大原優乃の出身高校は?高校卒業後の進路についても!

人気アニメ『妖怪ウォッチ』の主題歌「妖怪体操第一」で人気を博したDream5の元メンバー、大原優乃さん。現在はグラビアを中心に活躍している彼女は、どこの高校出身なのでしょうか?この記事では、彼女の芸能活動を振り返りながら、通っていた学校を紹介していきます。

大原優乃について

大原優乃 on Instagram: “帰国しました。 4回目のグアム。 訪れたことある国でも 感じるものの変化がありました☺︎ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 思うがままに動いて、 自由に表現する時間は まさにエンターテイメントで ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ こんなに楽しい時間があるから…” (665949)

まだ10代という若さながら、これまでアーティスト、ファッションモデル、女優業などマルチに活躍されてきた大原優乃さん。

現在はグラビアアイドルとしての活動を中心としている彼女ですが、その魅力は何と言っても、10代の少女らしいあどけない可愛らしさと、それに反比例するかのような豊満なボディにあります。グラビアアイドルとしてますます洗練されていく彼女の魅力に、世の男性たちは目を釘付けにされています。

そんな大原優乃さんは、どのような経緯で芸能界に入り、現在までどのような活躍をしてきたのでしょうか?まずはその軌跡を見ていきたいと思います。

プロフィール

大原優乃 on Instagram: “沖縄ロケ3日目☀︎” (665950)

大原さんは1999年10月8日、九州の南端に位置する鹿児島県で生まれました。

大原さんは2009年にNHK教育テレビの番組、『天才てれびくんMAX』におけるダンス&ボーカルグループ「Dream5」のオーディションに合格したことがきっかけで芸能界入りすることとなります。当時、大原さんはまだ10歳、小学4年生という若さでした。

その後はグループとしてのみでなくソロ活動にも力を入れていき、ファッション誌でのモデル業やグラビアアイドルとして活動していきます。

最近では舞台やドラマなどで女優としてもその才能を開花させつつあり、大原さんがレギュラー出演したドラマ『3年A組~今から皆さんは、人質です~』は日テレ日曜ドラマ枠では最高となる、最終回視聴率15.4%を記録するヒット作となりました。

「天才てれびくんMAX」番組内オーディションに合格

大原さんがデビューするきっかけとなったのは、NHK教育テレビ『天才てれびくんMAX』の番組内で、出演者の1人である重本ことりさんが「CDデビューしたい!」と言って始まったオーディション企画でした。

大原さんは視聴者公募で1500もの応募が集まったこのオーディションに見事合格して、Dream5の最年少メンバーとなるのですが、実は当初このオーディションに応募しようとしていたのは大原さん自身ではなく、彼女の弟さんでした。

しかし、弟さんはまだオーディションに応募できる年齢には達していなかったため、「じゃあ私が出る!」といって大原さんが応募することとなったそうです。

ちなみに、その弟さんも現在ダンサーとして活躍されていて、所属グループがダンス世界大会で優勝したこともあります。

Dream5のメンバーとして活躍

Concert Performance Audience - Free photo on Pixabay (665957)

オーディションに合格した大原さんはDream5のメンバーとして活動を始め、2009年11月4日には「I don't obey~僕らのプライド~」のCDをリリースし、メジャーデビューしました。

その後、2014年に放送が始まったテレビアニメ『妖怪ウォッチ』のエンディング主題歌としてリリースした「妖怪体操第一」がオリコン8位の大ヒットを記録。さらに2014年10月29日に発売した「ダン・ダン・ドゥビ・ズバー!」はグループ初のオリコン1位を獲得するなど、着実にファンを増やしていきました。

「妖怪体操第一」で一躍人気アーティストの仲間入りを果たしたDream5は、遂には2014年大晦日の『第65回NHK紅白歌合戦』に出演が決定します。日本を代表する数々の大物歌手と共演し、10代の男女で結成されたDream5は一つの到達点を迎えることとなりました。

2016年からソロ活動

大原優乃 on Instagram: “💍♡” (665954)

順風満帆だったDream5でしたが、2016年4月30日にメンバーの玉川桃奈さんが芸能界引退と同時にグループを卒業し、この頃には大原さんら他のメンバーも既にソロでの活動が増えてきていました。

こうしてDream5は2016年12月31日をもって、惜しまれつつも活動終了することとなります。

その後大原さんは、2017年から始めたグラビアアイドルとしての仕事で人気を博したことを皮切りに、現在は女優業にまでその活躍の場を広げています。

大原優乃の出身高校

Geometry Mathematics Volume - Free image on Pixabay (665978)

まだ幼いと言ってもいいような頃から芸能界で活動してきた大原優乃さん。高校生になる頃には既にブレイクしていた彼女は高校でも注目の的だったことでしょう。しかし、人気があるからこそ芸能の仕事の方も忙しく、学業との両立には苦労していたのではないでしょうか。

果たして、そんな人気芸能人の大原さんが通っていたのはどこの高校だったのでしょうか?ここでは大原さんの通っていた高校や、その当時の芸能活動について紹介していきます。

神村学園高等部(偏差値42〜52)

ウグイス嬢/ほぼ野球アカ on Instagram: “神村学園って、駅まであるんだ!  ウグイス嬢(野球場内アナウンス)のご依頼、また場内アナウンスの指導などは、プロフィール欄のお問い合わせボタンからどうぞ。  #鹿児島 #高校野球 #初代ウグイス嬢 #ウグイス嬢 #イベントMC #披露宴MC #高校野球好きな人と繋がりたい…” (665992)

大原さんが通っていたのは、鹿児島県いちき串木野市別府に本校がある小・中・高一貫校の神村学園高等部でした。昭和31年創立という由緒正しきこの学校は、「人柄教育」と「個性教育」という2つの教育理念を柱にこれまで1万人余りの卒業生を輩出しています。

特に、女子硬式野球部は全国でも指折りの強豪校として知られ、全国クラスの大会においても数々の栄冠を獲得してきました。

大原さんは地元の鹿児島にあるこの高校に通いながら芸能活動をしていたようで、東京で仕事をすることも多いであろう芸能活動をしていくのは、かなり大変だったのではないかと思われます。

高校2年生のときにDream5活動終了

大原優乃 on Instagram: “ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 情報解禁されました。 MBSドラマイズム「都立水商!~令和~」 馬渕百合役で出演させていただきます! ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 癒し系、努力家の女の子。 キラキラな学園ドラマに見えますが それだけじゃない素敵な作品です。…” (666008)

大原さんが高校に入学した当初は、まだDream5のメンバーとして活動していましたが、2016年、大原さんが高校2年生の時にDream5は解散することになります。

この頃には既にソロでの活動もしていた大原さんは、高校2年生の頃からティーン向けファッション誌『LOVE Berry』でモデルの仕事を始めます。

また、同世代の人たちにも新聞を読んでもらいたいと、鹿児島の地方新聞『南日本新聞』で、「ゆうののMOZE活」というコラムの連載も持っているなど、この頃から幅広く活動されていました。

高校3年生のときにグラビアデビュー

大原優乃 on Instagram: “恥ずかしいと、カーテンにくっつきがち。” (666016)

Dream5の解散後もソロでの芸能活動を続けてきた大原さんですが、やはりグループで活動していた頃に比べると仕事量は減ってしまっていたようで、「このまま終わっちゃうかもしれない」と不安を抱えていたと言います。

そこで彼女は高校3年生の時、自らマネージャーに「グラビアをやらせてください」と言い、2017年6月に『週刊プレイボーイ』でグラビアアイドルとしてデビューすることとなりました。

彼女のグラビア挑戦は功を奏し、高校3年生の時に発売したファースト写真集『ゆうのだけ』は発売前の段階にも関わらずAMAZONの写真集ランキングで1位に輝くなど、一躍トップグラビアアイドルの仲間入りを果たします。

高校時代の写真

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪