2020年1月14日 更新

鹿児島を訪れたら砂風呂はマスト!楽しみ方やおすすめの砂風呂を紹介!

鹿児島で欠かせないものといえば砂風呂です。観光客だけでなく、地元の人も通うリラックス空間です。宿で楽しめるものもあれば、温泉が付いているもの、日帰りで楽しめるものまで種類は様々です。今回は鹿児島県内にあるおすすめの砂風呂を種類別に紹介します。

鹿児島指宿の砂風呂(砂むし温泉)の楽しみ方

Board Slate Blackboard - Free photo on Pixabay (775155)

日本人は古くから温泉を楽しんでおり、ただ入浴するたけではなくサウナや岩盤浴が楽しめるスポットも増えてきました。その中で鹿児島でポピュラーな温泉として親しまれているのが「砂風呂」です。

しかし鹿児島に行けばどこでも楽しめるというわけではなく、最も有名なのは指宿温泉のものです。ここではまず砂風呂がどのようなものか、どのように入るかなどについて紹介します。

砂風呂とは?

Women Sauna Spa - Free photo on Pixabay (775156)

まず砂風呂とは砂むしとも呼ばれ、300年も昔から人々に愛されてきました。温泉地の近くでは温泉熱によって砂が温められているため、砂に含まれる温泉成分を体に吸収させられるとともに、温熱効果を得ることもできます。

ただ温めた砂を全身にかけたらいいわけではありません。温泉熱によって50度から80度に常に温められているという条件がそろわなければ効果はありません。

世界でも砂風呂を楽しめる場所というのは珍しく、外国人もよく訪れています。

砂風呂の効果

Flower Nature Plant - Free photo on Pixabay (775157)

温泉が健康にいいということは周知の事実です。しかし、砂風呂は通常の温泉の3倍~4倍もの効果を発揮するという事が言われています。10分~30分ほどで大量の汗をかくため、デトックス効果が高く、身体がすっきりします。

汗をかかなければ体温調整の機能が衰えたり、老廃物が溜まってしまったりしますが、砂風呂に入ることで全身の汗腺が開き、定期的に通うことでダイエット効果もあるようです。

ただし高血圧や心臓病を患っている人、妊娠中や生理中の女性などは、体に負担がかかりやすいため入ることはできません。

砂風呂の入り方

Sand Pattern Wave - Free photo on Pixabay (775159)

まずは受付である程度説明を受け、浴衣を借りましょう。更衣室で裸の上に直接浴衣を着てから、砂風呂のところへと行きましょう。砂風呂は男女共用なのでカップルも一緒に楽しむことができます。

砂風呂に行くと係員の人が案内してくれ、寝ころぶと体に砂をかけてくれます。熱いと感じたら決して無理をせず、両腕を砂から出してお腹や足の砂を払い、出ましょう。

浴衣は専用ボックスに入れることが多いです。その後、シャワーで汗や砂を洗い流しましょう。温泉が付いているところでは、この後に温泉に向かいましょう。

鹿児島の日帰りOKな砂風呂

Blue Denim Jacket - Free photo on Pixabay (775160)

砂風呂は長くても30分ほどしか入浴しないため、砂風呂があるところにわざわざ宿泊しなくてもいいかな、という人や、観光のついでに少しだけ体験してみたいという人もいるでしょう。

そこでここでは、日帰りで砂風呂が楽しめる場所を紹介します。

休暇村指宿

Landscape Autumn Twilight - Free photo on Pixabay (775170)

休暇村は日本各地の国立公園や国定公園にあるリゾートホテルです。観光はもちろんのこと、ホテルから見える景色や滞在を楽しんでもらいたいと、細部までこだわって作られています。

休暇村指宿では宿泊だけでなく、日帰り入浴も受け付けています。予約制ではないので行きたいと思ったらすぐに訪れることができる点が魅力です。日帰り入浴の場合は11時から20時で、温泉は500円、砂風呂は1,000円で楽しめます。

また、砂風呂に100円追加すると、びわの葉入りの砂風呂が体験できます。
住所 指宿市東方10445
電話番号 0993-22-3211
URL https://www.qkamura.or.jp/ibusuki/

砂むし会館「砂楽」

Lamps Lanterns Design - Free photo on Pixabay (775171)

指宿に数ある砂風呂の中でもランキング上位の常連が「砂楽」です。砂楽は8:30から20:30まで営業しており、温泉のみは大人620円、砂むし入浴は1,100円で利用できます。浴衣込みの値段ですが、タオルは付いていないので200円で購入するか、持参しましょう。

砂楽では入浴介助サービスを行っており、身体障害者や高齢者でもヘルパー2人の力を借りて砂むし入浴を体験することができます。世界でもかなり珍しい天然の砂むしをぜひ体験してみてください。
住所 鹿児島県指宿市湯の浜5丁目25−18
電話番号 0993-23-3900
URL http://sa-raku.sakura.ne.jp/

山川砂むし温泉「砂湯里」

Model Women Beach Dress - Free photo on Pixabay (775164)

砂湯里は2017年の「トリップアドバイザー」「旅好きが選ぶ!日帰りスパ&温泉施設」の日帰り温泉&スパ部門で1位を獲得した施設です。ヘルシーランドの施設内に入っており、同じ施設には露天風呂の「たまて箱温泉」やレストラン「地熱の里」があります。

山川砂むし温泉は「伏目温泉」の温泉熱によってできた天然の砂むしです。9月から6月は9:00-17:30、7・8月は9:00-18:00、の営業です。

たまて箱温泉とのセットは1,240円、浴衣込みの砂むし入浴料は830円となっています。海のそばで行うため、高波の場合は営業休止となることもあります。
住所 鹿児島県指宿市山川福元3339−3
電話番号 0993-27-6966
URL http://ppp.seika-spc.co.jp/healthy/

指宿フェニックスホテル

Ahlbeck Sea Bridge Seebad - Free photo on Pixabay (775166)

指宿フェニックスは館内に砂風呂があるため、天気や海の状態に左右されません。宿泊することも可能ですが、砂風呂のみの利用も可能なため、日帰りでも十分楽しむことができます。

指宿フェニックスの砂風呂は3部制であり、朝の部が5:30から8:30、夜1部は16時から19時、夜2部が20:30から22時です。時間で区切られているので、何時ごろ行くのかを決めておく方がいいでしょう。浴衣とタオル込みで1,200円で利用できます。

また、参加無料でボランティアによる「語り部」が行われており、指宿について詳しく教えてくれる会も開催されています。

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪