シンガポールという旅先でもiPhoneを使用される方が多いことでしょう。ですが、iPhoneを普通に使えば1日足らずで充電がなくなってしまいます。シンガポールでiPhoneの充電はできるのでしょうか?

iPhone純正充電器はグローバル対応している

Apple Iphone Smartphone - Free photo on Pixabay (754635)

結論から言うと、iPhoneの純正充電器はグローバル対応ですので、日本と電圧が違うシンガポールでも変圧機いらずで使用可のです。

ただし、日本で購入した充電器のプラグの形状はAタイプなので、シンガポールのコンセントにつなぐためにはBFタイプの変換プラグを使用する必要があります。

WI-FI設定必須

Wireless Signal Icon Image - Free vector graphic on Pixabay (754636)

シンガポールでiPhoneを使用する時に気をつけたいのが、WiFiの設定にしておかねばならないということです。

海外でもそのままiネットに接続ができますが、海外パケ放題などのプランに加入していなければ、ちょっとネットを使用しただけでも高額な料金を請求されてしまいかねません。

モバイルデータ通信はオフに

Switch Contact Button - Free vector graphic on Pixabay (754637)

海外旅行でネットを使用したせいで高額請求されるというトラブルを避けるためにも、念のためモバイルデータはオフにしておきましょう。

モバイルデータをオフにしたうえで機内モードに設定すれば、鉄壁です。その上でWiFiのマークのみをタップすれば、安心してネットに接続できます。

アプリの自動更新はオフに

Hand Finger Button - Free photo on Pixabay (754638)

注意したいのが、アプリの自動更新です。シンガポールに滞在中に気づかないうちにアプリが自動更新され、そのせいで高額な利用料金を請求されるというケースも実際に起こっています。

このようなトラブルを避けるためにも、日本出国前にアプリの自動更新を必ずオフにしておきましょう。

シンガポール旅行を楽しんで!

Singapore Merlion Park Asia - Free photo on Pixabay (754639)

シンガポールはアジアでもかなり治安がよく、観るものも食べるものも充実しているため、何度訪れても新しい発見があることでしょう。

シンガポール旅行をより快適なものにするためにも、旅行前にシンガポールのコンセントの形状や変換プラグ・変圧器を持参すべきかどうかといった点を確認しておくことをおすすめします。

事前に準備をしていれば、きっとシンガポールでの滞在を満喫できるでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪