2020年2月15日 更新

宮城・塩竈神社には謎が多い!安産祈願・戌の日・腹帯についてを解説!

宮城県にある塩竈神社は、パワースポットであると有名な一方で、謎が多いとされています。ご利益は商売繁盛や安産祈願、勝負運など多岐にわたります。戌の日には妊婦が多く訪れ、腹帯をもらって帰るようです。今回は塩竈神社について、アクセス方法も含めて紹介します。

宮城の謎の多い神社・塩竈神社とは?

 (798920)

宮城県塩竈市には、塩竈神社という名前の神社があります。この神社は規模が大きいため、知っている人もいるかもしれません。宮城県の中ではパワースポットとして有名です。

しかし、この神社はただの神社ではありません。謎に包まれていることが多いため、今でも分かっていないことが多いのです。今回はそんな謎に包まれた宮城県の神社、塩竈神社を詳しく紹介します。

塩竈神社のご利益は?

 (798921)

塩竈神社のご利益は多岐にわたります。塩竈神社がある地域では昔から塩業が盛んであったため、商売繁盛や海上安全を願う人が多く訪れます。塩竈神社には献魚台が設置されており、時には漁師がマグロを丸ごとお供えすることもあるようです。

海が「産み」と同じ音であることから、安産祈願や延命長寿を祈りに来る人も多いです。その他、多賀城の鬼門にあったことから厄除けの神様としても敬われています。

地元の人は何か祈願したいことがあれば、この「しおがまさま」にやってくるほど、地域に根付いた神社でもあります。

塩竈神社は本殿が二つある

 (798922)

塩竈神社が他の神社と違うと言われているのは、謎が多いこと以外にも、本殿が2つあることも理由となっています。通常は表参道を抜けると目の前に現れるのが本殿であり、そこで参拝をして帰ります。

しかし、塩竈神社の場合は、2つの本殿に参拝する必要があるのです。初めての人は一方の本殿しか参拝せずに帰ってしまう場合もあるので注意が必要です。

別宮本殿から参拝する

 (798923)

塩竈神社の本祭神は「シオツチノオジ」です。塩竈神社の本殿は「右宮本殿・左宮本殿」と「別宮本殿」がありますが、この本祭神が祀られているのは「別宮本殿」です。

そのため、別宮本殿から参拝するのが正しい順序となります。名前が「別宮」となっているので、脇役だと勘違いしてしまう人が多いですが、本当の意味は「特別」です。

塩竈神社に訪れたら、まずは右側にある別宮本殿に参拝し、正面に見える右宮本殿・左宮本殿へと進みましょう。

塩竈神社のお守り

 (798924)

塩竈神社はパワースポットであることもあり、参拝者にはお守りが人気です。有名な神社では公式サイトからお守りを購入できることもありますが、塩竈神社は直接行って購入する必要があります。

お守りの種類は27種類あり、価格は300円~2,000円です。その中でも人気なのが、安産守(2,000円)、幸結び守(1,000円)、うまくいく御守(1,000円)です。

特に「うまくいく御守」は干支のチャームがついており、その年にしか購入できないので貴重です。

塩竈神社の見どころ

 (798925)

塩竈神社は規模の大きな神社なので、見るべきところも多くあります。ここでは、多くある塩竈神社の見どころの中でも特におすすめのスポットを紹介します。

表参道はパワースポット

 (798927)

塩竈神社を参拝するには2つのルートがあります。そのうちの1つが「表参道」であり、ここはパワースポットとして有名です。本殿にたどり着く前に「男坂」という石段を登らなくてはいけません。

見た目以上にきついですが、この男坂を登り切ると勝負運や運気をアップさせることができると話題です。塩竈神社は勝負運のご利益でも有名なので、運気を上昇させたい人はぜひ表参道から入りましょう。

裏参道も坂道が続きますが、表参道のルートよりも緩やかなのでこちらから参拝しても構いません。

七曲坂もパワースポット

 (798928)

裏参道にある曲がりくねった坂は「七曲坂」と呼ばれています。この坂道を本祭神がのぼってきたという伝説があるため、そのパワーを感じられるかもしれません。

表参道よりも間近に自然を感じられるため、癒し効果とともにピリピリと肌にパワーを感じるという人もいます。パワーは自然のエネルギーであるため、自然に触れられる裏参道もエネルギーを吸収できることは間違いありません。

坂を登り切ったころには邪気が払われ、すがすがしい気持ちになっていることでしょう。

境内は桜の名所

 (798929)

塩竈神社は桜の名所として地元の人に知られています。神社に桜が植えられているのは珍しいことではありませんが、塩竈神社に植えられているのは「塩竈桜」という天然記念物です。

薄いピンク色の花びらが特徴で、4月下旬から5月上旬が見頃となります。毎年桜の季節には「花まつり」が開催され、地域を神輿でまわる様子が見られます。

桜の木の下で楽しめる茶会や、日没後には桜のライトアップも行われるので、桜の季節に訪れるのが特におすすめです。

塩竈神社博物館にはお宝が!

 (798930)

境内には「塩竈神社博物館」が併設されています。一般は200円、中高生150円、小学生80円で入館できます。また、5月18日の国際博物館の日には全ての人が入館無料となります。

この博物館は1965年11月1日に開館しました。1階は主に塩竈様や神社に関する歴史的資料を展示しており、2階には塩業や漁業についての展示があります。

その中でも国の重要文化財に指定されている「来国光」や「雲生」などの伝来の宝物は、ぜひ間近で見たい貴重なものです。伊達家の資料も多く残っているため、歴史に興味がある人にもおすすめです。

1 / 2

関連する記事 こんな記事も人気です♪