2020年2月8日 更新

タイの人気観光地ランキングBEST10!在住者がそれぞれの魅力を紹介します!

これからタイ旅行を控える方必見。タイ在住の筆者が自身の旅行の経験を踏まえタイの人気観光地ランキングTOP10からタイのおすすめビーチ5選まで、余すところなくタイの魅力をお伝えします。これを読めばタイ旅行を満喫できること間違いなしです。

タイで人気の観光地15選!

Big Buddha Phuket on Instagram: “#bigbuddha #bigbuddhaphuket #พระใหญ่เมืองภูเก็ต” (790420)

微笑みの国として知られる世界的な人気観光地、タイ王国。タイにはバンコクで味わう都会的な楽しみ方以外にも古都チェンマイの美しい寺院や大自然、プーケット島やピピ諸島といった美しいビーチリゾートなど、北から南まで見どころや楽しみ方が満載の国です。

タイ在住の筆者がこれからタイへ行かれる方に是非おすすめしたい、タイの人気観光地15選をご紹介します。

タイ旅行で人気の観光地ランキング

Oasis Koh Chang on Instagram: “Sunset time 🌅 yesterday 📸😎 . . . . . . . #kohchang #khochang #lonelybeachkohchang #lonelybeach #thaisunset #thailand #thaiislands…” (790417)

お寺巡りに海に山にショッピングに様々な魅力に溢れる国タイ。そんなタイで最も人気な観光地を1位から10位までご紹介します。

第1位 ワット・ポー

ワットポーの涅槃像

ワットポーの涅槃像

巨大な涅槃像で有名なワットポーはタイで一番人気の観光地です。全長49メートル、高さ12メートルの長いお身体を進んで行くと、その大きな足に辿り着きます。その足の裏には仏教と関わりの深いバラモン教の宇宙観が繊細な108の絵で表されています。それはただ眺めているだけでスピリチュアルな意味が伝わってくるような素晴らしい絵です。

なんとワットポーは古式マッサージの総本山でもあり、寺院内にタイ古式マッサージの受けられる施術所が用意されています。時間30分で値段は260バーツ(約800円)から。涅槃像を拝んでから、疲れた身体をマッサージで癒せるなんて嬉しいですしタイならではの経験だと思います。

ワットポーは毎日朝8時から18時半まで空いています。入場料は200B、地下鉄MRT Sanamchai駅 (サナームチャイ駅)から徒歩3分です。
ワットポー
住所 22 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok
入場料 外国人200バーツ 120cm以下の子供無料
行き方 MRT Sanamchai駅 (サナームチャイ駅)徒歩3分

第2位 ワット・アルン

夕暮れのワットアルン

夕暮れのワットアルン

タイの10B硬貨裏に描かれているワット・アルンはタイの3大寺院の一つで美しいフォルムが特徴的。ワット・アルンには高さ80mもの巨大な仏塔が1つ、それを囲むように4つの仏塔が建っています。仏塔は陶器片で象ったモザイクで覆われ素晴らしい美しさです。

仏塔には登ることも可能で頂上からはバンコクの街が一望でき、チャオプラヤ川越しに対岸のワット・ポーやワット・プラケオの姿を望むことができます。本堂の壁一面に描かれているお釈迦様の生涯も一見の価値ありです。

ワット・アルン寺院は17時半で入場できなくなりますが、日が暮れから21時頃までは寺院のライトアップが実施されており、川面に映し出されるワット・アルンの姿を眺めるのもおすすめです。
ワットアルン
住所 58 Thanon Wang Doem, Wat Arun, Bangkok Yai, Bangkok
開放時間 毎日 7:30〜17:30
入場料 拝観料50B
行き方 ターティアン(Tha Tien)船着場より渡し船(料金3B)ですぐ。

第3位 ワット・プラケオ

タイ人に一番人気の寺院ワットプラケオ

タイ人に一番人気の寺院ワットプラケオ

タイで最も高い地位と格式を持つワット・プラケオは王宮の敷地内にあり、王室の守護寺院として建立されました。
寺院内には翡翠でできた仏像が祀られていて、別名エメラルド寺院と言われる所以となっています。

ワット・プラケオの本堂には、金とカラフルなガラスのモザイクで彩られた豪華絢爛なデザインが施されており、黄金の仏像や細やかなタイル装飾で埋め尽くされた壁に圧倒されます。

入場料500Bとタイの寺院では最も高い拝観料ですが、その値段も全く納得できる素晴らしい作りの寺院です。
実際タイ人の99%はワットプラケオに行く事を進めてきますし、タイに行くのであればワットプラケオ観光は最優先事項だと思います。写真では伝わりきらない美しさを持つ素晴らしい寺院ですので、是非足を運んでみて下さい。
ワット・プラケオ
住所 Thanon Naa Phalaan khween Pra-Barom Mahaa-Rachawang, Khet Phranakhorn
開放時間 08:30〜16:30(最終入場は15:30)
入場料 外国人500バーツ、身長120cm以下の子供無料
行き方 バンコクのサトーン船着場(sathorn / Taksin)から水上バスでターチャン船着場(Tha Chang)まで約30分。そこから徒歩2分〜3分。・BTS National Studium駅(ナショナルスタジアム)かMRT Hua Lamphong駅(ファランポーン)からタクシー

第4位 チェンマイ

チェンマイの人々の台所。マーケット

チェンマイの人々の台所。マーケット

チェンマイはバンコクの北約700㎞に位置するタイ第2の都市です。チェンマイはかつてラーンナー王朝という独立国の首都でした。そのため旧市街にはかつての名残を留める城壁やお堀が残っています。

そのお堀の中には大小の寺院が沢山点在しており、それぞれ歩いて巡ることができます。
チェンマイの街中にはおしゃれなカフェやマーケットもあるので、全てがぎゅっとしていて観光に向いている街です。

また、チェンマイは山々に囲まれ、1、2時間足を伸ばせば壮大な自然が広がっています。
ハイキングやエレファントツアーなどもチェンマイの人気アクティビティです。

チェンマイはバンコクの喧騒を離れ涼しい場所でお寺巡りや自然を楽しみたいという方におすすめの観光地です。
バンコクから飛行機で1時間ほどで行くことができます。

第5位 プーケット島

プーケット島で一番大きなパトンビーチ

プーケット島で一番大きなパトンビーチ

プーケット島はタイで一番大きな島です。首都バンコクから飛行機で1時間半ほどで行くことができる世界が認めるリゾート地です。島の80%もが森林に覆われ、自然が豊かな島として知られます。

プーケット島で最も賑わいを見せるパトンビーチでは、様々なショッピング施設やレストラン、ナイトクラブなどが次々とオープンして発展を見せています。パトンビーチの奥には小さなビーチがいくつかあり、奥に行くほど水質は綺麗になってのんびりとした雰囲気です。

一方プーケットタウンと呼ばれる旧市街には、中華系タイ人が多く住みレトロな街並みが広がっています。

第6位 水上マーケット

ダムヌンサヌアック水上マーケット

ダムヌンサヌアック水上マーケット

タイの川を鮮やかに彩る水上マーケットは世界中から訪れる観光客に大人気のスポット。彩り豊かなタイのフルーツや食べ物を乗せた船が行きかう光景はタイの伝統を味わえるだけでなく、インスタ映えに最適です。

中でも最もおすすめしたいのが、バンコクから車で約1時間半のところにあるダムヌンサドゥアック水上マーケット。
タイの水上マーケットの中で一番賑わいを見せているマーケットです。

ダムヌンサドゥアック水上マーケットへは旅行会社のツアーかタクシーチャーターで行くのをおすすめします。毎日朝7時から17時まで空いていますが、朝早くが賑わいを見せていて面白いのでおすすめです。
ダムヌンサドゥアック水上マーケット
住所 Damnoen Saduak Ratchaburi,Bangkok
営業時間 毎日 07:00~17:00

第7位 カオサン通り

昼間のカオサンロード

昼間のカオサンロード

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪