2019年12月10日 更新

ホーチミンの空港での過ごし方!人気のラウンジや両替情報・注意点も

ホーチミン・タンソンニャット空港から市内への移動手段は?タクシーやバス、配車サービスについて解説!また、空港内のラウンジや両替、ホーチミン旅の注意点についても紹介していきます。空港のノウハウを学んで、快適な旅にお役立てください。

ホーチミン・タンソンニャット空港のノウハウを伝授

Aircraft Landing Sky - Free photo on Pixabay (755519)

ベトナム観光の中でも、特に女性から人気が高いのがホーチミンです。アジアン雑貨やカフェなどおしゃれなお店が多く、「東洋のパリ」とも呼ばれています。当然、若い女性だけでなく年配の方からも人気が高く、その美しい建造物や街並みは印象に残るでしょう。

ホーチミンの旅は、空港についた時から始まっています。空港では両替をしたり、ホテルまでのアクセスを考えたり・・。今回は、空港に着いて早速困らないように、空港のノウハウを伝授します。市内へのアクセス方法、両替、また、旅中の注意点についても解説していきます。

空港から市内中心部へ行きたい方必見!アクセス方法

Aircraft Double Decker Airport - Free photo on Pixabay (755520)

空港に着いたらまず気になるのが市内への移動方法でしょう。荷物も多いですし、極力移動が少ない交通手段を使いたいもの。最近は市内へのアクセスも随分便利になってきたと言います。タクシーはもちろんですが、バスの路線も増え、配車サービスを使う方も増加傾向にあります。

ここからは、市内へのアクセス方法を詳しく解説していきます。

バスでの移動

Volkswagen Car Bus Mobile - Free vector graphic on Pixabay (755562)

ホーチミンの空港(タンソンニャット空港)から市内に向けて走ってるバスは4本あります。2016年以降には路線が増え、バスの移動も随分便利になりました。

路線バス119番:空港~チョロン~ミエンタイバスターミナル
路線バス109番:空港~ファングーラオ~9月23日公園
路線バス152番:空港~ベンタイン市場~KDCチュンソン
路線バス72-1番:空港~ブンタウ

路線バスは以上の4本。以前は42番がありましたが、今は廃止され72-1番になっています。路線によっては便数も異なりますが、大体15分~30分毎に出ており、比較的快適にバスの旅を楽しめます。
Vw Bus Bully Volkswagen - Free photo on Pixabay (755572)

72-1番に関しては、ブンタウ直通のバスになり、便数も70~90分毎に1本しかありませんので気を付けてください。運賃は5km未満なら1万2千ドン、5km以上だと2万ドンです。

152番は普通の路線バスなので、トランクを置く場所がありません。よって荷物代金を取られることもありますので、注意が必要!109番は夜中の2:30まで運行しており、始発も5:45分なので旅行者には非常に便利な路線です。

タクシーでの移動

Taxi Cab Traffic New - Free photo on Pixabay (755573)

一番便利なのはタクシーではないでしょうか。特に荷物が多い空港からの移動には、タクシーが非常に便利です。日本から深夜にホーチミンに到着する方もいるでしょう。タクシーは、最終の飛行機が到着するまで運行していますので安心です。

タクシーで中心部までは大体30~40分ほど。渋滞状況にもよりますが、さほど遠くはありません。到着フロアからタクシーに乗るのが一番簡単でわかりやすいでしょう。色んなタクシー運転手が声をかけてきますが、ビナサンかマイソンを探すのが賢明です。

ビナサンタクシーを確実に利用できる方法は、出発ロビーのタクシー乗り場を使うことです。ここならビナサンタクシーの専用の乗り場があるので安心できるでしょう。
Edsel Ranger Taxi Cab Classic Car - Free photo on Pixabay (755579)

空港からタクシーを利用する際は、乗車料金にプラスして空港使用料1万ドンが加算されます。メーターの料金より高い額請求されても驚かないようにしてください。

また、メーターがあっても不安な方は、到着フロアで事前にタクシークーポンを購入する方法もあります。行先までの料金を前払しますので、それ以上請求されることはありません。通常のタクシーに乗るより若干高くはなりますが、安心感はあるでしょう。

配車サービスでの移動

Mobile Phone Smartphone Keyboard - Free photo on Pixabay (755585)

ベトナムも近年は経済的に大きく成長しており、先進国では日常的に使われている配車サービスのアプリも充実しています。ベトナムで使えるのは「Uber」と「Grab」。アプリを入れておけば、タクシーが必要な時に即予約できて、事前に料金も表示されるので安心です。

空港から利用する際は、待ち合わせの場所を明確にしておきましょう。到着したらナンバーや車種を確認し、間違いなければ乗り込んでください。もちろん配車サービスを使っても空港使用料の1万ドンは加算されますので、お忘れないように!

ホーチミン・タンソンニャット空港のラウンジを紹介

Aircraft Vacations Sun - Free photo on Pixabay (755521)

ホーチミンでの観光を楽しんだ後は、飛行機に乗り込んで日本に帰国するのみ!空港に着いてから少し時間が余った場合は、空港内のラウンジを利用するのがおすすめです。

タンソンニャット空港には全部で5つのラウンジがあります。もちろん利用条件も異なりますので、条件が合えばご利用されてみてはいかがでしょうか。各ラウンジの特徴や場所を解説していきます。

ル・サイゴンネイズ・ラウンジ

Airport Man Travel - Free photo on Pixabay (755522)

まず1つ目のラウンジは「ル・サイゴンネイズ・ラウンジ」です。こちらは、JAL、ANAを始め、シンガポール航空、エミレーツ航空などのビジネスクラス利用者、スターアリアンス、ワンワード所有者などが利用できます。

場所は、出発フロア2Fのゲート18番の「SASCO Duty Free」付近にあるエスカレーターから3Fに上がり、西側のつきあたりにあります。

トイレやシャワー、洗練されたソファーやテーブルと快適な空間が広がっています。もちろん料理やドリンクも充実しており、本格的なベトナム料理も楽しめます。

ローズラウンジ

Airport Travelers Persons - Free photo on Pixabay (755523)

ローズラウンジは国際線ターミナルの2F、ゲート9の近くにあります。こちらのラウンジも特定の航空会社専用のものではなく、複数の航空会社が利用できる共同のラウンジです。もちろん、JAL、ANA共にお使いいただけます。プライオリティパスではご利用できませんので注意してください。

24時間営業で、ANAグループのビジネスクラスやプラチナサービスなどの特定のサービスの会員、スターアライアンスゴールドメンバー等が利用できます。

ラウンジ内は広々としており、フォーや中華粥など、ベトナムならではの食事やドリンクが充実しています。

アプリコットラウンジ

Relaxing Lounging Saturday - Free photo on Pixabay (755652)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪