2020年1月26日 更新

三州園ホテルは心霊スポット?噂される心霊現象と当時の様子とは

愛知県にある「三州園ホテル」は幽霊が確実にいると言われており、地元では有名な心霊スポットとなっています。オーナーの自殺の霊が現れる、誰もいないところから音がするといった心霊現象が後を絶ちません。今回はこの三州園ホテルについて、詳しく紹介します。

心霊廃墟・三州園ホテルにはオーナーの霊が現れる?

 (784463)

廃墟であり、心霊スポットとしても有名な愛知県の三州園ホテルは、オーナーの霊が今も建物の中に棲んでいると言われています。

現在でも廃墟マニアや心霊マニアには堪らないスポットとして、こっそりと訪れる人も多いです。今回は「三州園ホテル」について詳しく紹介します。

三州園ホテルとは?

 (784464)

三州園ホテルは昔、地元の人の間では有名な巨大ホテルでした。三州園ホテルが営業していた当時の様子や、地元では有名だったテレビコマーシャルについて紹介します。

この頃の華やかさを想像しながら現在の廃墟の様子を見ると、その荒廃さがよりリアルに感じられるでしょう。

三州園ホテルの当時の様子

 (784465)

三州園ホテルが営業していた当時は、近くに競合するホテルもなく、A級戦犯の墓や慰霊碑があったためそれらを訪れる人を中心に活気に満ちていました。

この周辺に来れば三州園ホテルに泊まるのが定番であり、特にホテル最上階にあった円形パノラマの雲上風呂は人気がありました。お風呂に浸かりながら遠くにある海まで見渡すことができます。

内装は豪華であり、高級気分を味わえたようです。料理も美味しく、なんども訪れるリピーターが多かったため、経営は順調でした。

昔放映されていたCM

 (784466)

営業していた1990年代には名古屋・中京のローカルコマーシャルとして三州園ホテルのCMが放送されていました。三州園ホテルではオーナーや従業員で太鼓団を結成しており、コマーシャル内ではレベルの高い太鼓の演技も披露されています。

当時は素人集団とは思えないほどのパフォーマンスに度肝を抜いたお客さんも多かったようで、三州園ホテルの名物ともなっていました。

このコマーシャルが印象的であったため、三州園ホテルの認知度は格段に上がり、客足も増えたようです。

三州園ホテルが廃墟と化した理由とは?

 (784473)

順調に経営が続いており、コマーシャルを流せるほどのお金もあったはずの三州園ホテルがなぜ閉業し、廃墟となってしまったのでしょうか。

ここでは、三州園ホテルが廃業した理由や今のような外観になった理由を紹介します。

食中毒事件

 (784469)

多くの客が訪れていた三州園ホテルですが、1990年に集団食中毒事件が起きてしまいました。何の食べ物が原因かは明らかになっていませんが、夏場だったため生ものにあたったという説が多くあります。

49人が救急車で病院に運ばれ、地元の新聞に大きく載ってしまいました。これによる風評被害で客足は遠のき、以前のように経営できなくなりました。

なんとかホテルを再興させようと従業員は一丸となって働きましたが、一度離れた客は戻ってこず、廃業となりました。

火災により全焼

 (784474)

2003年に閉鎖してから廃墟となっていた三州園ホテルですが、2007年には大規模な火災が起こっています。夜になると人が寄り付かなくなるため、消化活動が始まるのが遅れ、全焼となりました。

かつてはあったであろう豪華な装飾や内装も全て焼き尽くされてしまいましたが、コンクリートで建物は作られており、全焼となっても建物は残りました。

この場所は夜になるとヤンキーの溜まり場となっていたため、放火の可能性が指摘されていましたが火事の原因は明らかになっていません。

三州園ホテルで起こる心霊現象

 (784475)

三州園ホテルでは、多くのポルターガイスト現象が報告されています。ポルターガイスト現象とは幽霊の仕業とは断定できないものの、科学的や論理的には説明のつかない現象のことを指します。

多くの人はポルターガイストが多く起こる場所は霊がいると信じており、三州園ホテルも霊がいるスポットではないかと言われています。では、、どのような現象がこの場所では起こるのでしょうか。

オーナーの霊が現れる

 (784476)

最も有名な霊はオーナーの霊です。このホテルでは経営難でホテルが閉業した後、それを苦にオーナーが屋上で自殺したという噂があります。

よほどホテルに未練を感じていたのか、度々屋上に男の人がいる姿が目撃されていたり、廊下を誰かが歩く足音が聞かれたりしています。

「いらっしゃいませ」と声がした方を見ると、下半身のない霊がいたという話もあり、特徴が当時のオーナーと似ていることから、このホテルで見られる霊の多くはこのオーナーではないかと見られています。

太鼓の音が聞こえる

 (784477)

オーナーと従業員などによって結成された三州園ホテルの太鼓団は、三州園ホテルに宿泊した人が見られる特権のような存在でした。パフォーマンスの質を落とさないよう、暇を見つけては太鼓の練習に励んでいたようです。

廃墟となった今でも、どこからか太鼓の音が聞こえてくるという噂があります。過去の栄光に取り憑かれているオーナーの霊の仕業とも言われており、太鼓の音が聞こえてきたら確実にホテル内に霊がいると言われています。

1 / 2

関連する記事 こんな記事も人気です♪