2020年3月29日 更新

美ら海水族館の所要時間はどれくらい?見どころやお得な入館時間を紹介!

沖縄旅行で訪れるべき定番の人気スポット・美ら海水族館。青く輝く大きな水槽の中を優雅に泳ぐジンベエザメの光景は、観光ガイドやメディアで一度は目にしたことがあるでしょう。美ら海水族館の営業時間や入場料、見どころや周辺の観光情報をご紹介します。

見どころ満載の美ら海水族館を徹底解説!

kouhei on Instagram: “. . . 見えない世界がここに広がっている #この瞬間を無駄にはしない . . . . . . #沖縄 #美ら海水族館  #なんかいいって思う写真を撮りたい #何気ない瞬間を残したい #キリトリセカイ #毎日が笑顔で溢れてる #その瞬間に物語を #ファインダー越しの私の世界…” (831075)

沖縄への旅行の際に、ガイドブックや旅行代理店で必ず目にする、沖縄を代表する観光スポットのひとつである美ら海水族館。世界最大の魚類・ジンベエザメを含め、多くのユニークな海の生物を見ることが出来る場所として人気です。

今回は、そんな魅力的なスポット・美ら海水族館の見どころと周辺の観光情報を詳しくご紹介します。またPOUCHSでは、この他にも沖縄の観光情報をご紹介しているので、こちらもぜひお読みください。

美ら海水族館の基本所要時間

珀 on Instagram: “#亀#美ら海水族館” (831074)

美ら海水族館を楽しむ平均所要時間は90分から120分ですが、後述のオキちゃん劇場等を見学する時間も含めるともう少し長くなるでしょう。

美ら海水族館は見どころが多く、周りにも多くの立ち寄りたい観光スポットがあります。那覇から車で2時間ほどかかるので、ある程度は所要時間も把握しておきたいところです。時間に余裕をもって、魅力的な美ら海水族館を楽しむことをおすすめします。

美ら海水族館の見どころ

Ⓚ Ⓐ Ⓝ Ⓐ on Instagram: “📍沖縄県国頭郡[沖縄美ら海水族館] . 大水槽 とても、感動しました!😍🎉 . 前に 立っている人が気になりますが、 それはそれで いいです!(笑) . . . #沖縄県#沖縄#沖縄旅行#okinawa #沖縄美ら海水族館 #美ら海水族館#美ら海#水族館…” (831076)

美ら海水族館と言えば、青く輝く大きな美しい水槽を優雅に泳ぐジンベエザメの写真を見たことがある方は多い事と思います。その貫禄ある姿は必見の価値がありますが、もちろん美ら海水族館が人気の理由はそれだけではありません。

美ら海水族館の魅力あふれる見どころをそれぞれ詳しくご紹介します。

サンゴの海

Masaaki Okubo on Instagram: “今日も1日お疲れ様でした。 今日のネタは誰かさんの真似して水族館です♪ #美ら海水族館  #沖縄の海 #美ら海  #沖縄美ら海水族館  #サンゴの海  #沖縄旅行 #okinawa  #水族館 #アナタトイキタイバショ  #okinawa_days  #沖縄好きな人と繋がりたい…” (831122)

美ら海水族館の目の前には沖縄北部の美しい青い海が広がっています。その海から水を取り込み、さらにサンゴの海最大の特徴でもある屋根のない大きな水槽は、沖縄の日差しを水面いっぱいに受けて自然の光でキラキラ輝いています。

70種類もの様々なサンゴが生息しているサンゴの海は、飼育員の地元・本部町の美しいサンゴ礁の風景をもとに設計されており、派手な生物がいなくても雄大なサンゴ礁の中を歩いているような感覚を楽しむことが出来るポイントです。

熱帯魚の海

@__3108__y__s__ on Instagram: “#canoneoskissm #美ら海水族館 #沖縄” (831080)

こちらも沖縄の豊かな南の海をイメージした、その名も熱帯魚の海。限りなく自然な沖縄の海に近い環境が再現されており、数多くの美しくもユニークな姿の熱帯魚たちがのびのびと優雅に生活しています。

カラフルなフエダイの群れをはじめ130種もの熱帯魚や、自然な太陽の光が織りなすキラキラと輝く熱帯魚の海は浅瀬から始まります。明るい浅瀬から奥に進むにつれて、洞窟がある薄暗い場所まですべてがつながっており、熱帯魚たちの自然のままの姿を見ることが出来ます。

黒潮の海

エイチ・アイ・エス on Instagram: “Today's Topic 沖縄観光情報 海に入らなくてもこんなツーショットが👀💡 . 『美ら海水族館』 ジンベエザメのいる大きな水槽が有名ですね✨ 新型コロナの影響で休業していましたが、3/16から営業を再開しています⛱…” (831083)

美ら海水族館のメインコンテンツであり、訪れる人が最も立ち止まるであろう場所がこちらの黒潮の海。メキシコ湾流と並んで世界最大の海流である黒潮は、温暖な海流でサンゴ礁や多種多様な回遊魚などが生息している豊かな海流です。

そんな黒潮の海を切り取ったような巨大な水槽は、正面の大きなパネルからは劇場のように、アクアルームからは海の中で見るように、ジンベエザメやナンヨウマンタが優雅に回遊する、美しくもダイナミックな姿を見ることが出来ます。

黒潮探検

maya on Instagram: “沖縄美ら海水族館🐟 ~いつかの休日~ 黒潮探検(水上観覧コース) * * * #沖縄美ら海水族館 #沖縄 #美ら海水族館 #水族館 #黒潮探検 #探検 #水上観覧コース #ジンベイザメ #okinawachuraumiaquarium #okinawa…” (831101)

美ら海水族館を楽しめる黒潮探検は、実はあまり知られていないコンテンツです。水族館を裏側から見て回れるような作りになっていて、水面の上から「黒潮の海」を見ることが出来ます。

黒潮の海のような巨大な水槽で正面からジンベエザメを見ると、風格ある雄大な姿に時間を忘れて見入ってしまいますが、上から見るとまたリアリティのある迫力を感じることが出来るでしょう。

スタッフによる解説も行われているので、黒潮探検は水族館好きの方には特におすすめです。

イノーの生き物たち

沖縄ラボ🌸 on Instagram: “こちらは「美ら海水族館」入口にあるイノーの生き物たち。沖縄の浅瀬の海をリアルに再現したタッチプールで、ヒトデやナマコなどの海の生き物にじっさいに触ることができるスポットなんです。怖いもの知らずの私はナマコもヒトデも触ってみましたが、何とも言えない感触が忘れられません。中華料理で食べるナマコはこれなのか、答えは未だに謎のまま(笑)知ってる方は、ぜひ教えてくださいね。#cute…” (831094)

沖縄の言葉でサンゴ礁の浅い海を意味する「イノー」。ここでは、イノーに住むユニークな姿の生き物たちに触れられるタッチプールになっており、水深の浅いキッズエリアも用意されているので、小さなお子様も一緒に楽しむことが出来るポイントです。

サンゴ礁の浅瀬にはウミヘビやガンガゼなど、毒を持っていたり危険な生物がいるイメージが強い方も多いと思います。こちらのイノーの生き物たちのコーナーには触っても問題のない安全な生き物しかいないので、ぜひ安心して触れてみてください。

カフェ「オーシャンブルー」

Tsukasa 沖縄 / 宮古島 星空フォト on Instagram: “美ら海水族館よりもう一枚(^O^) まったりコーヒーブレイク♪ #沖縄 #本部町 #美ら海 #美ら海水族館 #水族館 #カフェオーシャンブルー #ジンベイザメ #サメ #写真撮ってる人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #沖縄好きな人と繋がりたい #自分が自分に帰る場所…” (831093)

ジンベエザメやナンヨウマンタの優雅な姿をすぐ近くに見ることが出来る、まるで海の中のようなロケーションでカフェタイムを過ごせるのがこちらのカフェ・オーシャンブルーです。

美ら海水族館は見どころが多く、気が付くと立ちっぱなしで時間が過ぎている事でしょう。ユニークな生き物や迫力ある回遊魚たちの姿を楽しんだり黒潮の海の正面でベストショットが撮れたなら、太陽の自然な光を受けて青く輝く大きな水槽が照らす空間で、一息ついてみてはいかがでしょうか。

オキちゃん劇場

トリップショットライフ on Instagram: “お見事❗️#イルカショー #オキちゃん劇場 #美ら海水族館 #沖縄 #沖縄移住ママ #夫と会社経営 #トリップショットライフ #tripshotlife #沖縄移住 #okinawa #沖縄旅行 #旅行好き #沖縄の暮らし #沖縄ライフ #高知出身 #土佐高ob” (831090)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪