2020年1月20日 更新

青森の最恐心霊スポット14選!身の毛もよだつ数々の心霊現象とは

青森の心霊スポットと聞いて「恐山」を思い浮かべる人も多いでしょう。確かに恐山は日本を代表する心霊スポットのひとつです。しかし他にも青森県内にはミステリアスな雰囲気が漂うスポットが数多く存在します。精神に異常をきたすくらいの恐ろしい場所もありました。

絶対に行ってはいけない!青森の心霊スポットをご紹介

Dead Trees Dry Deserted - Free photo on Pixabay (780701)

本州最北端にある青森県。津軽海峡、日本海、太平洋に面する独特な地形が豊かな自然や海鮮、農作物を生み出しています。そして白神山地や仏ヶ浦、恐山など全国的にも有名な景勝地・観光地があることでも知られている県です。

神秘的な雰囲気が漂う観光地が多い青森県にも、心霊スポットが数多く存在しています。そしてそのスポットはどれも決して行ってはいけないと言われるところばかりです。行った人が帰り道に事故にあったり、精神に異常をきたしたりと害を及ぼしてしまうところもあります。

SNSでも話題!存在しない村「杉沢村」

ともひと on Instagram: “YouTube、チャラリッチTVこの前心霊スポット行ってきて、編集してたらまさかのガチ声入ってる😱  編集でいじったりはしてません! 証拠に公開するなら編集の中身も見せようと思ってます! 公開するか、しないかで今、 僕達もめてます(^-^;…” (780702)

都市伝説が好きな人なら一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか?以前テレビにも取り上げられ、現在もSNSで話題となっている杉沢村は、青森市に存在していると言われています。現在は廃村となっていて、地図には載っていない村されています。

杉沢村では過去に残忍な大量殺人事件がありました。その事件の加害者・被害者ともに村の住人。村の住人の一人が突然精神に異常をきたし、村人全員を殺害したのちに自ら命を絶ったと言われています。村への入り口は鳥居と「ここから先へ立ち入る者命の保証はない」と記された看板が目印です。

村に入ると家屋がそのまま残っていますが、事件の惨状が容易に想像できるほど血しぶきが残っていると言われています。
住所 青森県青森市大別内山吹117

青森最恐とも囁かれる場所「鬼屋敷」

Floor Gloomy Old - Free photo on Pixabay (780703)

見るからに豪邸である鬼屋敷は知る人ぞ知る穴場の心霊スポットとして有名な場所です。怖いというよりは、本当に危険な場所として伝わっているようです。この場所に来ると体調が崩れる人や、帰り道に事故に合う人も多いと言われています。

鬼屋敷では住人がお風呂場で一家心中をしたという悲しい過去がありました。やはり敷地内ではお風呂場が一番危険な場所となっているようです。噂では屋内に赤鬼・青鬼・黒鬼が描かれていて、それらを封印するかのように御札がぎっしりと貼られているとか。

廃墟のようになっていますが、管理者がいるため無断で入ることはできません。また鬼屋敷自体だけではなく、近くにある公衆電話も心霊スポットと語り継がれています。
住所 青森県八戸市市川町 県道15号線

日本最大・最恐の霊地「恐山」

かぴばら on Instagram: “今年の一大イベントその1つづき ここもずっと行ってみたかった場所、恐山。 雑誌の極楽のような写真をみて、それを想像して来てみると強風とともに厚い雲が現れてみるみるこの世の果てのように。。。…” (780705)

青森の心霊スポットを語るうえで、この場所を外すことはないでしょう。日本国内でも有数の心霊スポットとされてる恐山は、青森県むつ市にあります。高野山・比叡山と並び日本三大霊場のひとつとなっている恐山は、死者の魂を呼び寄せて口寄せする潮来という巫女がいます。

霊場とされているこの恐山は、生きている人間と死者がコンタクトをとれる狭間の場所。全国各地から亡くなった人と語りたい人だけではなく霊も集まってきています。いわゆる死者の魂がさまよう場所といえるでしょう。しかし生きている人間が救いを求める場所でもあります。

この地にある自然のものは決して持ち帰ってはいけません。特に三途の川にある石を家に持ち帰ると、それに憑いている霊も一緒に連れ帰ってしまうと言われています。
住所 青森県むつ市田名部宇曽利山
アクセス JR下北駅より車で約23分

座敷童が会える旅館「とびない旅館」

kamosikama-kun on Instagram: “なんかたくさん降ってきた⛄#下北半島 #とびない旅館 #雪ふり” (780706)

出会った人は幸せになれると古くから語り継がれている座敷わらし。青森県むつ市にある、とびない旅館ではその座敷わらしに出会えるとされています。注目されるきっかけとなったのは、座敷わらしが出ると言われている旅館を全国探し求めている某テレビ番組。

その番組内でも、オーブらしきものが見えたり質問に答えるかのようにラップ音が鳴ったりと不思議な現象が起こりました。近くにはとびない旅館別館がありますが、また別なので注意が必要です。とびない旅館では個性的な主人が出迎えてくれます。

話好きな主人と、座敷わらしについて語らうのも良いでしょう。恐山大祭の時は予約がとりづらくなるという情報もあります。
住所 青森県むつ市田名部町8-6
アクセス 下北交通下北バスターミナルから徒歩すぐ

地元では有名のおばけトンネル「旧善知鳥トンネル」

Tunnel Underground Underpass - Free photo on Pixabay (780707)

心霊スポットを語る上で、必ず出てくるといっても過言ではないのがトンネル。青森県ないにもトンネルにまつわる心霊スポットがいくつかあります。その中のひとつが、国4号線沿いにある現在は使用されていない旧善和鳥トンネルです。このトンネル内では、事故の犠牲者となった人の霊が出るといわれています。

旧善地鳥トンネルでは過去にバイクと乗用車の追突事故があり、バイクの運転手は死亡し乗用車の運転手は逃走したということがありました。バイクの運転手の無念の魂が今もこの地に残っているのかもしれません。

また、このトンネルに来たら決してクラクションを鳴らしてはいけません。クラクションを鳴らすと天井から女性が降っていて、四つん這いでおいかけてきます。
住所 青森県青森市浅虫山下奥州街道

女性の霊が夜な夜な現れる「三戸トンネル」

モトショップやまもと on Instagram: “#心霊スポット#青森県#三戸トンネル#👻#やばいよやばいよ#バイク#青森心霊スポット#三戸#南部町#心霊写真#ケッケッケッケ” (780708)

旧善知鳥トンネルに引き続き、青森の心霊スポットとされているのが三戸トンネルです。全長144メートルにもなる現在も使われているこのトンネルに、肝試しで訪れるとさまざまな心霊現象が起こると言われています。

過去に暴行された女性が、この場所におきざりにされ絶望感のあまり近くの神社で自殺をしたという過去があります。この出来事からトンネルだけではなく、近くにある神社も心霊スポットとされています。女性の遺恨が残っているのかもしれません、この知では姿の見えない女性の歩く音や女性の霊の目撃情報があります。

車で行くとフロントガラスに、謎の手形が残されていたという話もあるとか。
住所 青森県三戸郡五戸町手倉橋

営業不振でオーナーが自殺「スペース21」

りょうた on Instagram: “#スペース21 #廃墟 #昼間 #canon #eos8000d” (780710)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪