2020年3月23日 更新

三嶋大社の御朱印情報まとめ!源頼朝ゆかりの地のご利益やお守りとは

伊豆半島の玄関口・三島市に鎮座している三嶋大社。源頼朝に深いゆかりがある神社として、そして伊豆の国一宮として知られています。人気のお守りやご利益の他に、御朱印情報について紹介します。駐車場などのアクセス情報もまとめてあるので、要チェックです。

三嶋大社の御朱印が欲しい

James Molloy on Instagram: “A visit here in the early morning is the perfect way to start the day. And when the sun goes down... awe! The spectacular Mishima Grand…” (823909)

湧水が流れる水の都・三島。新幹線も停車する駅なので、東京からのアクセスもよく伊豆観光の拠点としても利用されています。都会的な雰囲気もありながら美しい水が流れる三島市の街中に鎮座している三嶋大社は、源頼朝と深いゆかりがある神社として有名です。

源頼朝をはじめ、武士が多く参拝したとも言われているこの場所は、勝負運・仕事運のご利益を得られるとか。さまざまなご利益と共に、御朱印も授与できます。

境内も緑豊かなので、四季折々でさまざまな風景を楽しめます。参拝・御朱印授与だけではなく、ぜひ境内のさまざまなスポットを堪能してください。

三嶋大社について

Yoshiaki Konuma on Instagram: “#三嶋大社 #静岡出張 #春#出張ルーティン #gkworks #かおりカフェ#伊勢崎市 #薪ストーブ #草屋根” (823910)

伊豆国一宮である三嶋大社は、創建時期は不明と言われています。しかし平安時代の書物には、三嶋大社の名が記されているため歴史ある神社であることは確かです。源頼朝が源氏再興祈願をした神社としても知られ、境内には源頼朝・北条政子にまつわるスポットも残されています。

三嶋大社の神の使いは実はうなぎ。しかし境内には神鹿園があり、鹿が神の使者と勘違いしてしまう人も多いようです。この場所にいる鹿は、奈良の春日大社から譲られたと言われています。

ご祭神は?

マサノ8 on Instagram: “#ふくろう #三嶋大社 #おきもの #お写真んぽ #カメラ初心者 #カメラ好きな人と繋がりたい” (823913)

三嶋大社には大山祗命(おおやまつみのみこと)と積羽八重事代主神(つみはやえことしろぬしのかみ)の2柱が祀られていて、総称して三嶋大明神と呼ばれています。

大山祗命は七福神の一人である大黒さまの息子であり、恵比寿さまと呼ばれています。積羽八重事代主神は大国主命と神屋盾比売命(かむやたてひめのみこと)との間に生まれた神。大国主命は出雲大社の祭神で、多くの神話に登場しています。

金木犀のご神木が有名

ムック on Instagram: “#三嶋大社 #金木犀 #芳香 #癒される #パワースポット #荘厳な雰囲気” (823927)

神社仏閣に訪れると、境内には御神木が鎮座しています。三嶋大社にもありますが、とても珍しく三嶋大社の御神木が金木犀ということ。樹齢1200年にもなり、国内で最も古い金木犀として国の天然記念物にも指定されています。

御神木の金木犀の見頃は9月上旬~中旬にかけてと、9月下旬~10月上旬の2回です。この時期になると敷地の外まで金木犀の甘い香りが広がります。

三嶋大社の御朱印情報

神社に行こうよ on Instagram: “三嶋大社  静岡県三島市に御鎮座されている神社。  伊豆国の一宮となります。三島のいちばんの名所。  お宮の周りには清らかな川が流れていて、清浄な空気が清々しかったです。  #三嶋大社 #神社 #神社好き #神社巡り #神社仏閣巡り #神社仏閣 #御朱印 #ご朱印 #御朱印集め…” (823914)

次に気になる三嶋大社の御朱印情報を紹介します。こちらの神社でも御朱印を授与することが可能です。基本的に境内は1日中開放しているため時間を問わず参拝ができますが、御朱印とお守りの授与時間は決まっているため気をつけましょう。

本来御朱印は写経を納めた証に授与するものでした。しかしある時代をさかいに、写経を納めなくても参拝した証として手軽に授かることができるようになったものです。現在も寺院によっては写経を納めなくては、御朱印を記帳しない場所が存在しています。

しかし、決してスタンプラリーなどでは無いので、本来の目的を失わないようにしましょう。

御朱印

@taikijigen on Instagram: “御朱印いただきました。記載はありませんが、伊豆国一之宮です。#三嶋大社 #御朱印 #御朱印巡り #御朱印集め” (823912)

御朱印は神門の左手にある客殿で授与が可能です。御朱印の初穂料は300円となっていて、朱印が大きく押され「参拝」という文字と、日付が記帳されたシンプルなものとなります。

御朱印をいただく際には、なるべくお釣りがでないように初穂料を用意しておきましょう。墨写りを防ぐために使用していた挟み紙は取り除き、記帳してもらいたいページを開いて書き手さんにお渡ししてください。

御朱印帳

yu-ki on Instagram: “. . . #三島大社 #過去pic . #総門  縄が立派!! . .…” (823930)

三嶋大社にはオリジナルの御朱印帳があります。神紋が施された御朱印帳は2種類、各8色から選べます。大きいサイズは1,500円、小さいサイズは1,300円の初穂料です。シンプルではありますが、色のバリエーションが豊富なので好みに合わせて選ぶことができます。

この神社の神紋は桐の葉と花をイメージして作られた五七の桐紋と、折敷に三文字紋の2種類です。御朱印帳に取り入れられている神紋は五七の桐紋。見本も掲示されているので、実際に手にとって色や肌触りを確認することができます。

時間

○○デザイン on Instagram: “三嶋大社#三嶋大社” (823923)

三嶋大社御朱印の授与可能時間は8:30~17:00です。伊豆随一のパワースポットである神社なので、シーズンによっては混雑することもあります。時間には余裕を持って訪れると良いでしょう。御朱印を授与すると、神社の由来などが書かれたしおりを一緒にいただけます。

しおりには境内の見どころや由緒なども記載されているので、参拝してから御朱印をいただき、しおりを見ながら境内を散策するのがおすすめです。

三嶋大社の御朱印に対する口コミ

Mishima L Project on Instagram: “三嶋大社の枝垂れ桜が一部咲き始めました!🌸 #三島市 #三島市観光協会#mishima  #mishimalp#三島lp  #桜開花状況 #三嶋大社 #しだれ桜” (823908)

伊豆国一宮、そして伊豆有数のパワースポットとして知られている三嶋大社の御朱印をいただくために、全国各地から多くの参拝客が訪れます。東京からのアクセスも良いため、テレビの撮影としてこの神社に訪れ一緒に御朱印をいただくということも少なくないようです。

御朱印について書かれた口コミを一部ピックアップしてみました。この口コミを見ていると、授与するのにおすすめの時間や注意した方が良いことなどがわかります。

初穂料はあくまでも神様へのお供えとしてお渡しするものです。御朱印などはサービスとして行っているわけではないので、正しい方法・マナーを知ってお互いが気持ちよく授かれるようにしましょう。

朝参拝がおすすめ

mi on Instagram: “#旅行 #日本 #静岡 #三島 #三嶋大社 #日本の風景 #和の風景 #神社 #travel  #japan #shizuoka #여행 #일본 #시즈오카” (823916)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪