2020年3月1日 更新

熊本・田原坂は西南戦争の犠牲者の霊が?兵士の霊や足をつかまれる噂とは

熊本は西南戦争の舞台になった地で、特に田原坂の戦いでは血の海となり多くの犠牲者を出しました。よって、今もなお犠牲者の霊がさまよい心霊現象を起こしていると言います。今回は、田原坂の心霊現象を徹底解説!戦争の概要や付近の墓地、弾痕の家の写真も紹介します。

西南戦争の名残…熊本にある田原坂の心霊現象とは?

 (809818)

熊本には数多くの心霊スポットがあります。時代を揺るがす西南戦争が舞台になった土地でもあり、歴史上の重要な人物も多く亡くなっています。

戦争の犠牲となった方たちの霊が今でもさまよっているのでしょうか。現在でも数多くの心霊現象が噂されているスポットがたくさんあるとか。その中でも、最恐と言えば「田原坂」ではないでしょうか。

地元の人なら知らない人はいないと言われるほどの有名な心霊スポットで、敏感な人は近寄らない方が無難と言われるほど危険な場所だとか。今回は、「田原坂」の心霊現象を徹底解説!心霊スポットと言われる理由や歴史、銃痕の残る土蔵についても解説していきます。

田原坂はどんなところ?

陳尚謙 on Instagram: “薩軍堡塁 雨は降る降る 人馬は濡れる 越すに越されね 田原坂  #西南戦争#堡籃#田原坂  #薩軍 #新政府軍 #雨  第二張西南戰爭 戰場同樣是田原坂 這次重點擺在戰壕,之前一直無法想像二戰前70年左右的堡壘是怎麼建的。…” (809841)

田原坂は、熊本県熊本市北区植木町豊岡一帯の地名を指します。公園内はツツジや桜の名所としても有名で、西南戦争の古戦場でもあります。田原坂公園内には資料館や墓地があり、当時の歴史を学ぶことができます。

「西南戦争遺跡」の一部として国の史跡にも指定されており、多くの観光客が訪れる場所でもあるんです。ここからは、田原坂にまつわる歴史を見ていきましょう。

西南戦争最大の激戦地

 (809845)

日本最大規模で最後の内戦とも言われる西南戦争は、1877年に起こりました。明治政府に不満を抱える武士たちを集めた薩摩藩が立ちあがり、西郷隆盛を中心に戦いは繰り広げられました。

その場所は、熊本から鹿児島にまでおよび、激しい反乱が各政府に対して行われていきました。現在は穏やかで地元民の憩いの場所となっている田原坂ですが、そこには悲しい歴史が眠っており、激しい戦闘のシーンは映画「ラストサムライ」のモチーフにもなっています。

そんな西南戦争の中でも、最も激しい戦いになったのが田原坂で繰り広げられた「田原坂の戦い」と言われる戦争です。

田原坂の戦いでの死者は4000人以上

 (809846)

薩摩藩は田原坂の防衛に徹しましたが、官軍の猛攻は繰り返されました。「田原坂の戦い」は3月4~17日間にかけて起こり、降りやまない雨の中、犠牲者はどんどん増えていったのです。まさに血の海となった田原坂ですが、それでも薩摩藩は諦めませんでした。

最後の最後まで防衛に徹しましたが、その努力むなしく戦いには破れてしまいます。1日に30万発以上の弾丸が飛び交っていたと言われる激しい戦争の犠牲者は、両軍合わせて4000人以上に達したと言います。

銃痕の残る土蔵の写真

 (809886)

西南戦争の歴史を学べる資料館や記念碑などがある田原坂公園には、美少年の像や弾痕の家などの、当時の歴史を感じさせるスポットが複数あります。観光客からも人気が高い場所で、戦争の重みを感じずにはいられないでしょう。

ここからは、園内にある「弾痕の家」の様子を画像とともに紹介していきます。また、当時よく見られたと言う「かちあい騨」についても見ていきましょう。

現在の土蔵はレプリカ

公園内にある「弾痕の家」は、当時銃弾を受けた蔵を再現した建物です。よってレプリカではありますが、繊細に当時の面影を再現しており、近寄るだけで重い空気を感じられるスポットです。

当時、田原坂の頂上にあった蔵は、松下彦次郎という方のものでした。銃弾の雨を受け、見るにも無残な姿だったとか。1日当たり30万発の銃弾が放たれたと言いますので、こちらのレプリカ以上に当時は酷い状態だったと考えられます。

かちあい弾が多く発掘されている

田原坂公園の周辺では、現在でもかちあい弾が発見されることがあるとか。かちあい騨とは、銃弾同士がぶつかってめりこんだ状態の銃弾のことで、それだけ酷い銃撃戦だったのが想像できます。

現在でもかちあい弾を探しに、マニアたちが集まってくるとか。穏やかな公園内では今もまだ西南戦争の暗い歴史の面影が根付いており、無残にも戦いに敗れ命を落とした人たちの念が漂っています。

特に怖いのが田原坂公園近くの墓地

 (809917)

公園内には、戦死者の供養のために建てられた慰霊碑があります。白い柱がそびえたっており、公園内でも目立つ存在ですのですぐに見つかるでしょう。背後にはプレートが設置されており、亡くなった方の名前もご覧いただけます。

このようにしっかりと供養されている訳ですが、それでもなお心霊現象は絶えません。こちらの慰霊碑よりも、公園の近くにある薩軍墓地、七本官軍墓地が特に危険だと言われています。どのような場所なのか見ていきましょう。

薩軍墓地

公園の南側には薩摩藩の墓地があります。ここには、西南戦争で犠牲になって亡くなった薩軍の兵士311人が埋葬されています。犠牲者の多くが田原坂の戦いで亡くなった方だとか。激しい反乱の上に命を落とした兵士たちの無念も残っているのでしょうか。

ここでは数々の心霊現象が起こっており、特に夜間に近寄るのはかなり危険だと言います。そもそも墓地は夜訪れる場所ではありません。興味本位で近寄ると後悔する結果になるかも?!

七本官軍墓地

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪