2020年1月26日 更新

広島の方言の特徴は?かわいい方言や告白のフレーズを紹介!

広島の方言といえば「〇〇じゃけぇ」など、ちょっと怖いイメージのものが多いです。しかし実は、広島の方言は知れば知る程可愛いです。今回は広島のさまざまな方言を解説します。怖いイメージが定着していますが、怖いイメージを払拭させるものばかりです。

広島の方言の特徴は?一般的な方言一覧

【ASMR】広島弁で日常会話/彼女/じゃけんね、けん

広島の方言はとても特徴的です。中には広島以外の人が聞くと、全く意味が通じない方言もあります。基本的に語尾や独特の言い回しがあり、語尾では「じゃけん」が有名です。「〇〇じゃけん」「〇〇じゃけんのぉ」という広島弁を聞いたことがある方は多いでしょう。

有名なのは「じゃけん」ですが、それ以外にも広島には多くの方言があるので、さまざまな方言を見ていきましょう。

広島の方言の主な分類

「いかないで」を広島弁(安芸地方)で歌ってみた

広島と一言でいっても、実は広島弁には安芸弁と備後弁の2つの方言があります。有名な所だと、青森。青森は津軽弁に南部弁、下北弁と分かれています。このように広島の方言も一つではありません。

基本的にテレビなどでよく使われれる、一般的な広島弁と呼ばれるのは安芸弁の方です。それぞれはどのように違うのか?解説します。

安芸弁

安芸弁は広島で一般的に使われる方言、広島弁と指されるもののほとんどは安芸弁です。安芸弁のルーツは都言葉と言われています。そのため、都言葉との類似点が多いです。また、安芸弁は山口弁や石見弁と共通点が多くあります。

正式に過去に何かあったと判明しているわけではありませんが、過去に何か強いかかわりがったのではないか?と考えている人も多いです。

備後弁

備後弁は広島県東部で主に使われる方言です。備後弁の特徴は、語尾に「ばあ」がつくこと。備後弁といえば「ばあ」のイメージがある人も多いでしょう。

実はこの備後弁は名古屋がルーツと言われています。また岡山と共通の言葉も多いです。

広島の方言一覧【基本会話】

(3分間)これであなたも広島弁が理解・話せるようになる動画

まずは広島弁の基本中の基本の方言を紹介します。聞いたことはあるけど、実はどんな意味で使われているか知らない、という方言もあるのではないでしょうか?実際にどんな意味かわかると、広島弁の基本会話が成立します。

漫画などでも出てくる言葉なので、意味を理解すると、広島弁を見たり聞いたりするのが楽しくなってくるでしょう。

〇〇じゃけん

広島弁で最も有名なのは「じゃけん」でしょう。特別広島に詳しくなくても、一度は聞いたことがあるはずです。「じゃけん」の他にも「じゃけんさ」や「じゃけぇ」などと使われます。

この「じゃけん」は語尾に使われることが多いので、締めくくりのように感じている人も多いですが、実は標準語では「だから」を意味する言葉で、接続詞なのです。

うち

「うち」って広島弁なの?と思う人もいるでしょう。大阪などでも、自分のことを「うち」と言ったりします。広島弁も同様「うち」は「自分」を指す言葉です。

ただ「うち」を使うのは基本的に女性で、男性が使うことはほとんどありません。女性が自分のことを「うち」と言うと、とても可愛らしいです。

〇〇しんさい

「しんさい」はニュアンスから察する方もいると思いますが「〇〇しなさい」という意味で、命令に近い言葉です。例えばよく使われる使い方では「はよしんさい(早くしなさい)」などがあります。

「しんさい」と若干形は異なりますが「来んさい(来なさい)」も、よく使われる方言です。

〇〇じゃろ?

よく使われる語尾としては「〇〇じゃろ?」も多いです。こちらもニュアンスから察する方もいると思いますが「〇〇でしょ?」という意味で使われます。響き的に男性が使うような言葉に聞こえますが、実は広島の男女どちらも使う言葉です。

男性が使うと、おじいちゃんっぽく聞こえてしまいますが、女性が使うと可愛く聞こえます。

広島の方言一覧【特徴的な方言】

【広島弁解説07】たいぎい

広島の方言の中でも特徴的な方言を紹介します。広島外の方は、全く聞いたことのない言葉だと思いますが、広島県内ではかなり一般的に使われている言葉です。広島に知人がいる人は聞いたことがあるでしょう。

基本会話のようにニュアンスからなんとなく意味が通じる言葉ではないんで、意味を知らなければ、全くわかりません。

たいぎぃ

広島外の方は、全く意味がわからないでしょう。「たいぎぃ」は広島の方言の中では最も有名な方言なので、広島人にとっては一般的な言葉です。

「たいぎぃ」は、標準語で「おっくうな」という意味になります。「おっくうな」という言葉自体あまり最近では使われませんが、面倒くさいというニュアンスで使われることが多いです。

たちまち

一般的には「たちまち」は「噂がたちまち広がる」のように使われますが、広島弁ではその意味ではありません。広島弁の「たちまち」は、標準語で「とりあえず」「まず」の意味になります。

広島では、男女関係なく使う言葉で「たちまち(とりあえず)あそこに行こうか」や「たちまち(まず)ビールで乾杯」のように使われる言葉です。

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪