2020年1月23日 更新

妙見山のしおき場の心霊現象とは?霊が出やすいと噂の時間帯と理由も

関西最恐の心霊スポットとも言われる妙見山しおき場をご存じでしょうか?ここでは罪人が処刑されたり、お家騒動の末の交換処刑もあったと言います。今回は、しおき場とはどんな場所なのか、心霊現象や心霊体験、近くにある野間峠・トンネルについても紹介していきます。

しおき場は関西最恐の心霊スポット!

 (782195)

関西には数々の心霊スポットがありますが、その中でも最恐と言われるほどやばい場所が「しおき場」なんです。実は「しおき場」だけでなく、そこへ行く道のりにある「野間トンネル」「野間峠」も大阪屈指の心霊スポットとして知られています。

「しおき場」にはどんな心霊現象があるのでしょうか?また、どのような用途に使われていたのでしょうか?アクセス方法や体験談も交えながら、「しおき場」の心霊情報を紐解いていきます。

しおき場とは

 (782137)

「しおき場」という言葉から何かの罰を与えられていた場所では?と想像がつく方もいるでしょう。まさに、「しおき場」は過去に処刑所として使われていた場所だと言います。

現在は跡地として小屋が残っているだけです。ここでは数々の心霊情報が寄せられており、地元の人も恐れる場所だとか。

まずは「しおき場」とは何なのか?どのように使われていたのか、現在の状況も含めながら紹介していきます。

しおき場は処刑場だった

平澤 仁瑛 on Instagram: “#しおき場 #心霊スポット#元処刑場 #関西最凶 #能勢 #ばり怖かった #フィリップス #友情深まった #野間トンネル #写真いっぱい撮ったけど #何も写ってなかった #らぶたん” (782145)

「しおき場」の「しおき」とは、「罪人を罰すること」「みせしめのため罰すること」を意味しています。主に死刑をさしており、江戸時代では多くに人がここで処罰を受けました。

特に罪人を処刑し、首を落とす場所として利用されていたと考えられます。一説によると歴史的事実はないとも言われていますが、実際のところは不明。ここが心霊スポットと呼ばれるようになった理由としては十分ではないでしょうか。

「地獄谷」「生首谷」とも呼ばれていた

ゆうまる on Instagram: “#心霊スポット #心霊 #しおき場 #followmeto #followbackalways #followme #followfollow #following #follow4like #follow_me #follower #followers…” (782148)

戦国時代には、このあたりに処刑された人たちの生首が転がっていたとか。現在よりも命が軽く扱われていた時代です。多くの人がここで処罰されたのでしょう。

その時代の刑罰の種類は重度のよって異なりました。重度になると首を切り落とされ、葬儀・埋葬は許されなかったとか。生首が転がっていたことから、「地獄谷」「生首谷」と呼ばれていたと言います。

「しおき場」には、その時代に苦しみながら亡くなった方の霊がさまよっていても不思議はありません。

交換処刑もあった

ゆうまる on Instagram: “#心霊スポット #心霊 #しおき場 #followmeto #followbackalways #followme #followfollow #following #follow4like #follow_me #follower #followers…” (782151)

「しおき場」では、他にも家同士の争いの末、交換処刑も行われていたと言います。江戸時代には数々の有名なお家騒動がありますが、表面化していない事件も日常茶飯事だったのです。

仲間の罪を背負い、その代表として何の罪も起こさず処刑になった人もいます。処刑を執行することでしかお家騒動は終止符を打てなかったのでしょうか。

無念にも亡くなった方たちの霊が今もなおさまよい続け、多くの人がこの場所で霊体験しています。

シンプルな小屋

ゆうまる on Instagram: “#心霊スポット #心霊 #しおき場 #followmeto #followbackalways #followme #followfollow #following #follow4like #follow_me #follower #followers…” (782154)

現在の「しおき場」はこちらの画像をご覧ください。このように非常にシンプルな小屋で、ここで処刑があったような雰囲気は感じさせません。近くには「しおき場」と書かれた標識がありますが、誰かによっていたずら書きされているとか。

小屋の奥に見えるのが慰霊碑になります。慰霊碑の近くには直径4メートルほどの巨大な石もあり、そこには文字が掘られています。この石にはお家騒動の結末が掘られているとの見方もあります。

歴史について知らなければ何の変哲もない小屋に見えますが、夜になると雰囲気は当然一変します。

しおき場ではどんな心霊現象が多い?

 (782157)

さて、「しおき場」ではどのような心霊現象があるのでしょうか?噂によると、ここで亡くなった人のうめき声や、苦しそうな叫び声が聞こえると言います。

また、”首のない人”の目撃情報も多いです。「人影をみた」「首のない人が立っていた」等です。実際に霊は見なくても、車の事故だったり体への異変を感じた人も多いと言います。

先ほどもお話ししたようにお家騒動の末の交換処刑もありました。多くの方がこの世に未練を残しながら亡くなっていったのでしょう。今もなおこの地をさまよい、私たちに何かを訴えかけています。

しおき場での心霊体験談

 (782158)

「しおき場」では、そこで行われていた処罰にちなんだ”首なし”の霊がよく目撃されています。関西最恐とも言われるスポットですので、これまでに多くの方が肝試しで訪れ、霊体験しています。

どうような体験しているのか、実際体験した人の声を聞いてみたい人もいるでしょう。ここからは、背筋も凍る体験談を2つ紹介していきます。

友人が首が痛いと言い出し・・

 (782159)

友人たちとしおき場に行った時のことです。入口付近までくると、友人の1人が首を押さえながら「首が痛い」と言い出したのです。始めは誰も気に留めていなかったのですが、その友人が「痛い」と大声を出して、その場に座り込んでしまい・・。

僕たちは肝心のしおき場まで辿りつけず、やむ終えず引き返すことになりました。その帰り道でも友人は「痛い痛い」とつぶやいており、帰宅後も数日間に渡って首の痛みが取れなかったと言います。(20代・男性)

帰り道に・・・

 (782160)

しおき場は不気味で慰霊碑とかあり怖かったんですが、何も起こらなかったんです。元々霊感もない方なので、何事もなかったのように友人たちと騒ぎながらしおき場を後にしました。しかし、事件が起こったのはその帰り道のことです。

運転していた友人が「やばい」と真っ青な顔で言い出したんです。「どうしたの?」と聞いてみると「ブレーキが効かない」と言うんです。

道は曲がりくねっておりカーブが多いので、ブレーキ踏まずの走行するのは不可能です。次の瞬間カーブを曲がりきれず車はガードレールに衝突!幸い軽傷で済みましたが、二度と近寄りたくない場所です。(30代・男性)

1 / 2

関連する記事 こんな記事も人気です♪